IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

建築業界での志望動機の書き方|状況別履歴書例文・文系からの転職

更新日:2020年08月14日

書類選考・ES

建設業界における志望動機とはどのようなものがあるでしょうか。具体的な例とともに説明してみました。また、文系の方が建設業界を目指す際に参考になる記事もまとめてみました。この記事を見て建設業界の志望動機について理解してもらえればと思います。

建設関係の経理では、かなりの金額を取り扱うことからミスが許されないところがあります。志望動機としては、今までつちかってきた経理に関する知識の経験をいかして質の高い経理業務を行いたいと思い御社を志望しましたなどがあります。これは、大きなお金を取り扱う建設会社からするとても関心する志望動機です。 経理関係のミスが原因で信頼を失うこともあります。経理とは、一見単調な作業をしているように見えますが、慎重にすべきことが沢山ある業務です。これらを踏まえて志望動機とすれば、採用担当側も興味をもって見てくれます。

建設業界の営業の志望動機

営業に関しては、他の業界と比較して体力勝負なところがあります。建設業界の営業は、長時間営業でまわり、仕事をとってくるところがあります。そのような日々が何日も続くこともあります。体力に自信がない人は向かないかもしれません。志望動機としては、学生の頃から鍛えてきたので体力には自信があり、この体力を発揮して粘り強く営業をしたいと思い御社を志望しましたなどがあります。 とても普通ではあり得ないような内容に感じるかもしれませんが、これが採用担当者からした場合興味がある点です。出来る限り長く営業で活躍してもらいたいと考えているから、体力に自信のある人を好みます。

文系からの建設業界への志望動機

文系出身であることで建設業界への就職がマイナスになることはありません。大切なことは、文系出身であってもどのような能力が自分にはあるか判断することです。具体的な志望動機としは、文系として学生の頃勉強してきた話し方を更に勉強して、御社にとって貴重な営業の戦力となれるよう全力で仕事をしたいと思い御社を志望しました、のような内容があります。 とても採用担当に関心をもってもらえるのと、面接の中で色々な話しをすることで自分のコミにュケーション能力を表現できればなお良いです。企業とは、どの会社も同じですが様々な人を必要としています。文系であれば、文系の強みを言えば採用担当者も納得してくれます。

理系と文系の違いについて

基本的に理系の人は、現場での仕事や図面作成などの仕事になります。文系出身の方は、営業や経理、事務などでしょう。建設業界は様々な職種があり、自分が文系だからこの仕事しか出来ないといったような考えかたは良くないです。ある意味では様々なチャンスのあるのが建設業界です。

建設業界において文系である強み

建設業界は今後も海外展開する傾向が強くあります。国内の需要だけでは、安定した経営をすることが難しいからです。中小企業で海外展開する企業はあります。文系としては、得意の英語力などを発揮して企業の海外展開を推進する力になることが出来ます。 これは、なかなか理系の人には難しいです。たとえ日本語だけしか話せない人でも、そのコミュニケーション能力は建設会社の中で評価されて交渉などで活躍することも可能です。

適した志望動機を書いて就職しよう

今回は建築業界の志望動機の書き方について解説していきました。状況によってアピールするポイントが多かったと気づいた方も多いのではなかったでしょうか。志望動機で自分を正しくアピールすることができれば、就職を成功させることにつながります。正しい志望動機を書いて就職を成功させましょう。

初回公開日:2017年07月27日

記載されている内容は2017年07月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング