IT系で就活するなら必須の「逆求人型サービス」3選

近年の就職活動は自分というブランドをアピールし、それを企業が見て、企業側からスカウトが来る「逆求人型」の選考が取り入れられてきているのです。今回はその「逆求人型サービス」についてご紹介していきます。

逆求人型サービス3選

逆求人型とは

逆求人型というのは、企業が学生に会いに来て、企業も学生も自己アピールを行う形のサービスのことを指します。

この選考方法の良いところは、最初から自分個人をアピールすることができること、企業や採用担当とやりとりすることで、説明会ではわからない企業の雰囲気、働いている人の雰囲気を見ることができること、アピールに対して実際フィードバックをくれるサービスなどもあるので、自己PRの練習にもなるなど様々な利点があります。

また、企業側からオファーが来るので、自分に自信を付けていくこともできます。そこで今回は就職活動するなら知っておきたい『逆求人型サービス』を3つご紹介します。

1.逆求人フェスティバル

逆求人フェスティバルは採用担当者や経営者と直接一対一で面談し、企業からスカウトされる就活イベントです。

一対一で話すことができるので、じっくり自分のアピールもでき、また企業側のこともより知ることができます。また、逆求人フェスティバル学生サポートというサービスがあり、イベント当日だけでなく、事前に自己PRの添削やアドバイスも受けることができます。

さらに、イベントから一週間以内に企業側から自己PRのフィードバックが届くので、指摘された場所を改善して次に生かすこともできます。

2.Offer BOX

Offer Boxはプロフィールを作成し、それを見て企業側からオファーが来るWebサービスです。

適性診断AnalyzeUという無料のサービスが提供されており、項目を埋めていくことで自己分析をすることができるので、それを元に自己PRが作れます。また、文章だけではなく動画や研究スライド、写真を使った自己PRもできるのが特徴です。

また、どのような業界の企業が閲覧しているのか、検索結果を分析してくれるのでそれを元にプロフィールを変えていくこともできます。専用アプリも提供されているため、スマホで簡単に企業からのオファーをチェックすることができます。

3.キミスカ

こちらもプロフィール作成をし、それを元にスカウトが来るというサービスですが、特徴は他社の選考状況も詳しく登録できる点です。

例えば、

◯◯社のSPI試験に合格している
◯◯社の役員面接を通過している
などの情報をアピールすることで、SPIや面接を省いていきなり社長面談、というような特別フローで選考を受けることができるようになっています。

学生時代の経験、実績に自信のある学生はとても使い勝手がいいのではないでしょうか。

 

逆求人型サービスを使いこなして、就活を有利に勧めましょう!

いかがでしたか?同じ逆求人型サービスにもそれぞれ特徴があるので、複数のサービスを同時に使いながら自己PRを磨いて、それぞれの強みを活かしてみることをおすすめします。

自分が思っていなかった企業からスカウトが来ることで、新しい視野を広げていくことができるのではないでしょうか?それでは、就活サービスを選択する際に役立てていただけたらと思います!