手取り30 万円の生活|家賃・貯金・仕事・額面の実態

手取り30万円ですと、額面で大体35万ぐらいになります。したがって、ボーナスなしでも年収420万円なので、平均年収程度貰えている計算になります。今回は手取り30万円の方がどのようにお金をやりくりして生活すべきかをご紹介します。

手取り30万円の場合は、額面35万円

記事番号:512/アイテムID:9911の画像

手取りで30万円貰えている方の収入を額面に引き直すと、大体35万円ぐらいになります。したがって、35万円×12ヶ月=420万円です。420万円というのは、30歳前後の方の平均年収と一致します。手取り30万円貰えていれば、エンジニアとしてはまずまずと言ったところでしょうか。

これにボーナスを含めますと、大体450万円〜490万円の年収となり、一般的な生活レベル以上の生活をすることができます。

手取り30万円の内訳|独身の場合・既婚の場合

記事番号:512/アイテムID:9912の画像

手取り30万円でも、既婚者と未婚者では使い方や内訳が異なります。そこで、既婚者と未婚者での手取り30万円の使い道の違いについてご紹介致します。

手取り30万円独身者の生活費内訳

家賃    :8万円
食費    :3万円
水道光熱費 :1万5000円
被服    :3万円
電話・ネット:1万5000円
車ローン  :2万円
駐車場代  :3万円
遊興費   :3万円
貯金    :5万円

毎月コンスタントに5万円ぐらいは貯金することができますし、車も購入し、ある程度遊びに使うお金も持つことができます。また、職場に近い都内近郊に住むこともできますので、仕事をする環境としては非常に良いです。

手取り30万円既婚者の生活費内訳

家賃    :6万円
食費    :4万円
水道光熱費 :2万円
被服    :3万円
電話・ネット:2万円
車ローン  :2万円
駐車場代  :2万円
遊興費   :2万円
保険各種  :2万円
貯金    :5万円

と、こんな感じになります。

家賃は固定費ですので節約するためにも都内からは少し離れた場所になっています。また、独身者と異なり、遊びに使えるお金も少なく、また、家族がいるために保険に加入することも必要になってきます。

しかし、毎月コンスタントに5万円程度は貯金することも出来ますし、割と一般的な家庭の生活水準だと言えます。

家賃は手取りの2割に抑える!

毎月の出費を抑える一番のコツは「家賃」を抑えることです。

家賃は人が生きている限りどうしても掛かってしまうものです。
持ち家でない限り、毎月のローンや家賃と、住む場所に関する出費が固定費として出て行きます。

一般的には家賃を手取りの2割に抑えることが出来れば良いと言われています。

したがって、手取り30万円であれば、大体6万円前後の家に住むと節約することができます。

ただし、既婚者の場合は、家族のために住む場所も広めに確保しなければなりません。既婚者の方は、無理に6万円に抑えるのではなく、住む場所や家賃については、家族と相談して決める方が良いでしょう。

手取り30万円でも貯金は必ずするべき!

記事番号:512/アイテムID:9913の画像

特に独身の方に強く言っておきたいのは、手取り30万円であっても必ず毎月貯金はするべきです!手取り30万円というのは、前述の通り、30歳の平均年収と一致します。したがって、多くの方々が手取り30万円で色々とやり繰りしながら貯金をしているのです。

にもかかわらず、手取り30万円で貯金できない人は、手取りが40万円になってもおそらく貯金をすることはできないでしょう。毎月コンスタントに3万円でも5万円でも良いので必ず貯金を心がけて下さい。一度上がった生活水準はなかなか下げられるものではありません。

手取り30万円の人の仕事は通常のエンジニアレベル!

IT系の企業は他の業種・業界に比べると非常に高水準の給与を貰っています。手取り30万円の方は非常に良い大手IT企業だと新卒で貰える場合もありますが、中小企業ですと、大体早い人で2年目〜3年目の方々です。

したがって、仕事のレベルは大体の流れがわかってきたレベルで通常のエンジニアレベルで貰える金額です。

また、IT企業の良いところは、年功序列的な賃金体系がほとんど存在してい無い点です。手取り30万円も新卒や2年目〜もらえますし、それ以上の金額も結果さえ出せばしっかりと給与に反映されます。プログラマー以外にもプロジェクトマネージャーや新規事業開発と出世する道はたくさんあるのもIT系の良いところです。

仕事量と比較して手取り30万円が低いと感じている人がいるのであれば、より高みを目指して日々努力をし続けてください!学歴等関係なく成り上がることができるのもIT業界の良いところだと言えます。

まとめ

手取り30万円でも楽しく暮らせる人もいれば、お金が足り無いと言う人もいます。

しかし、世の中には手取り30万円で家庭を持ちながら生活をしている方々も多くいるので、一般的な暮らしは可能だと言えます。

IT業界で見ると少ない部類に入るかもしれませんが、まだまだ可能性が多く存在するIT業界、結果を出し続ければ必ず昇給しますので、是非とも仕事に打ち込んでください!

あなたの会社は大丈夫ですか?

「収入を上げたい」「残業を減らしたい」という気持ちは、転職理由としても上位に上がります。

■転職理由3位:「給与に不満がある」
■転職理由4位:「残業が多い/休日が少ない」
■転職理由11位:「会社の評価方法に不満がある」
■転職理由18位:「人間関係が上手くいかない」
(出典:DODA2016年データ)

企業の社風によっては、交渉をしても労働条件が変わらないことも。交渉をしにくい、不満を言いにくい空気が漂う職場もあると思います。自分の力で職場の制度や風土を変えることは難しい。だからこそ、他の職場に身を移す決断をするようです。

慣れない転職活動で、企業選びの力になってくれるのが「転職エージェント」。求人票では分からない各企業の内情を知ったエージェントが、給与や休日数など、あなたの希望の条件に合った企業を一緒に探してくれます。中でも業界大手の「リクルートエージェント」は転職成功実績No.1で心強い味方。

■自分のスキルで転職して収入は上がる?
■今の年齢で転職活動しても大丈夫?
■希望の求人は存在するの?
転職活動の際の疑問に親身に答えてくれるので、一度相談してみることをおすすめします。

公式サイト:リクルートエージェント転職支援サービス