IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

建築業界での志望動機の書き方|状況別履歴書例文・文系からの転職

書類選考・ES

建設業界における志望動機とはどのようなものがあるでしょうか。具体的な例とともに説明してみました。また、文系の方が建設業界を目指す際に参考になる記事もまとめてみました。この記事を見て建設業界の志望動機について理解してもらえればと思います。

更新日時:

建設業界への志望動機の書き方

建設業界の志望動機には、建設業界への理解をしていることが大切になります。志望動機に自分のやる気だけを記載するのは採用側から見た時に良くないです。自己分析をした後に、その会社の状況を込みで考えて志望動機を記載しましょう。簡単なようで難しいのが建設業界の志望動機です。 以前は、国をあげて建設ラッシュがあった日本ですが、最近では建設業界は生き残るのが大変な業界となっています。大手の建設関係の企業も色々と工夫をしないとやっていかれない状況です。志望動機としては、シビアの建設業界で自分の好きな建設に関する業務を通して御社に貢献したいといった内容も必要になります。

採用担当者が見るポイント

このシビアな状況の続く建設業界の中でやっていけるかを見てきます。もちろん書類審査だけでは分からないことが多いので、面接でも色々な質問をされます。志望動機を採用担当者がどうみるかは、とても厳しい目であると言えます。建設業は比較的残業なども多くある意味では、仕事をする環境としてはきついです。 また、現場での仕事となれば特にきつくなります。しかも企業によっては、安い給料で長時間勤務させるところも多いです。これらの環境の中でいかに行動できるかを見てきます。志望動機であってもその人を表現するとても大切な文章です。これらの仕事の厳しさを良く理解した上で志望動機を記載しましょう。

他の業界との違い

他の業界との違いと言えば、今後衰退する傾向を示している業界であることです。入社する前からこのような事を言われても困ると考える人が多いと思います。ですが、現状としては以前と比べて衰退していく傾向がありあす。それでも海外の需要があるので、企業として海外も視野に入れた経営方針の会社も沢山あります。 むしろこのような経営方針でなければ、継続して受注することが難しくなります。このような事情もあり、建設業界は本当に建設に関する仕事が好きで入社した方が多いです。なので、待遇やその他の事を目的に入社したというよりかは、一生建設に携わりたいと考えている人が建設業界の人です。

志望動機の例文(履歴書)

履歴書に記載する志望動機としては、海外勤務をある御社で建設の現場で仕事をしたいと思い御社を志望しましたなどがあります。これは、海外勤務のある企業に限った内容になってしまいますが、実際には、その意気込みが重要になってきます。どんなに優秀な人でも、やる気がいまいちであったりすればそれは文章にあらわれてしまいます。 志望動機全面にやる気を感じるような内容が良いです。また、建設業界のどこに魅力を感じて志望しているかも志望動機にいれることです。こうすることで、より具体的な志望動機となり採用担当者も書類審査を通してくれます。

志望動機例文(面接カード)

面接カードの内容は、履歴書と同じ内容で問題ないです。ただし、PR出来るような内容がある時は、追加して記載しても良いです。面接カードを記載するタイミングは様々あり、事前に面接カードを記載することもありますが、面接会場で限られた時間で記載することもあります。 いずれにしても余裕がある時は、更にPR出来る志望動機にすることです。内容としては、面接カードを記載するまでの間に情報収集した中からこれはアピールできると思えるものを記載しましょう。例えば、御社の社是に感銘をうけて是非御社で仕事をしたいと思い志望しましたなどが効果的です。

面接時の志望動機例文

面接時も履歴書と同じ内容の志望動機に問題ないです。ですが、履歴書の内容をそのまま発言する感じでは違和感があるので少し変えることです。また、面接の時は自分が用意した志望動機を忘れてしまうことがあります。そんな時でも困らないように大切なポイントだけは記憶するようにしましょう。 こうすることで面接時に志望動機を忘れても最低限の発言は出来ます。また、仮に面接時に志望動機を忘れてしまっても面接中に思い出したらすぐに発言しても構いません。面接官に対して、先程志望動機を忘れてしまったのですが、思い出したので発言させていただいても良いですかと言うと面接がスムーズにすすみます。

職種別の建設業界の仕事への志望動機(事務)

建設業界の事務の仕事は繰り返しの作業が多いです。その作業に対して自分なりにやりがいを持って取り組める人が求められています。なので、志望動機としても、建設業界で現場ではない事務職ですが、少しでも工夫して業務を遂行して、御社に貢献したいと思い志望しましたなどがあります。 これは、全面にやる気を出している点も良いのと非常に受けが良いです。建設業界の事務職であっても工夫次第では、仕事を効率化することもできます。自分が入社したらどのような利点があるのかを採用担当者に伝えることが出来れば、内定も近づきます。

建設業界の経理の志望動機

建設関係の経理では、かなりの金額を取り扱うことからミスが許されないところがあります。志望動機としては、今までつちかってきた経理に関する知識の経験をいかして質の高い経理業務を行いたいと思い御社を志望しましたなどがあります。これは、大きなお金を取り扱う建設会社からするとても関心する志望動機です。 経理関係のミスが原因で信頼を失うこともあります。経理とは、一見単調な作業をしているように見えますが、慎重にすべきことが沢山ある業務です。これらを踏まえて志望動機とすれば、採用担当側も興味をもって見てくれます。

建設業界の営業の志望動機

営業に関しては、他の業界と比較して体力勝負なところがあります。建設業界の営業は、長時間営業でまわり、仕事をとってくるところがあります。そのような日々が何日も続くこともあります。体力に自信がない人は向かないかもしれません。志望動機としては、学生の頃から鍛えてきたので体力には自信があり、この体力を発揮して粘り強く営業をしたいと思い御社を志望しましたなどがあります。 とても普通ではあり得ないような内容に感じるかもしれませんが、これが採用担当者からした場合興味がある点です。出来る限り長く営業で活躍してもらいたいと考えているから、体力に自信のある人を好みます。

文系からの建設業界への志望動機

文系出身であることで建設業界への就職がマイナスになることはありません。大切なことは、文系出身であってもどのような能力が自分にはあるか判断することです。具体的な志望動機としは、文系として学生の頃勉強してきた話し方を更に勉強して、御社にとって貴重な営業の戦力となれるよう全力で仕事をしたいと思い御社を志望しました、のような内容があります。 とても採用担当に関心をもってもらえるのと、面接の中で色々な話しをすることで自分のコミにュケーション能力を表現できればなお良いです。企業とは、どの会社も同じですが様々な人を必要としています。文系であれば、文系の強みを言えば採用担当者も納得してくれます。

理系と文系の違いについて

基本的に理系の人は、現場での仕事や図面作成などの仕事になります。文系出身の方は、営業や経理、事務などでしょう。建設業界は様々な職種があり、自分が文系だからこの仕事しか出来ないといったような考えかたは良くないです。ある意味では様々なチャンスのあるのが建設業界です。

建設業界において文系である強み

建設業界は今後も海外展開する傾向が強くあります。国内の需要だけでは、安定した経営をすることが難しいからです。中小企業で海外展開する企業はあります。文系としては、得意の英語力などを発揮して企業の海外展開を推進する力になることが出来ます。 これは、なかなか理系の人には難しいです。たとえ日本語だけしか話せない人でも、そのコミュニケーション能力は建設会社の中で評価されて交渉などで活躍することも可能です。

適した志望動機を書いて就職しよう

適した志望動機を書いて就職しよう

今回は建築業界の志望動機の書き方について解説していきました。状況によってアピールするポイントが多かったと気づいた方も多いのではなかったでしょうか。志望動機で自分を正しくアピールすることができれば、就職を成功させることにつながります。正しい志望動機を書いて就職を成功させましょう。

関連タグ

アクセスランキング