IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

公認会計士の仕事は激務?|仕事が激務と言われる理由 /年収/給料

更新日:2020年08月14日

職種研究

「公認会計士」というと難しい試験をクリアしたエリートというイメージがあります。その一方で、「公認会計士」は激務とも言われています。実際、本当に激務なのでしょうか?今回はあまり知られていない「公認会計士」の実態を紹介します。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

公認会計士の仕事は激務?

公認会計士の仕事は激務だと言われていますがそれはなぜなのでしょうか。そもそも公認会計士がどういった仕事をしているのかご存知でしょうか。会計士と言われていますから、企業などの会計を担当するのでは?と漠然としたイメージを持っている人も多いでしょう。公認会計士は一体どんな仕事をしているのか、まずはその点から知っていきましょう。

公認会計士の主な仕事

公認会計士の主な仕事は企業の会計監査です。会計監査ができるのが公認会計士だけなので、会計監査は公認会計士の独占業務であると言えます。会計監査とは企業が作成し提出した損益計算書や貸借対照表などの財務諸表が本当に正しいのかをチェックする仕事です。これにより企業の成長率や株価、財務状況なども判断されますので、必ず外部からの公正な視点が必要だということで公認会計士がいます。この会計監査を行う義務がある企業はある程度大きな企業になってくるので、そういった企業の仕事を任される=年収は高いのではないかとイメージされているのでしょう。

企業のコンサルティング

会計監査は公認会計士の基本業務であり、独占業務です。その他の業務として企業の経営のコンサルティングを依頼されることも少なくありません。これは公認会計士の独占的な業務ではありませんが、公認会計士は会計のプロですから企業の経営についてアドバイスが期待できるとしてこういった仕事も多く舞い込みます。経営コンサルティングの依頼は個人で受けることがほとんどですので、余計な仲介がなければ給料はどこにも引かれることなくそのまま入ってきます。会計監査が本業なら経営コンサルティングは副業のような立ち位置ですので、こなせばこなしただけ年収もUPしていきます。

監査法人と公認会計士の違い

会計監査は公認会計士の独占業務ですが、監査法人にもまた会計監査は許されています。というのも監査法人とは公認会計士が5人以上集まった組織ですので、会計監査を行うことができます。大企業になると会計監査もそれだけ大規模になってきますので、公認会計士個人で会計監査をするのではなく、監査法人が監査に入るということも多いようです。

激務と言われる理由

会計公認士の仕事内容から、基本業務に加えて、経営コンサルティングなどの仕事をたくさん掛け持てば大変なのだろうというイメージは湧きますね。逆に、基本業務の会計監査だけをしていればそれほど激務ではないのだろうかと思ってしまいます。しかし公認会計士は基本業務の仕事しかしていなくても激務になりえるのです。

繁忙期は確実に激務

多くの職業に閑散期、繁忙期が存在するように、公認会計士にもまた繁忙期というものが存在します。公認会計士にとっての繁忙期は年度決算が集中する4月から5月になります。会計監査が主な仕事ですから、同時期に企業からの依頼が重なれば当然忙しくなります。公認会計士の場合は会計監査と業務が限られており、企業が決算書を出す時期も限定されているため、どうしてもその時期に合わせて忙しくなってしまいます。 その忙しさもかなりのもので、超繁忙期には0時を過ぎるのは当たり前でそれが連日続くようです。年間を通して常に忙しいというわけではありませんが、一定の時期に集中して業務が過密になるため、公認会計士の仕事は激務であるといわれています。

四半期報告制度

公認会計士は企業の会計監査をするだけではなく、四半期ごとに企業から提出される四半期報告書のチェックもしなければなりません。この四半期報告書は上場会社に提出義務が課されています。つまり、決算期に集中した繁忙期の後、四半期ごとにそれぞれまた繁忙期がやってくると言えます。四半期報告書の場合は決算期ほど厳重なチェックではなく、超繁忙期とまではいきませんが、それでも忙しいことには変わりありません。1年に4回以上繁忙期がやってくると考えれば公認会計士の仕事は激務であるという認識は間違っていないと言えるでしょう。

繁忙期以外が忙しくないわけではない

前述したように公認会計士には明確な繁忙期がありますが、それ以外の時期が全くの閑散期であるわけではありません。それ以外にも会計や税務の仕事もたくさんありそれらの仕事をこなすだけでも大変なのです。さらに経営コンサルティングの仕事が重なれば毎日が繁忙期になります。この経営コンサルティングの仕事も繋がりのある企業であれば、なかなか断ることもできません。忙しい日々の中でスケジュールをやりくりし、その上四半期ごと年度ごとに大きな繁忙期の波がやってくるのでかなりの激務だと言えます。

次のページ:激務に対しての年収や給料は?
初回公開日:2017年06月23日

記載されている内容は2017年06月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング