新卒就活サービス「スポナビ」の特徴、評判、イベント情報まとめ

体育会学生の皆さんはいかがお過ごしでしょうか。”3月だから就職活動はまだでいいかな”とか、”もう入学式が近いから良いところをみせないといけないから部活に忙しい”など、色々あるとは思います。今回は「スポナビ」という体育会就活サービスについてお話しします。

新卒向け2つの「スポナビ」

「スポナビ」とは、”スポーツが持つ可能性を様々なフィールドで活かしたい”という理念のもとに創立された、株式会社スポーツフィールドが展開する職業紹介事業の総括です。

体育会学生の長所をよく理解しており、例えば”タフである””順応性が高い””模範的である”それだけに体育会学生への期待と関心が高いサービスです。

新卒向けには、現在「スポナビ2017」と「スポナビエージェント」の2つが開かれています。

「スポナビ2017」の特徴

まずは「スポナビ2017」から見ていきましょう。

「スポナビ2017」の魅力

スポナビ2017では、大手企業を探すことができます。

さらに「スポナビ2017」限定の企画も催されています。体育会限定イベントでは、体育会積極採用企業が集まり、食事会や勉強会、そこだけの求人を行っています。

企業の人事の方にお近づきになれたり、お話を聞けたりできるのは無論のこと、最近では少なくなった体育会学生の仲間が見つかるかもしれません。そして、ここから分岐した「スポナビエージェント」では、非公開の就職枠が多数あります。

「スポナビ2017」のイベント情報

スポナビでは体育学生のための就職講座・勉強会「スポ勉」を行っています。体育学生にとって「部活」「就活」を両立することは1つの壁。また、「部活」での成果や過程を、どう「就活」で活かすことが望ましいのかのアドバイスも行っています。

もちろん、履歴書やESの書き方、自己分析などの就活の基本も教えるイベントとなっているので、就職を考え始めた時に利用すると、迷いなく就職活動に望めるでしょう。

「スポナビ2017」の参加企業

100を超える企業が「スポナビ2017」に登録しています。

企業の種類は実に多様で、「朝日放送」「テレビ大阪」をはじめとする放送関連、「カゴメ」「森永」等食品関連、「沢井製薬」「ツムラ」といった製薬会社、「キャノン」「ダンロップ」などの機械メーカーです。この他にも、鉄道や金融、百貨店などがあげられます。もちろん、体育会学生憧れの「アシックス」や「ミズノ」というようなスポーツ関連企業も多くみられます。

どれも根気、順応力、礼儀が重んじられる職種です。スポーツで培った、皆さんの優れた点を十分に発揮できそうですね。

「スポナビエージェント」の特徴

では、もう一つのサービス「スポナビエージェント」についてです。

「スポナビエージェント」の魅力

完全無料なのに、学生一人一人に担当のエージェント(代理人)がつき、内定までをアシストしてくれます。

面談に始まり、非公開のモノも併せた求人紹介、履歴書の添削および面接やGDなど勝ち抜いていくための選考対策、そして部活で忙しい体育会学生に配慮した選考日程の調整、そして内定後から入社までの相談役など、このようなサービスを受けられます。

エージェントは「スポナビ」社員だから安心です。というのも、「スポナビ」は、すべての社員が体育会出身ですから、OB・OGとして体育会学生に寄り添った親身なサポートができます。そのため、”スポーツのために一旦は離れ地元に戻って仕事をしたい”という体育会学生への共感が深くあります。

こうした背景から、Uターン・Iターン就職などの個々の希望が反映されるのです。利用者は、広告、不動産、美容、スポーツ業界など様々な職に就くことに成功しています。これは、自分の希望と能力に合った仕事が見つかっている、ということです。

「スポナビエージェント」利用者の声

ほとんどがエージェントを、”先輩のように話しやすい人”と称しています。中には、なんと面談から2か月で内定を勝ち取った人や、入社後もエージェントとの付き合いを続けている人もいます。エージェントはとても頼りになる方、ということですね。

おわりに

新進気鋭の就活サービス「スポナビ」、いかがでしたか? まだ開始されたばかりのサービスですので、利用された方の声を集めることは難しかったですが、ざっと見ても、体育会学生を大切にしている優良なサービスだということがわかります。これから、「スポナビ」出身の社会人が活躍することでしょう。

皆さんもその一員となってくださいね!

「スポナビ」を利用するのもいいですが、人事や社員と焼肉を食べながらインターンに行けない企業の仕事の様子を知るといいでしょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事