IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「外回り営業」の仕事内容|女性の営業方法・休憩の取り方

初回公開日:2017年06月23日

更新日:2020年03月27日

記載されている内容は2017年06月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

職種研究

「外回り営業」は男性の仕事というイメージはかつてありましたが、今はそうではなくなっています。女性でも活躍している方は多いですし、外回り営業の仕事を選ぶ人も多いです。実際に「外回り営業」は実際にどんなことをしているのか、解説していきます。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

外回りの仕事内容

外回りの仕事内容
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

外回りの仕事と一口に言ってもその詳細を知らない人は意外に多いです。外回りの営業マンは闇雲に外を歩き回っているわけではありません。会社のデスクではなく、街中を歩き回って仕事をしているのです。

営業が基本

外回りの仕事はデスクを持たないので他社や個人のお宅を訪問して行う営業の仕事が基本になります。外回りでは暑さや寒さ、天候に関係なく相手のスケジュールに合わせたり、販売目標の達成のために必死に汗をかかなくてはなりません。またその会社がどれほど優れた商品を生み出していても、それが世に知れ渡らなければ、売れなければ意味はありません。それを世の中に売っていくのが営業の仕事なので、会社の根幹部に関わる仕事だとも言えます。 外回りの営業が辛い、環境を変えたいと思っているなら転職エージェントに相談することをおすすめします。思い切って転職をしたことで、転職を成功させた人はたくさんいます。あなたが今の労働環境で満足していないなら、エージェントへ相談してみましょう!

ルート営業

外回り営業の仕事は大きく2つに分けることができます。その一つとしてルート営業という方法があります。ルート営業とは今まで会社同士で取引があったり、付き合いがある会社に対して営業に行くというスタイルです。続けて契約してくれる重要顧客にもなりえますし、安定した収益を出すためにはこのルート営業が欠かせません。会社同士の付き合いでもありますが、担当者同士の付き合いという側面が強く、個人としてより相手と親密になるために努力しなければなりません。製品の良さを伝えるのはもちろん、自分への信頼度が契約を続けてもらう要因になることが多いでしょう。

新規開拓営業

そして、2つ目が飛び込み営業と呼ばれる外回りのスタイルです。電話で営業していくという方法もありますが、文字通り新規契約を目指して付き合いのない会社に飛び込んでいくことも多く、勇気と高い営業スキルが必要になります。長距離を移動するということもざらなので、体力も必要ですし、何度断られても諦めない強いメンタルが必要になります。同じところで安定した契約を続けることと同様に新たな販売先を見つけることも会社の成長には欠かせません。新規開拓した営業先が、後々にまでずっと契約してくれるという場合もありますし、単発で終わらせない工夫もいる難しい営業です。 商品によっては会社だけでなく、個人のお宅を回ることもあるので、地域からの信頼感が必要になります。個人の信頼感はもちろん会社として信用され、かついかにその製品が素晴らしいのかを短時間に説明しなければなりません。新人には難易度の高い外回りだと言えます。

外回り営業のコツ

外回り営業のコツ
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

外回りの営業は非常にスキルが必要な仕事です。長年の経験から独自の営業スタイルを確立して、コンスタントに顧客の獲得、契約を結んでいるという人も少なくありません。しかし経験がなければできないものでもありません。コツさえ掴めば若いうちから活躍することもできるのが、外回り営業の特徴です。

信用が第一

ルート営業でも飛び込み営業でも信用が第一という点は変わりません。とにかく相手に信用されるために努力しましょう。信用されるというのは難しく考える必要はありません。どこの誰か分からない正体不明の人から、自分の身元を明かし知ってもらうということも信用の一つです。少なくとも害のある人ではないと相手に思い込ませましょう。相手に警戒心を抱かれていては営業はできません。商品のことを知ってもらうよりも先に自分のことを知ってもらい関係を築いていきましょう。

仲良くなる

関連タグ

アクセスランキング