Skype面接のマナー・注意点・自分をよく見せる方法・コツ

最近増えつつある選考方法・Skype面接とは、どのようなものなのでしょうか?このページでは、Skype面接についてご紹介しています。Skype面接の大まかな手順や受ける際の注意点、またより好印象を得る為のポイントなどをまとめています。

Skype面接のマナーとポイントについて

就職活動などで、最近増えてきているSkype面接。Skypeを使って面接をすることで、企業に足を運ばなくても採用選考を受けることができるので、地方に住みながら東京などにある企業の選考に参加することも可能となります。
何らかの都合で選考を受けることが難しい人や、地方に住んでいて企業まで行くことがなかなか難しい人にとっては、とても有難いシステムですよね。

今回は、そんな「Skype面接」に注目して、Skype面接の準備や手順、注意点やポイントなどをご紹介していきます。

Skypeについて

Skype面接は、Skypeというツールを使うことで成り立つ選考方法ですが、そもそもSkypeとはどのようなツールなのでしょうか?

Skypeとは、一言で言ってしまうと、「インターネット電話サービス」と呼ばれる、サービスの1つです。Skypeをやっている人となら、世界の誰とでも無料で電話での通話が楽しめます。

また、カメラを使えば、通話だけでなく映像も楽しむことができ、所謂「テレビ電話」のような使い方をすることもできます。
声だけでなく、相手の表情や様子を映像で見て確認することができるので、面接のツールとして使用することで、通常の面接とあまり変わらない選考をすることが可能となります。

Skype面接の手順・方法

では、Skype面接を受ける場合、どのような手順で選考が進んでいくのでしょうか?

大まかな手順について、確認していきたいと思います。

Skypeができる環境を整える

Skype面接は、Skypeを使用することで成立する選考方法です。Skypeが使えなければ、面接を受けることはできません。

その為、遅くとも前日までには、Skypeが使えるよう、準備しておく必要があります。具体的には、以下のような準備をしておきましょう。

・SkypeのID
・マイク
・カメラ
・Skypeのムード(ムードメッセージ)
・アイコン

SkypeのIDやマイク・カメラは、Skypeの機能を利用するために最低限必要なものなので、必ず準備をしておきましょう。

ムード(ムードメッセージ)は、何も入力せずに空欄にしておいた方が無難です。
また、アイコンも、就職活動らしいものや、無難なものに設定しておくことをおすすめします。

企業と連絡を取り、日時を決定する

Skype面接ができるよう、Skypeの各種設定をしたら、企業の指示に従って決められた日時に面接を受けます。

日時やSkype面接のルール、面接・選考の手順などは、企業から事前に知らされることもあるので、その場合は企業が決定した内容に従いましょう。

面接の日程が決定していない場合は、企業と相談してSkype面接の日時を決定していきます。

Skype面接を受ける

日時が決定したら、あとはその日のその時間にSkype面接を受けるだけです。

対面での面接ではなく、Skypeを使った面接ではある為、面接会場は自宅などになりますが、油断は禁物。
企業側は、通常の面接や選考と同じものとして見ています。その為、Skype面接を受ける際は、通常の面接と同じ緊張感を持って臨むことが大切です。

Skype面接の注意点【1】:身だしなみを整える

では、Skype面接を受ける際、どのような点に注意すれば良いのでしょうか?
注意点やポイントについて考えていきます。

Skype面接では、声だけでなく容姿も映像としてうつります。
その為、服装などの身だしなみにも注意しなければなりません。

Skype面接は、一般的な企業へ訪問する面接と異なり、面接会場が自宅や自室となります。その為、ついつい油断して、私服で面接に臨んでしまったり、身だしなみを怠ってしまったりしがち。

しかし、企業は一般的な面接と同じものと見做している場合が多い為、身だしなみが整っていないと、マイナスの評価を付けられる可能性もあるのです。

このような理由から、Skype面接を受ける際は、一般的な選考や面接と同じく、スーツを着用し、就活に臨む際の髪型やメイクにすることをおすすめします。

Skype面接の注意点【2】:背景となる部屋に注意

Skype面接は、音声だけでなく、映像も使って行われます。その為、顔や服装は勿論、背景にも気を遣う必要があります。

例えば、自分の部屋でskype面接を受ける場合、自分の背後にアイドルやアニメキャラなどのポスターが貼ってあったら、どうでしょうか?通常の面接と同じものと見做して面接を行っている企業側からすれば、「失礼」「非常識」と感じる可能性がありますよね。

また、部屋が散らかっていたり、汚れていたりしたら、「片付けができない人」などと思われてしまうかもしれません。

反対に、背景となる部屋が片付いていると、清潔感や気遣いが感じられ、好印象に繋がる可能性もあります。

このように、Skype面接では背景が重要となるので、背景となる場所を選ぶ際は、よく注意するようにしましょう。

Skype面接の注意点【3】:携帯電話の電源

Skype面接を受ける際、携帯電話の電源は切らずに、マナーモードにすることをおすすめします。

Skype面接は、Skypeを使って行うもの。万が一Skypeが不調だったり、通信が途切れたりした場合は、企業側から携帯電話に連絡が入る可能性もあります。

その時に携帯電話の電源が切れていると、連絡が取れず面接が中断されてしまうこともある為、携帯電話は切らずに、しかし面接の妨げにならないよう、マナーモードにしておくことをおすすめします。

Skype面接の注意点【4】:周囲の人に告げておく

実家暮らしの方の場合、Skype面接を受けることを、家族などに伝えておくことをおすすめします。

周囲の人に知らせずにSkype面接を受けると、途中で家族などが物音を立てたり、話し掛けてきたりすることがあります。
もし途中で家族が映像に入り込んだり話し掛けてきたりしても、きちんと企業に説明できれば問題ない場合もあります。
しかし、できることなら、上記のようなトラブルは避けたいもの。やはり、家族にはSkype面接の日時を知らせておき、物音などへの配慮をお願いした方が確実でしょう。

また、1人暮らしをしているという方も、Skype面接を受ける時は、家の鍵をかけて臨むことをおすすめします。宅配便や何らかのセールスの人などがSkype面接中に来てしまうと、対応をしなければならなくなる可能性があります。
下手をすると、マイナスな印象に繋がってしまうので、1人暮らしだからと言って油断せずに、Skype面接の際はしっかり鍵をかけるようにしましょう。

Skype面接の注意点【5】:本名を表示名にする

Skype面接で見落としがちなのが、Skypeの表示名です。普段、プライベートで使っているアカウントの場合、ニックネームやあだ名などに設定している方も多いのではないでしょうか?

しかし、そのアカウントでSkype面接を受ける場合、うっかりニックネームなどを表示名にしたままだと、企業側も誰の面接を行っているのか分かりづらく、マイナス評価となってしまう可能性があります。

また、そうでなくとも、常識を疑われたり、非常識だと思われたありする可能性があるので、Skypeの表示名は本名にするようにしましょう。

好印象を与えるSkype面接の方法【1】:照明を調節

ここまで、Skype面接の大まかな手順や、受ける際の注意点といった、基本的な内容をご紹介しました。
今度は、Skype面接で好印象を得る為の、より発展的なテクニックをご紹介していきたいと思います。

Skype面接のポイントの1つとして、照明の調節が挙げられます。映像を使って行うものなので、映像の明るさは面接での印象に大きな影響を与えます。

どんなにハキハキと話したり明るく振る舞ったりしていても、映像が暗かったり顔に影がかかったりしていると、相手に明るい印象を与えにくくなってしまいます。

また、あまりにも明るすぎると、相手に顔がよく見えなくなってしまったり、表情が分かりづらくなったりする可能性もあります。

照明によるトラブルを避ける為には、事前に調節しておくことが大切です。設定などから、カメラの写り具合などを確認し、それに応じて面接前に照明などを調節しておきましょう。

好印象を与えるSkype面接の方法【2】:音量の調節

映像の明るさや照明だけでなく、音量や聞こえ方を確認・調節することも、Skype面接で好印象を得るポイントの1つと言えます。

Skype面接では、音量が小さ過ぎると、しっかり返答していても自分の声が相手に届かなかったり、音声が途切れたりする可能性があります。
せっかく上手く返答しても、音量の関係で相手に伝わらなければ、好印象を得ることはできません。

上記のような失敗を未然に防ぐためにも、音量についても面接前に確認しておくことをおすすめします。
「echo123(※1)」に電話をかけると、自分の声がどのように聞こえるのか、確認することができますよ。

Skype面接を有効活用して、効率的な就活を

いかがでしたでしょうか?今回は、「Skype面接」をテーマに、手順や注意点、好印象を得る為にポイントなどをご紹介しました。

最近増えている、Skype面接という選考方法は、都市部と地域の格差を埋める、画期的なものです。
手順やマナーをしっかり守り、上手く活用することで、効率的な就職活動ができるので、積極的に利用していきましょう。

※1:echo123

出典:https://careerpark.jp