IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

未経験で経理事務|面接内容・自己PRや志望動機・転職時年齢

職種研究

「経理事務には未経験でなる事ができるの?」「経理事務になるためには資格は必要?」経理事務になるためにも気になりますよね。そこで今回は経理事務が未経験でも経理事務になるためにも経理事務の仕事内容や未経験からの転職の際の志望動機の書き方と例文をご紹介していきます。

更新日時:

経理事務とは 企業内のお金の流れを管理する仕事の事

経理事務という職業はどのような職業なのでしょうか。一言で言うと「経理は企業内のお金の流れを管理する仕事の事」を経理と言います。

経理事務の仕事内容

経理事務と一言で言っても様々な仕事内容があります。その代表的な仕事が経理事務のお仕事です。経理事務の仕事内容について解説していきます。

①経理事務業務(出納と伝票処理)

経理時事務業務は主に企業内のお金の支出と収入の管理をする出納と伝票処理の業務があります。他にも請求書の発行をしたり銀行振り込み等の支払いを行う業務があります。この経理事務業務自体にはパソコン操作をするためパソコン操作の基本は掴んでおく必要はあります。特別な経理の知識は不要です。

②月次補助業務(銀行口座の入出金確認・記帳など)

月次補助業務は銀行口座の入出金を事細かに確認してそれを記帳し、手形取引がある場合はその内容についても記帳します。この業務からは簿記の知識が必要となるため簿記検定2級から3級の資格を必要としています。

③月次決算補助業務(月次決済業務に伴う資金収支計算や給料計算など)

月次決済を行う際の補助的な業務を行うのも経理の仕事です。行う業務の詳細は資金収支、売り買い掛けや給料計算や社会保険に関する計算を行います。この業務経験を積むことでさらに決済業務や会計業務のスキルを学ぶことが可能です。

④月次決算業務(月次売り上げ計算表の作成など)

月次決算は月次の売り上げ等を元に試算表を作成する業務や経営判断資料を作成する業務や月次での銀行への借入などを投資計画を元に適切に行う業務などもあります。月次決済業務を行うためには決済業務の手順を理解しておく事や会計処理をしっかりと理解している事が必要となります。

⑤年次決算業務(決算書類作成や会計処理業務など)

会計法を基づいた決算書類作成や予算算定作業などの企業の財務や会計業務の中枢作業の事です。企業の会計処理業務を行うだけではなく経営計画にも関わる大切な業務なので経営管理能力などが必要になる業務です。

経理事務に必要な資格と有利な資格

経理事務に必要な資格と持っていると転職に有利な資格はあるのでしょうか。経理事務に必要な資格や有利な資格について解説していきます。

①簿記2級以上の資格

経理事務に必要な資格の1つ目は簿記2級以上の資格です。特に決済業務を行う場合は簿記の知識が無くてはできない業務もあるため簿記2級以上の資格を持っている必要があります。 ただし冒頭でお話ししたような経理事務業務については簿記資格が無くてもできる業務ですので、転職面接を受ける企業によって必要資格が変わってくるので気を付けましょう。

②基本的なパソコン操作能力

経理事務になるために必要な資格2つ目は基本的なパソコン操作ができる事です。経理事務の業務はデスクワークです。パソコンを必ず使うことになりますので、パソコンが操作できなくては何も仕事ができませんのでパソコンの操作はしっかり学んでおきましょう。

③WordやExcelなどのオフィスソフトの操作能力

経理事務に必要な資格3つ目は、WordやExcelなどのオフィスソフトの操作ができる事です。経理事務の作業内容は主にパソコンを扱った作業がほとんどです。その中でもオフィスソフトを活用した操作は必ず必要なります。 資格を持っていなくても基本的な操作や応用的な操作方法を覚えておかなくては、実際に経理事務の仕事で役に立てない状態では話になりませんので、オフィスソフトの操作方法や計算方法などは学んでおいた方が良いでしょう。

経理事務には無資格・未経験でもなれる

経理事務に転職したいけど資格が無くてもなる事はできるのでしょうか。また今まで経理事務の経験がない未経験でもなる事はできるのでしょうか。 企業によっては無資格でも未経験でも経理事務になる事は可能です。しかし企業によっては応募条件が簿記検定2級以上の資格を取得している事が条件の場合もあるので、応募条件を確認して応募した方が良いでしょう。 また最低限のパソコンスキルとWordやExcelの操作スキルは持っていないと話にならない事もあるので時間があるのならしっかりと学んでおきましょう。

経理事務に求められる人材

経理事務に求められる人材はどのような人なのでしょうか。ここではそんな経理事務に求められる人材について解説していきます。

①正確性

経理事務の仕事はお金に関する大事な仕事です。1円のミスが取り返しのつかない事態を招きかねない正確性の必要な仕事です。絶対にミスをする事が許されませんし、数字を間違って打ち込んだだけで企業にとって大きな損害になる事もあるのです。そのため正確な数字を打ち込めるミスをしない人が求められているのです。

②コツコツ作業に向いている根気強い人

経理事務の仕事は正確さの他に地道な作業に取り組める根気の強い人が向いています。常に数字との戦いなので根気が必要となります。コツコツと数字を正確に計算して打ち込む作業なのですごく疲れますし、地道な作業ですから人によっては向き不向きもあるので、向いていない場合はつらいでしょう。

