IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

電子書籍とアプリ紹介|読み放題・ストア・小説・漫画

更新日:2020年08月28日

ガジェット

2017年現在、電子書籍の需要が伸びつつあります。インプレスによると日本の電子書籍市場は2017年度で15年度の1.4倍にあたる2280億円(雑誌含め2660億円)と見込まれています。そこで、今回は電子書籍アプリや電子書籍、端末をご紹介します。

電子書籍ストア その⑩ Renta!(レンタ)

Renta!の料金設定はチケット購入性となっており、入会金が月額費は一切かかりません。チケットの割引適用になるのは30枚以上購入からです。 1枚 108円 3枚 324円 10枚 1,080円 31枚 3,240円 52枚 5,400円 105枚 10,800円 レンタルのシステムは「48時間レンタル」と「無期限レンタル」の2種類です。「無期限レンタル」はいうなれば「買い取り」で実質レンタルではありません。作品によってチケット1枚でレンタルできるものもあれば、チケット4枚、5枚と複数枚を必要とする作品もあります。 ものによってはRenta!でレンタルするより、他の電子書籍ストアで購入するほうが安いケースもあるので、事前に確認(他のストアとの比較)をすることをします。会員登録(無料)すると、会員限定の無料作品が読み放題になるのも、嬉しいサービスの1つです。 対応アプリ:iPhone/Android

電子書籍ストア その⑪ DMM.com電子書籍(ディーエムエム・ドット・コム)

DMM.comが運営する電子書籍ストア「DMM.com電子書籍」はポイント還元率が高いことでを博しています。特になのが「50%ポイント還元」で、例えば540円(税込)の電子書籍を購入すると250ポイントも付きます。 ラインナップも豊富でコミック、ラノベ、文芸、ビジネス書、写真集など一般的な書籍が揃っています。この電子書籍ストアも、Renta!やコミックシーモア同様、扱っているメインの商品はコミックです。 対応アプリ:iPhone/Android 対応PC:Mac OS/Windows

電子書籍端末

みなさんは、どのような端末で電子書籍を読まれているでしょうか。iPadをはじめとするタブレット端末やスマホを利用されている方が多いでしょう。今回は、2017年最新版、Amazonで購入できる電子書籍端末をご紹介します。

電子書籍リーダー その① Fire 7 タブレット (Newモデル) 8GB

商品名:Fire 7 タブレット(Newモデル)8GB/16GB 価格:8,980円(Prime会員割引あり) この1台でAmazonで配信されている約3000万の映画、ドラマ、バラエティ番組、音楽、ゲーム、アプリを楽しめ、さらにKindle本も読むことができます。7インチと手頃な大きさに8時間というバッテリーの持ちのよさ、重さもたった295グラムと女性やお子様お使いいただくのにちょうどよいサイズです。

電子書籍リーダー その② Fire HD 8タブレット

商品名:Fire HD 8タブレット(Newモデル)16GB/32GB 価格:11,980円(Prime会員割引あり) Fire 7より一回り大きい8インチHDのタブレット「Fire HD8」は、Fire7同様電子書籍リーダーとして使う以外にも、映画、ドラマ、テレビ番組、ゲーム、アプリ、音楽を楽しむことができます。バッテリーの持時間は12時間と、旅行や出張に持っていくのにも適しています。

電子書籍リーダー その③ Amazon Kindle

商品名:Kindle(Newモデル) 価格:8,980円(Prime会員割引あり) 通信;WiFi Kindleはその名の如く、Amazonの電子書籍Kndleに特化した電子書籍リーダーです。端末は黒と白の2色、ブルーライトゼロで長時間使っていても目に優しい端末です。1台の端末で数千冊保存することができます。一生分の電子書籍が1つの端末に収まるのです。 したいポイントは、内蔵ライトがない代わりに、バッテリーの持ちはバツグンなことです。1日30分使用するとして約数週間充電せずに使えます。重さも161グラムと軽量で、旅行や出張のみならず、通勤、通学にもジャマにならないすぐれものです。

電子書籍リーダー その④ Amazon Kindle Paperwhite

商品名:Kindle Paperwhite 価格:19,480円(Prime会員割引あり) 通信;WiFi/WiFi+無料3G Kindle Paperwhiteは、前述したKindleの上位端末で、内蔵ライトが装備されています。端末の色は黒と白。WiFiタイプとWiFi+無料3Gタイプがあり、無料3GタイプはWiFi環境がない場所でも3G回線接続が可能となり、いつでもどこでも購入した書籍データをダウンロードできます。 マットなe-inkスクリーンを使用しており、明るい屋外でも画面が反射することなく、本物の紙のように電子書籍を読むことができます。内蔵ライト装備されているにもかかわらず、バッテリーの持ちは数週間、ストレージも数千冊保存できる、端末です。

初回公開日:2017年07月14日

記載されている内容は2017年07月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング