不幸自慢をする人の心理と特徴・不幸自慢をしてくる人への対応方法

不幸話を自慢のように話す人はあなたの職場にもいませんか?そういう不幸自慢する人ってなんか面倒ですよね。できれば不幸自慢する人をなんとか避けたいですよね。今回はそんな不幸自慢をする人の心理と特徴と対応方法について解説していきます。

不幸自慢をする人の7つの心理

不幸自慢をする人の心理状態とはどのような状態なのでしょうか。不幸自慢をする人心理を解説していきます。

①注目を浴びたい

不幸自慢をする人の心理1つ目「注目を浴びたい」です。

不幸自慢する人は不幸自慢をする事で人からの関心を引きたいのです。人からの関心を引ければ不幸自慢でも手段は何でもいいのですが、一番関心を引きがちなのが不幸な話です。

不幸な話は同情してもらう事もできますし、相手に慰めてもらう事もできます。優しくしてもらえますね。

そのため不幸自慢をして注目を浴びたいんですね。

②苦労を乗り越えたすごい人だと思われたい

不幸自慢をする人の心理2つ目「苦労を乗り越えたすごい人だと思われたい」です。

不幸自慢をする人は自分が苦労してきた不幸話をネタに周りの人から苦労をしてきたすごい人なんだと思われたいのです。

不幸自慢をする事で誰よりも苦労してきた私はすごいんだと自慢したいのです。

不幸話で自慢をしてもあまり良い物だとは思えませんが、不幸自慢をする人にとって自慢ができるほど自分の不幸話に自信があります。

不幸自慢をする人は不幸話に誇りを持っているのですね。

③寂しい

不幸自慢をする人の心理3つ目「寂しい」です。

不幸自慢をする人は寂しい気持ちの人が多いです。寂しいあまりに自分の事に気付いてほしいので不幸自慢をする事で皆に寂しい自分に振り向いてほしいのです。

不幸自慢をする事で寂しいという気持ちが解消されます。でもそれでも完全に寂しさは解消されないので気付くとまた不幸自慢をして誰かに振り向いてもらおうとしてしまうのです。

④同情してほしい

不幸自慢をする人の心理4つ目「同情してほしい」です。

不幸自慢をする人は不幸自慢をする事で同情を集め、人から見てもらう事で安心感を得る事ができます。

可哀想だと言われる事がドラマや映画の悲劇のヒロインの様な気持ちを体験できるので心地良いのです。

⑤相手にしてほしい

不幸自慢をする人の心理5つ目「相手にしてほしい」です。

不幸自慢をする人はとにかく人から相手にしてほしい気持ちが強いのです。要はヒマだったり、一人で居る事が苦手なんですね。

友達が居ても友達に目立たれたりするのは好きではないですし、かといって一人で居てもつまらないので友達を呼んで不幸自慢を始めてしまいます。

不幸自慢する事で周りに相手にしてもらう事で安心できるので、次から次に不幸話をしてしまいます。中には事実では無い作り話をする人もいるでしょうね。

⑥自分を知ってほしい

不幸自慢をする人の心理6つ目「自分を知ってほしい」です。

不幸自慢をする人は不幸話をする事で自分の事を分かってほしい、知ってほしいと思っているのです。

不幸話だけがその人の事を物語るエピソードでは無いのですが、不幸自慢をする人にとって不幸な話と言うのは不幸な頃から頑張ってきたという自分の経歴をアピールし理解してもらうためには打ってつけの話題なのです。

⑦コミニュケーションの一種だと思っている

不幸自慢をする人の心理7つ目「コミニュケーションの一種だと思っている」です。

不幸自慢する人は不幸自慢をコミニュケーションの方法の一種だと思っています。コミュニケーションの方法は別に不幸自慢だけではなく、楽しい会話をしたり冗談を言い合ったり、不幸自慢だけでは無いですよね。

不幸自慢をする人にとっては不幸自慢をする事は一つのコミニュケーションの一種になっているんですね。
周りの人は毎度毎度不幸自慢をしてくる人の事を嫌がり面倒臭いと毛嫌いしてしまう事でしょう。

もっと他のコミュニケーション方法をとってくれたら楽しいのにと、皆思っている事でしょう。

不幸自慢をしてくる人の3つの特徴

不幸自慢をしてくる人の特徴とはどのような物があるのでしょうか。不幸自慢をする人の特徴について解説していきます。

①目立ちたがり屋

不幸自慢をしてくる人の特徴1つ目「目立ちたがり屋」です。

不幸自慢をしてくる人は目立ちたがり屋な人が多いです。目立ちたがり屋と言っても行動が明るくて元気で目立つのとはまったく逆です。

不幸自慢をする事で相手の心にインパクトを与え、気にかけてほしい、心配してほしい、見ててほしいという気持ちでいます。

不幸自慢をする事で目立ちたいんですね。あまり良い目立ち方だとは思えませんが、不幸自慢をする人は不幸自慢をする事で目立ちたいんです。

②寂しがり屋

不幸自慢をしてくる人の特徴2つ目「寂しがり屋」です。

不幸自慢をする人は寂しがり屋が多いです。とにかく寂しいので誰でも良いので話を聞いてもらって寂しい気持ちを紛らわせたいのです。

寂しい気持ちを紛らわせたいのであれば不幸な話だけでなく別の話をすればいいのですが、不幸な話の方がインパクトがあり相手が心配してくれるのでさらに不幸話をしてきます。

しかも解決できない不幸話をしてくるので余計に質が悪いのです。

不幸自慢をする人も不幸話をする事で解決しないのはわかっていてそれでも相手が相手をしてくれる事が寂しさを紛らわせるので何度も同じような不幸自慢をしてしまいます。

③自己中心的

不幸自慢をしてくる人の特徴3つ目「自己中心的」です。

不幸自慢をしてくる人は自己中心的な人が多いです。

相手の都合はお構いなしで夜中に電話して不幸自慢をしたり、あなたが友達と会話を楽しんでいる席に割って入り、不幸自慢を始めたりと、相手の事を考えない自己中心的な行動ばかりします。

どんな時でも自分中心で話をしだすのが不幸自慢する人の特徴ですね。

こんな事をしていたら皆嫌になって話を聞きたくなくなってしまうでしょう。

不幸自慢をしてくる仕事仲間への3つの対応方法

不幸自慢をしてくる人が職場にいる場合、どのように対応すれば良いのでしょうか。ここでは不幸自慢をしてくる仕事仲間への対応方法を解説していきます。

①不幸ではないと指摘する

不幸自慢をしてくる仕事仲間への対応方法1つ目「不幸ではないと指摘する」です。

不幸自慢をする人は自分が不幸である事を自覚しています。そして不幸である事に自信があるのです。

そのためあなたは不幸ではなく、もっと不幸な人は世の中にいっぱいいると指摘し諭すのです。

そうする事でこの人にはどんなに不幸自慢しても無意味だという事が分かってくれますので二度と不幸自慢をする事はなくなるでしょう。

②不幸話は聞きたくないと断る

不幸自慢をしてくる仕事仲間への対応方法2つ目「不幸話は聞きたくないと断る」です。

不幸自慢する人には不幸話は聞きたくないとはっきりと断ると良いでしょう。

不幸自慢をする人は不幸自慢をする事で興味を持ってもらえたり関心を示してくれる人を探しているので、話し込む前にそういう話は聞きたくないと意思表示をすればいいのです。

そうすれば不幸自慢する人は不幸話を今後あなたに話す事はなくなります。不幸話を聞かされそうになったら不幸話は聞きたくないと断りましょう。

③話を逸らす

不幸自慢をしてくる仕事仲間への対応方法3つ目「話を逸らす」です。

不幸自慢をする人は話を真剣に聞いてくれる人を求めています。関心を示してくれて、同情してくれる人を探しています。

そのため話を逸らされたり、遮られたりすると不幸話をする気を無くします。あまりにもしつこい場合は話を逸らしたり、不幸話をさせる隙を見せない事が大事です。

不幸話をする人が職場にいて目を付けられてしまったらできるだけ不幸話をする隙を与えないようにしましょう。

罪悪感を捨て時にはNOという事も大事

いかがでしたか。今回は不幸自慢をする人の心理と特徴と対応方法について解説してきました。

不幸自慢をする人は不幸話をあたかも自慢話のように話し、そんな事を話している自分の苦労してきた過去を自慢して人が同情してくれたり、興味を示してほしくて不幸自慢をしてしまうんですね。

不幸自慢してくる人は心に寂しさを抱えていてその寂しさを誰かに解消して欲しい人も中にはいます。

また自己中心的に相手の都合を考えずに不幸自慢をしてくる人もいますので、どうしても嫌だと思ったらできるだけ不幸話から話を逸らしたり、相手に不幸話はもう聞きたくないと意思表示する事で不幸自慢をしてくることは無くなるでしょう。

傷つけてしまったかもと罪悪感を感じてしまいますが、嫌な事は嫌だと言う事も時には大事なのです。相手の都合と自分の都合は違います。無理して相手の都合を抱え込む必要はありません。

嫌ならはっきりとNOと言っていきましょう。

キャリアコンシェルジュ

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)
キャリアコンシェルジュ

キャリアコンシェルジュ

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)