IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「外回り営業」の仕事内容|女性の営業方法・休憩の取り方

更新日:2022年06月13日

職種研究

「外回り営業」は男性の仕事というイメージはかつてありましたが、今はそうではなくなっています。女性でも活躍している方は多いですし、外回り営業の仕事を選ぶ人も多いです。実際に「外回り営業」は実際にどんなことをしているのか、解説していきます。

外回り営業では一度目ではあえて商品の話をしないという方法もあります。一度目は、まずどこの誰なのかを知ってもらい仲良くなることを心がけ、二度目以降に商品の話をするというのも営業戦略の一つです。身元を明かして信用されてもそれだけでは不十分な場合があります。何度も何度も会って世間話などをして仲良くなってから商品の話をした方が信用度も違いますし、仲のいい相手が言うのだからと情に訴え断りづらくするという理由もあります。そのため外回り営業ではどんな話にも対応できる知識や、豊富な話題が必要になります。一見無駄に思える世間話も、関係性を作るという意味では無駄にはなりません。

身だしなみをきちんと整える

身だしなみを整えるのはビジネスマンの基本ですが、それは外回り営業でも同じことが言えます。身だしなみがきちんとしていないと相手に不信感や嫌悪感を与えてしまいます。外回りは汗をかいたり、長時間の移動でスーツにもしわがいったりもしやすいですが、だからこそ身だしなみに特に気をつける必要があります。爽やかな営業マンと不潔な営業マンどちらから商品を買うかと言われればもちろん前者です。営業マンは会社の顔でもあるので、身だしなみはしっかりと整えましょう。

女性の外回り営業と役立ちツール

最近では女性の外回り営業も増え、男性に負けず劣らずの成果を発揮しています。女性ならではの視点が営業に活かされることも多く、女性の外回り営業の需要はますます高まるでしょう。しかし、営業が男の仕事と考えられるのは長距離を歩くという体力的な問題もあります。女性は外回りの時は疲れにくい服装を心がける必要があります。

女性ならではの営業方法

女性が外回り営業で活躍しているのは、女性ならではの視点で営業を行うからです。その多くは消費者の視点に立っての営業であることが多いでしょう。商品を会社側の意見だけでアピールしていくのではなく、実際に使ってみた感想を交えて、個人的な意見と合わせて伝えより説得力を出すというやり方は女性ならではでしょう。女性は男性に比べて共感力が高いとも言われているので、消費者の目線に立つことが上手です。また、女性の単身世帯の営業などは男性が営業に行くとどうしても警戒されてしまうので、エリアによって男性と女性を使い分ける場合も多いようです。

女性営業の味方のツール

女性営業で大変なのはやはり体力面でしょう。長く営業を続けていれば体力もつき、多少無理をしても問題ないという人もいますが、全員がそうではありません。まだ慣れないうちは特に自分の体に負担をかけないものを選びましょう。靴はパンプスかヒールの高くないものを選びましょう。あまり高すぎたり、ピンヒールだと長距離の移動には向きませんし、カジュアルになり過ぎ、相手に不信感を与える恐れもあります。歩きやすさとフォーマル感を両立できるものを選びましょう。底がゴム底になっているものだと疲れにくいのでおすすめです。 かばんは大きめのものを使いましょう。商品の資料が折れ曲がらずに入るサイズがいいでしょう。また手持ちだと腕が疲れやすいのでショルダーバックタイプのものを選ぶと楽ですし持ち運びにも便利になります。 スーツについてはまずは清潔が第一。そして派手すぎないものを選びましょう。女性らしさをアピールしたいならスカートがおすすめです。女性ならではの柔らかな印象与えることができますし、男性営業との差別化もできます。ジャケットの下はシャツでもカットソーでも構いません。自分の気分に合わせて、使い分けるといいでしょう。 外回りでは長時間紫外線にさらされます。日焼け止めや折り畳みの日傘を持ち歩くこともおすすめします。紫外線は肌にもよくありませんし、直射日光に当たり続けているとそれだけで疲労してしまいます。美容面も体力面も考えてそれらも準備しておきましょう。 女性の社会進出が増え、男性と同じようにバリバリ働く時代になりました。しかし、なかなか評価されないと悩んでいるなら、転職エージェントに相談し、きちんと人事評価してくれる企業に転職するのもひとつの道です。複数のエージェントに登録し、求人を比較しながら就職活動を進めるのがおすすめです。

外回りの上手な休憩の取り方

外回り営業はハードな仕事なので効率よく行うためには適度な休憩が必要です。会社であればきちんと休憩時間が定められていますが、外回り営業の場合は休憩時間についても自分の裁量に任されています。つまりサボろうと思えば簡単にサボれるのですが、それでは効率がどんどん悪くなります。サボるのではなく、上手に休憩するための方法を知っておきましょう。

時間を決める

だらだらと休憩時間を伸ばさないためには何時まで休憩すると明確に決めておくことです。メリハリをつけて休み、次の仕事に備えましょう。またルート営業の場合は事前に一日のスケジュールが分かっていることも多いので、出発前にスケジュールを見直してどこに休憩時間を設けるのかを決めてしまうのも手です。もしそこ以外で休憩すればその後のスケジュールにも影響しますし、そのタイミングを逃せば悪くすると休憩することすらできなくなる場合があります。そこで休憩しなければならないと心に決めておけば、ついついサボってしまうこともなくなるでしょう。

外回りは自分との闘いでもある!

次のページ
初回公開日:2017年06月23日

記載されている内容は2017年06月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング