IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

電子書籍とアプリ紹介|読み放題・ストア・小説・漫画

更新日:2020年08月28日

ガジェット

2017年現在、電子書籍の需要が伸びつつあります。インプレスによると日本の電子書籍市場は2017年度で15年度の1.4倍にあたる2280億円(雑誌含め2660億円)と見込まれています。そこで、今回は電子書籍アプリや電子書籍、端末をご紹介します。

今、電子書籍市場が賑わっています。特になのはコミックで、無料で試し読みできるもの、アプリ限定のオリジナル作品など、コンテンツを提供する側もさまざまなサービスを展開し、利用者拡大につとめています。 同じ書籍でも紙の書籍と電子版とでは、電子版の方が安いものが多いのも特徴です。さらに、実店舗ではありえない電子書籍ストアならではのクーポン制もで、会員登録すると30%、50%といった割引価格で購入することができます。 1人が1台以上、スマホやタブレットを利用する昨今、個々のユーザーのニーズにあった細かいサービスが注目されています。マンガが好きならマンガに特化したアプリ、幅広いジャンルで読みたい方向けのアプリなど、ご自分の使い方に合ったサービス、端末、アプリをお選びください。 そう遠くない将来、子どもたちが使う教科書や学生たちが使う参考書も、電子書籍がメインになる時代が来るかもしれません。小学生のプログラミング必修化が近いとされる中、子どもが安心して電子書籍を使えるには、まずは大人が十分理解しなければなりません。 これから電子書籍を使ってみよう、電子書籍に興味があるという方はぜひ一度、アプリをダウンロードしてください。

初回公開日:2017年07月14日

記載されている内容は2017年07月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング