24歳の実態|平均年収・手取り・平均の貯金額・転職状況

今24歳のアナタ、これから24歳を迎えるアナタ、平均年収ってどれ位か知っていますか?自分がどれ位の位置にいるのか気になりませんか?ここでは24歳の平均年収の他、手取りの金額、平均の貯金額、転職の状況などについて調べてみました。ぜひ、参考にしてください。

日本人の平均年収

日本人全体の平均年収は442万円だそうです。多いと感じますか?それとも少ないと思いますか?
「平均年収300万円時代の○○~」なんて言葉をマスコミの報道や書籍のタイトルなど見かける事もありますよね。もしかしたら、思ったよりリッチに感じるかも知れません。
しかし、これは労働者の全ての平均年収です。社会へ出て、まだ数年しか経っていない24歳の年齢では実情はちょっと違って来ます。それでは、24歳の平均年収は実際どれ位なんでしょうか?

24歳の平均年収

24歳と言えば大学卒であれば、社会へ出て2年が経過して、新人の枠から外れる時期です。高卒での入社であれば入社後6年、新人の教育係をも任されるなどするかも知れませんね。株式会社インテリジェンスの運営する転職サービスDODAの平均年収についての調査によると、24歳の平均年収は、320万円といわれています。

320万円
引用元/平均年収ランキング

出典:https://doda.jp

しかし、この平均年収についての数字も男性と女性に分けてみてみると、また違って来ます。

24歳、性別による平均年収の違い

同じ24歳でも男性と女性では以下の通り大きなの違いが出てきます。

男性
男性の24歳の平均年収は333万円
女性
女性の24歳の平均年収は303万円
引用元/平均年収ランキング

出典:https://doda.jp

女性の場合、平均年収は同じ年齢の男性と比べても、金額にして30万円、約10%程収入が少なくなっています。

24歳の手取り金額

上記の平均年収の数字は「年収」ですので、ボーナスも含んでいます。
仮にボーナスを夏冬30万円ずつ、合計60万円として計算すると、以下のようになります。

・男性で273万円…月々にすると22万7500円
・女性では233万円…月々にすると約19万4166円
※社会保険料や税金を引いて手取りにすると男性18万円、女性15万円ほど

独身であれば、この金額でも問題はないと思いますが、結婚をしていた場合や若いシングルマザーなども、生活していくだけでやっとでしょう。

24歳の平均の貯金額はどれ位だと思いますか?2011年のある調査では、以下のような数字がでています。

24歳の平均の貯金額

24歳平均の貯蓄額は133万円
引用/キャリアコンパス

出典:https://doda.jp


日本の平均初婚年齢は男女とも30歳前後です。将来のために、貯蓄と心がける人が多いのかも知れませんね。アナタの貯金額と比べてどうですか?多いですか?少ないでしょうか?

自分の年収を上げるには

給与も貯金も一昔前の日本の会社の様に、だまっていても右肩上がりに上がっては行きません。自分で考えて動く事で、年収を上げて行く事をして行かなくてはならない時代です。
自分のスキルをアップさせる…、欧米の様に、良い条件を求めて転職を行う…など、
前向きに動いて行くことが必要です。

スキルアップ

自らのスキルアップをすることは、仕事の能力を高める上でも、他人や会社からの評価を上げる上でも
在職するにしても、転職を考えるとしても、自分のキャリアにとってプラスになります。
ただし、本来の仕事に差しさわりが出てしまわない様に、スケジュールと立てて行うことが大切です。
また、会社によっては、人材の育成の為に、勉強の為の制度を設けている所も少なくありません。会社の人事や総務担当に聞いてみてはいかがでしょうか?
制度がない場合でも、例えば、会社の○○の業務のために勉強をしたいが、時間や費用を申請することは出来ないか…と自ら提案するという姿勢を示す事が出来るのではないでしょうか?必要な本が経費で落ちるのであれば、金銭的にも楽ですし、同僚へ貸してあげることも出来ますよね。

転職を考える

今の職場では、収入やキャリアアップの道が見えない、目指したい具体的な目標がある…などの場合は、思い切って転職を考える事も必要かも知れません。その場合は、在職をしながらのできることから始めてみるのが、リスクが少ないのではないでしょうか。

転職する場合に必要なこと

転職活動を行う場合は、ただ漠然と転職活動をするよりも、キャリアを成長させるために転職するという意識が必要です。
面接する側も時間とお金をかけて新しい人材を迎えるのですから、会社にとってプラスになり、成長してくれそうな人材を採用したい気持ちになるのは当然ですね。

同じ職種に転職する場合

それまでと同じ職種に転職する場合には、例えば営業職の場合、今までルート営業中心であったが、新規顧客相手に営業をする…であるとか、提案営業を中心に行って行きたい…などの、同じ職種でのスキルアップを目指しての転職であることを伝えられると良いでしょう。

違う職種に転職する場合

転職で違う職種に変える場合、例えば、制作会社の営業職であったが、制作部署への転職を希望する場合などは営業での顧客との声を聞いていた体験を活かして、外部とのパイプ役にもなれる制作を目指す…など、自分の経験が生かした転職活動であること、それに加えて、入社した後で就職先に新たなメリットを与えたいことなどもアピール出来ると、更に良いでしょう。

業種を変える転職の場合

転職先を異業種にする場合は、職種を同じ物にするなど、ある程度の共通性を持たせると良いでしょう。
証券会社から医療系の商品を扱う会社への転職を行う場合、同じ営業職を選択する、と言うことです。広告代理店のルートセールスからからメーカー系の研究関係へ…など、関連性が全く見当たらない場合などは、学生時代に研究していた、などの何らかの知識や経験でもない限りはリスクの高い転職だと言えます。

24歳の転職状況について

24歳という年齢は、社会へ出て2年が経過したばかりですので、ビジネススキルの面でも社会経験の面から見ても、不足していると言えます。
「一通りのマナーは身についているかも知れないが、仕事のスキルはまだ、勉強中」と見られやすいですし、見方によっては、経験不足や短期間での転職は根気がない…と見られるかもしれません。しかし、それを逆に武器にすることが出来るのです。

24歳の転職は「第二新卒」の枠を狙う

転職関係の用語で「第二新卒」という言葉があります。社会人経験3年未満の人材のことを指してこう呼ぶのですが、ある程度の社会経験を積んでいるため、新卒の人材と比べて「コミュニケーション能力がある」「基本的マナーが身についている」といった点が優れています。また、経験のある中途採用の人材と比べても「仕事の吸収が早く、伸びしろがある」「指導や管理がしやすい」などの良い点があり、企業にとり獲得するメリットのある人材と見られているのです。

転職活動をする場合に注意する点

転職活動をする場合でも、やみくもに活動を行っていては、暗闇で的を狙っている様なものです。感情に振り回されず、周りの助言者の意見を取り入れて行くことで、よい転職先にめぐり合うことができるでしょう。

勢いや感情にまかせて行動しない

感情にまかせて、会社を辞めてしまう事や、次々と職種を色々を変えることはおすすめしません。
色々な世界を見ることができる…というメリットはあるかもしれませんが、面接のたびに、転職が多く、しかし一貫性がない事の理由を聞かれる事になるでしょうし、再就職の可能性も段々と狭まって行きます。

専門家に助言をあおぐ

転職活動は、自分の現状や適正、希望を正しく知り、それに合った企業へのアプローチをすることが重要です。そのためには、専門家のアドバイスをもらうことが成功への近道になります。ハローワークへ足を運ぶことや転職サイトのエージェントに相談をしてみる…といったことを在職中から少しずつ行っていくのが良いでしょう。

転職理由はプラス思考で

感情にまかせて、会社を辞めてしまう事や、次々と職種を色々を変えることはおすすめしません。色々な世界を見ることができる…というメリットはあるかもしれませんが、
面接のたびに、転職が多く、しかし一貫性がない事の理由を聞かれる事になるでしょうし、再就職の可能性が狭まって行きます。

まとめ

24歳の平均年収や貯蓄、転職状況などについてまとめてみました。ご参考になったでしょうか?
就職から3年も過ぎると、仕事にも徐々に余裕が出てくるため、残業が多い、教育制度が不満…と言った、それまで眼に入らなかった状況が見えやすくなります。
果たして、これからこの仕事でやって行けるのか、今の内に転職をした方が良いのではないか…と迷いますよね。

迷った時はご紹介したように、専門家の門をたたき、自分の好みや適正を知った上で、行動しましょう。もし、自分の可能性を見てみたいと言う場合は、在職中や離職する前に、
ハローワークなどで職業相談や職業訓練を受けてみる事もできます。
在職中からこうした体験を行うことで、ひょっとしたら、自分への評価アップにもつながるかもしれませんよ。

キャリアアップにつながるのは、年齢ではなく、自分の努力次第です。
がんばって、良い人生にして行きたいですね。