こんな事があったら内定確定?就活面接の合格フラグ8つ

本稿では合格の可能性が高いといわれる合格フラグにスポットを当てていきます。合格フラグは100%そうなるわけではないので、面接後の待ちきれない感情を落ち着かせて、ほかの企業の面接に挑むための参考にしてくあさい。

こんな事があったら内定確定?就活面接合格フラグ一覧

合格したかも!落ちちゃったかも!そういった直感が案外当たったりするんですよね。そういった直感は、ほかの就活生も共通して経験しています。

それでは、合格フラグを一覧にしましたので見ていきましょう。

合格フラグ①面接予定時間のぎりぎりまで面接

面接の話が長くなるということは、あなたに興味や期待を持っている証です。面接の予定時間いっぱいまで面接をしてもらえた場合、それは合格フラグの1つになります。心の中で小さくガッツポーズしましょう。

合格フラグ②質問に詳しく答えてもらえた

面接では気になることを質問しますが、この質問の答え方にも受かるフラグが潜んでいます。

人事担当者に質問をしたとき、質問に「喜んで!」と言わんばかりに詳しく答えてくれる場合は、あなたへの期待値が高いことや、入社しやすい歓迎ムードであることがわかりますね。

合格フラグ③具体的に入社後の話をしてもらえた

面接をしばらく進めていると、面接後の具体的な内容の話を人事担当者からされることがあります。例えば、社内の情報や細かい仕事の内容に触れることがあります。こういった話をしてくれる場合は、合格フラグである可能性が高いです。

合格フラグ④スケジュールを確認された

最終面接の途中に今後のスケジュールを聞かれることがあります。スケジュール確認をされるということは、間違いなくあなたを迎え入れたいと考えています。こうした質問を受けたら、スケジュール帳をしっかり確認しましょう。あなたの合格は目前まで迫っています。

合格フラグ⑤その話が聞きたかったと言われた

最終面接で逆質問などに返答しているときに、「その話が聞きたかったんだ」「その意見が聞きたかったんだ」など、こちらの意見に大きくうなずいたり、興味津々に反応を示してくれたりする場合があります。これは好機なので、具体的に解説し、がっつり好機をものにしましょう

合格フラグ⑥面接の最後に握手

面接官に握手を求められる場合があります。

ただ単に挨拶の握手の場合もありますが、わざわざ進んで握手をしてくるのは手間で、滅多にありません。握手して触れることは、相手に対して警戒をしていないということの証でもあり、合格のフラグが近づいていると考えられます。

合格フラグ⑦配属先部署の担当者を紹介された

面接が順調に進み、人事担当者が所属部署の担当者を呼び、紹介してもらえた場合は、あなたのことを迎え入れる準備が順調に進んでいるということです。あなたを迎え入れるために段取りを進めているということになりますね。こうした配属先の担当者の紹介をしてもらえたら合格の可能性はとても高いです。

合格フラグ⑧お酒の席に誘われる

珍しいケースに「キミはお酒は飲める?」と聞かれ、飲み会の席に誘われるケースもあります。社内のお酒の席に見ず知らずの人物を参加させることはまずないので、高い確率で合格と見て良いでしょう。あなたと少しでも親睦を深めたいと、お誘いしてもらえた証になります

合格フラグが見えても気を抜かずに注意しよう

まとめると、次の8つが面接の合格フラグです。
1.面接予定時間のぎりぎりまで面接
2.質問に詳しく答えてもらえた
3.具体的に入社後の話をしてもらえた
4.スケジュールを確認された
5.その話が聞きたかったと言われた
6.面接の最後に握手
7.配属先部署の担当者を紹介された
8.お酒の席に誘われる

面接の途中にこうした合格フラグを発見してしまっても、気を抜いてしまってはいけません。これはあくまで合格する可能性が高いというフラグですから、こうしたフラグが立っていても調子に乗ってしまったり、ボロを出してしまうようなことが無いように気を引き締めていきましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事