クラウドワークスのインターン対策|倍率、選考方法など2015年度情報

今回取り上げますのはクラウドワークスのインターンシップ情報です。本企業のインターンシップは現時点で3つ確認されています。皆さんのインターンシップ先の選択肢に加えていただければ幸いです。

「クラウドワークス」は、インターネットを通じることで、世界中の企業と個人が直接仕事の受発注を行うことができるクラウドソーシングサービスのマッチングを提供する企業です。

今回取り上げますのはクラウドワークスのインターンシップ情報です。

本企業のインターンシップは現時点で3つ確認されています。皆さんのインターンシップ先の選択肢に加えていただければ幸いです。

クラウドワークスのインターンシップ対策:企業研究

それではまず、本企業について見ていきたいと思います。

クラウドワークスは、クラウドソーシングサービスのマッチングを提供している企業です。クラウドソーシングとは、インターネットにより発注者(企業や個人)と受注者(主に個人)が直接やり取りを行うというものです。そのため、働く場所に囚われることなく、個人でも安心して働けるというのです。

その発注者と受注者のマッチングを行うのが本企業というわけです。

企業概要


以下に企業の概要をまとめました。設立してまだ間もなく、「クラウドソーシング」という言葉の潮流を日本に作った企業です。

企業名:株式会社クラウドワークス
所在地:東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー6階
代表者:代表取締役社長 CEO 吉田浩一郎
設立日:2011年11月11日
資本金:16億9,068万円(資本準備金 16億4,868万円)
社員数:情報なし
事業内容:クラウドソーシング事業

企業の特徴

本企業の特徴は、ずばりクラウドソーシングサービスによります。クラウドソーシングのマッチングによる成果報酬で成り立っており、本企業の同サービスは日本最大級のものとなっています。

サービス:クラウドソーシング

クラウドワークスのインターンシップ対策:実施内容を知る

さて、本企業についてざっと見てきたところで、インターンシップの情報に移っていきたいと思います。

本記事におけるインターンシップの情報は2015年度のものです。最新の情報ではないのでご注意願います。

本インターンシップは3種類あります。詳しくは下記にて述べていきますが、いずれもやり応えのあるものばかりとなっています。

インターン1:短期インターン
インターン2:事業立案インターン
インターン3:長期インターン

クラウドワークスのインターン1:短期インターンの実施内容

応募対象:現在、大学、大学院、専門学校、高専に在学中の方(文系、理系不問)※プログラミングやデザインの知識・経験は不問
応募方法:公式サイトからエントリー
本インターンシップは3〜4人で1チームを作り、クラウドワークスのUXの課題発見、改善案の策定、ブラッシュアップ、プレゼンテーション、解決までを行うものとなっています。これだけの内容を3日間で行うので、非常に密度の濃いインターンシップとなるでしょう。

インターン採用日程

採用日程に関しては現在、情報がない状態です。情報が入り次第更新したいと思います。

1:情報なし
インターン勤務情報

本インターンシップの勤務情報は以下の通りです。交通費は給与込みですので、そこはご注意下さい。

勤務期間:3日間
勤務時間:10時~19時
給与情報:3日間で1万円(交通費込み)
勤務地:東京都渋谷区神南1-18-2 フレーム神南坂 3階

クラウドワークスのインターン2:事業立案インターンの実施内容

応募対象:特になし
応募方法:公式サイトからエントリー
本インターンシップは事業立案、つまり企画職の体験ができるものとなっています。またインターンシップと銘打っていますが、勤務期間や勤務時間、給与など、普通のアルバイトのような感覚で行えるようになっています。

インターン採用日程

こちらもインターン1と同じく、全く情報がない状態です。情報が入り次第更新したいと思います。

1:情報なし
インターン勤務情報

勤務情報は以下の通りです。上でも述べましたように、普通のアルバイトのような感覚で行えるようになっています。

勤務期間:週3日~(土日勤務可)
勤務時間:1日5時間~
給与情報:日給5,000円~(能力次第で昇給あり)
勤務地:東京都渋谷区道玄坂1-8-3 イオレ渋谷ビル7F

クラウドワークスのインターン3:長期インターンの実施内容


応募対象:Ruby onRailsなどのフレームワークを用いたウェブアプリケーションを制作した経験がある方(独学、授業で習った程度で構いません)/Java、Objective-Cなどを用いて簡単なスマートフォン向けアプリを作った経験がある方。iOS、Android両方の経験があればなお可。(独学、授業で習った程度で構いません)
応募方法:公式サイトからエントリー
本インターンシップはウェブアプリケーションエンジニアやスマートフォンアプリエンジニアなど、より専門的な分野を体験するものとなっています。そのため上記2種のインターンシップよりも対象が狭まっています。

インターン採用日程

上記2種のインターンシップと同じく、こちらも情報が全くない状態です。情報が入り次第更新していきたいと思います。

1:情報なし
インターン勤務情報

クラウドワークスのインターンシップの勤務情報をまとめました。勤務期間や勤務時間は大学や授業との兼ね合いで調整することが可能ですので、安心してインターンシップに臨むことができます。

勤務期間:応相談
勤務時間:応相談
給与情報:時給1,000円~
勤務地:東京都渋谷区神南1-18-2 フレーム神南坂 3階

クラウドワークスのインターンシップ対策:採用対策

それでは本インターンシップの採用対策について見ていきたいと思います。とは言っても採用選考についての情報が全くないのが現状です。その上でできることをしっかりやって、備えておきましょう。

インターンの倍率を知る


クラウドワークスのインターンシップでは、3つとも募集人数を公開していませんでした。ですが、豊富な種類のインターンシップとクラウドソーシングのマッチングにおいて日本最大級であることを鑑みるに、応募の倍率は高くなると言わざるを得ません。万全の準備をするためにも、情報収集は念入りに行った方が良いでしょう。

ES対策

本インターンシップのいずれかにエントリシートによる採用選考があった場合、恐らく自己PRの設問があるでしょう。自己PRでは、自分の得意なこと、自分はどういった人間なのか、といったことを客観的に述べ、またそこから相手との接点を見つけて売り込んでいくことが重要となります。まずは自分のことや本企業のことを良く知っておくと良いでしょう。

面接/ディスカッション対策

面接やディスカッションの対策として最も効果的なものは、何度も何度も繰り返し練習しておくことです。受け答えを覚えてスムーズに進められるようになるのは勿論、その場の雰囲気を予め感じておけば、当日に場の雰囲気に呑まれないで済むようになります。

クラウドワークスのインターンシップ対策で重要なのは良く調べること

最後に本記事のおさらいをして終わりたいと思います。クラウドワークスとはクラウドソーシングサービスの企業で、同サービスのマッチングにおいて日本最大級を誇っています。

クラウドワークスのインターンシップは複数種あり、専門的なものから一般的なものまで、幅広い分野で開催しているので、文系・理系、知識のあるなしに関わらず参加することができます。

そのインターンシップ選考において重要なことは、前もって良く調べておくことです。それは情報が限られているからという部分もありますが、本企業のことを良く知っておかなければ自己PRにおいて、自分のどういった特徴を押していけばいいのか分からないから、という意味でもあります。

まずは良く知る。それが人と付き合うことでも、企業と付き合うことでも等しく大切なことなのです。