IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「信託銀行での」志望動機の書き方・例文一覧|銀行との違い

更新日:2020年08月14日

書類選考・ES

皆さんは「信託銀行」と聞いてどんなイメージを持ちますか?主な仕事内容はどんなものなのか、知らない方も多いのではないのでしょうか。志望動機を書く際、どんな内容が相応しいのか、今回は、そんな「信託銀行」に適した志望動機の書き方についてご紹介します。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

信託銀行の志望動機の書き方について

皆さんは「信託銀行」と聞いて、もし自分が信託銀行に就職や転職を考えるとしたら、どんな志望動機を書くのがベストなのか何となくイメージできますか。おそらく、信託銀行というワードは耳にしたことがあっても、さすがに信託銀行という職業に適した志望動機がどんな感じかまではあまりイメージが浮かばないと思います。しかし、志望動機というのは就職や転職を成功させるのに非常に重要な役割を担っているものなんです。ということで、今回は「信託銀行」という職業に注目し、信託銀行に適した志望動機の書き方について様々な観点から迫っていきましょう。

信託銀行とは信託業務を主に行う銀行のこと

とは言っても、信託銀行がそもそもどんな業務を主に行っていて、どんな職業なのかをしっかりと把握しとかないことには話が進まないので、まずは信託銀行という言葉が意味することや主な業務内容について見ていきましょう。 信託銀行とは、簡単にいうと、「一般に信託業務を主に営む銀行」のことです。日本においては、銀行法に基づいて免許を受けた銀行のうち、金融機関の信託業務の兼営等に関する法律である兼営法によって信託業務の兼営の認可を受けた銀行の中でも、特に信託業務を中心に行う銀行のことを指します。

信託とは代わりに管理や運用を行ってもらうこと

続いて信託業とは具体的にどういったことを行っているのでしょうか。そもそも信託とは、委託者が信託目的にしたがって、所有する金銭や土地などの財産を、信頼する人または専門家(受託者)に託し、運用・管理を任せる法的な仕組みのことです。この信託を利用することでどんなメリットがるのかというと、財産の委託者にとっては、自分よりも専門的な知識を持った受託者に資産運用や財産を託すことで、より安全に保全を実現することができたり、より効率良い資産運用によって利益の増加にもつながります。この信託の仕組みが果たす役割は、多くの企業や個人にとって非常に大きなものとなっています。

主な仕事は「リテール業務」や「コンサルティング業務」

信託業務に携わる場合は、「リテール業務」と「コンサルティング業務」の二つが中心的な仕事になります。まずリテール業務とは、主に個人や企業などを対象とした小口の業務のことをいいます。通常は、各信託銀行で定められた商品・サービスを幅広く販売・提供する業務となっています。具体的な商品・サービスとしましては、貯蓄商品、投資信託、保険商品、住宅ローン、財産管理、不動産仲介など、幅広いです。また、遺言の作成・保管、遺言の執行までを引き受ける遺言信託や、遺産整理業務なども行っています。顧客が企業の場合は、その企業が直面する経営課題に対して、不動産・年金・証券代行など金融・財産に関する専門的な知識を駆使して解決策を提案します。 続いてコンサルティング業務は、財産形成のための資金運用や住宅ローンの提案・相談、退職金の運用や不動産・資産承継の提案・相談など、顧客の人生のステップに応じたコンサルティングを行います。いわば先ほどご紹介したリテール業務をよりスムーズにこなすための仕事になります。

「コミュニケーション力」「交渉力」「説明力」が必要

ここまでご紹介してきた信託銀行の意味や信託業務の内容を踏まえると、信託銀行の仕事には「コミュニケーション力」や「交渉力」、「説明力」といったものが求められる職業と言えます。顧客との信頼関係の構築や信託契約を交わすことがどれだけ魅力的なことなのか理解してもらう必要があるこの業務においては、こういった能力の有無が就職や転職に大きく影響してきます。

信託銀行の志望動機例文一覧

次のページ:信託銀行は「応用力」銀行は「正確さ」
初回公開日:2017年06月23日

記載されている内容は2017年06月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング