実行力をつける方法・実行力がある人とない人の違い・行動力との違い

社会に出ると行動力のある人よりも実行力のある人が求められます。行動力と実行力言葉は似ていますが何が違うのか気になりますね。今回はこの実行力と行動力がテーマです。実行力を付ける方法と実行力と行動力の違いと実行力のある人とない人の違いとを解説していきます。

実行力と行動力の言葉の意味 似て非なる言葉

記事番号:612/アイテムID:9809の画像

実行力と行動力って言葉は似ていますが、意味はどうなのでしょうか。実行力と行動力の言葉の意味を調べてみました。

実行力の意味

実行力の意味は「目的のため計画をし、実際にその計画を実行に移す事のできる力」

行動力の意味

行動力の意味は「目的のために積極的に行動する力」

実行力と行動力の違い 計画性と行動力を兼ね備えている

記事番号:612/アイテムID:9821の画像

実行力と行動力、言葉は似ていますが、言葉の意味は全く違うのは上記の実行力と行動力の言葉の意味の項目でもご理解いただけたと思います。では具体的にはどのように違う物なのでしょうか。もう少し分かりやすく説明していきます。

実行力のある人は入念な計画力も備えている

例えば実行力のある人と行動力のある人がいるとします。行動力のある人は何事にも積極的に行動する力を持っています。

これに対し実行力のある人は行動の前に必ず入念に計画を立てて行動をします。今までの経験や知識を活かし目的達成のために計画します。そして目的のために行動します。

要は計画性の違いなんです。行動力のある人は積極的に行動する力はありますが、計画性がないため大きな壁があるとそこで立ち往生してしまうでしょう。

しかし実行力のある人は行動力に加え計画性も兼ねているため、大きな壁が立ちはだかってもその壁を突破するための方法を考え出します。そして計画通りに行動し大きな壁さえ超えてしまうでしょう。

このように実行力のある人は計画性と行動力の両方を備えているのです。

なぜ実行力が必要とされているのか? 仕事の失敗は許されない

記事番号:612/アイテムID:9822の画像

なぜ実行力のある人が必要なのでしょうか。それはなぜかといいますと、学生時代は何かに挑んだとして、その結果、失敗をしても良い教訓になった、良い勉強になったで済まされますよね。

しかし社会人になると大きく変わります。仕事での失敗は許されませんよね。何事においても確実に物事を進めていく計画性が必要になってくるのです。そして、それに加えその計画を行動で示さなくてはいけないのです。そのため実行力が必要とされているのです。

実行力をつける方法3つ 実行力は誰でも身に着ける事ができる

記事番号:612/アイテムID:9830の画像

ここからは実行力をつける方法をいくつか挙げていきます。その方法を実践していけばあなたも実行力を身に着ける事ができるかもしれませんよ。それでは見ていきましょう。

①リスクの小さい事は率先して行動する

実行力をつけるための方法1つ目です。「リスクの小さい事は率先してやる」です。

人生は何事も経験が大事です。実行力には行動力だけではなく計画性が必要です。そのためには経験を積まなくては計画性は身に付きません。

経験を積むためには行動を起こす必要があります。まずはリスクが小さい事は率先してやってみましょう。迷っても行動をしてみる事です。

行動をしていく内にそれが経験になり、習慣化します。何事もまずは行動する事から始め、上手くいったら自信も知識も身に付きます。段階を踏み実行力を育てていく事が近道なのです。

②有言実行して自分を追い詰める

実行力をつけるための方法2つ目です。「有言実行して自分を追い詰める」です。

人は行動を起こす時どうしても面倒臭がり、後回しにしようとしてしまいます。例えば部屋の片付け等で同じ事が言えますね。

今日は良い天気なので掃除をしようと思っていても、なかなかやる気が出ずに、後回しにしてしまいます。

このように自分の心の中で思っているだけでは、人は実行するまでに考えが変わってしまうのです。こうならないためには、周りに宣言してみる事です。

そうすれば否応なしに掃除をしなくてはなりません。掃除をしていない事がバレたらカッコ悪いし情けないですよね。そのため有言実行して自分を追い込む事も時には大事なのです。

③小さな目標を持つ

実行力をつけるための方法3つ目です。「小さな目標を持つ」です。

人は何か目標があればその目標に向かってとにかく行動しようとします。それが例え小さな目標であっても行動しようとします。

例えば「熱海に温泉旅行に行きたい」という目標があれば、旅行雑誌を本屋さんで探して旅行雑誌を購入したり、お金を貯めるためにバイトを掛け持ちしたり、節約したりとできる事をやりますよね。

このように人は何か小さな目的や目標があれば、計画的に行動し実行に移そうとするのです。こうして実行力を付けていく事にもつながります。

まずは小さな目標を持ちましょう。何でもいいのです。

例えば仕事帰りでもできます。電車通勤なら最寄り駅で降りずに1つ前の駅から歩いて自宅まで帰る事も一つの目標になります。まずはどんな事でも良いので小さな事から始めてみましょう。

実行力は小さな行動を積み重ねた結果

記事番号:612/アイテムID:9833の画像

いかがでしたか。今回は実行力をつける方法と実行力・行動力の違い、実行力がある人とない人の違いを解説してまいりました。実行力と行動力、言葉は知っていても言葉の意味に大きな違いがあるのは知らなかったですよね。

実行力には計画性がありその上で行動をする事です。行動力がある人は計画性を学び、習慣化すれば実行力のある人になれます。それは日常の場面で誰でも鍛える事ができます。難しく考えずに、小さな事から一歩ずつです。千里の道も一歩からと言いますし、小さな事から始めてみましょう。

以下の本は行動力をつけるためのマインドを体系的に学べるのでぜひ手にとってくださいね。