経理事務の転職面接の際によく聞かれる質問

経理事務の転職面接では一体どんな事を質問されるのでしょうか。ここでは経理事務の転職面接の際に良く聞かれる質問について解説していきます。

①なぜ今回は経理事務を志望されたのか

この質問は経理事務の未経験者の転職面接ではよく聞かれる質問です。もちろん経理事務の面接でも聞かれる質問の一つです。今までの仕事が経理事務以外だった場合しっかりと答えられなくてはいけません。転職で今までやったことのない職種に転職するというのはリスクを伴います。 そこまでしてなぜ経理事務という職種を選んだのか、その覚悟があるのかをしっかりと聞いておきたいのです。納得してもらえる答えを用意しておかなくては最終面接まで生き残るのは難しいでしょう。きちんと納得させられる答えを用意して面接に挑みましょう。

②パソコンはどれくらい扱えるか

経理事務の転職面接ではこの質問は多く聞かれます。経理事務の仕事自体がパソコンを必ず扱います。そのため多くの経理事務の転職面接ではこの質問が聞かれます。パソコンがどのくらい扱えますかと言われた時に応えるポイントは具体的に答えるようにしましょう。 例えばパソコン検定の資格を持っている人であれば、「パソコン〇〇検定〇級を取得しています。」のように具体的に取得した検定の名称を言えると良いでしょう。資格は無いけど実務経験がある場合は「前職でデータ入力の仕事をしていました。」等と答えると良いでしょう。

③ブラインドタッチは可能か

この質問も経理事務の転職面接で聞かれる事が多い質問です。念のため一応説明をしておきますがブラインドタッチとはキーボードの文字を見ずに文字入力を行うことです。文字を見ずにブラインドタッチを行うことは作業のスピードが速くなりますので、正確なブラインドタッチができるのでしたら堂々と答えましょう。

④今までの仕事で大きなミスはした事がないか

経理事務の転職質問ではこうした正確性を見る質問をされます。経理事務はミスが許されない仕事です。大きなミスを連発するような人だと問題があります。そこで試すためにこうした意地悪な質問をされる事がありますので、ミスをした事が無い正確な人であれば堂々と答えましょう。

⑤経理事務経験の有無

経理事務の転職面接では「今まで経理事務の経験があるのか」という質問をされる事があります。経験者であれば経理事務の仕事をどれくらいやってきたのかを答えましょう。経理事務の経験がない人は無いでも問題ありません。無くてもあなたの仕事への真面目に取り組もうとする気持ちやこれから努力して仕事を覚える熱意を見せましょう。

⑥Excel・Wordは扱えるか

経理事務の転職面接ではWord・Excelについても聞かれます。経理事務ではWord・Excelも必ず扱う事になるので、使えるのでしたらどれくらい扱えるのか具体的に答えると人事担当者似も伝わりやすくなりますので、具体的に話すための練習はしておきましょう。経験が無い場合はこれから学ぶ熱意を見せましょう。

経理事務の未経験者の志望動機の書き方と例文

経理事務の経験のない未経験者が経理事務の面接を受ける際の志望動機はどのように書いたら良いのでしょうか。経理事務の未経験者の志望動機の書き方と例文をご紹介していきますので、参考にしてみましょう。

①経理事務が未経験でもあなたがいることで得られるメリットを盛り込むと良い

経理事務が未経験者の面接では経理事務での経験が全くの未経験なので経理事務の経験という点では志望動機をアピールはできません。 しかし経理事務でも活かせるあなたの持ち味や強みがあるはずです。例えばコツコツ作業に適した忍耐強さをアピールしたり、計算が速くて正確であるのでしたら、そのようなあなた自身が持っている物で未経験でも「私はこんなことができる、だから役に立てます。」と胸を張って言える事を盛り込むのです。そうする事で人事担当者を納得させる志望動機ができるでしょう。

②経理事務が未経験なら前職の経験で活かせるものを探してアピールしよう

経理事務が未経験なら前職の経験で活かせるものが無いか探してみるといいでしょう。どのような職種にもあなたが経験してきた事と共通している活かせるものが必ずあります。 例えば以前は一般事務をやっていた経験があるのでしたら、一般事務をしていたときの書類作成などで培った正確な文章作成能力をアピールする事もできますし、計算が速かったりミスを一度もした事が無いのでしたらそうした正確さも充分武器になります。経理事務が未経験なりに前職の経験を活かせるものを探し志望動機としてアピールすればいいでしょう。

③経理事務が未経験でも資格を取得している事をアピールすると大きなポイントになる

経理事務が未経験でも簿記の資格などを取得している事をアピールするともちろん大きなポイントになりますので積極的に志望動機でアピールしても良いでしょう。

経理事務未経験者の志望動機の例文

例文①

前職ではルート営業を4年経験してきました。縁の下の力持ちである経理事務の仕事で会社に貢献する働き方をしたいという思いが強くなり、経理事務への転職を決意しました。学生時代に日商2級取得しており、細かい数字の計算や正確さには自信があります。 資格を活かし、経理事務のの仕事で働きたいと思い志望しました。まだまだ未熟な部分がありますがこれから資産管理や税法など学ぶべき事はしっかり学び、将来は社の予算管理を任される人材になり、貴社の成長に貢献していきたいと思っております。

例文②

大学時代は経営学部で日商簿記3級を取得しました。前職は営業職でしたが、予算管理や資金計画の業務がある経理職でなら大学時代身につけた資格を存分に活かして働けると考え志望しました。 経理の業務は全くの未経験ですが、できる限り早く経理事務の業務を覚え、営業職で身に着ける事ができた様々な人と打ち解ける事ができるコミュニケーション能力を活かし、貴社の経営に貢献できる人材としてお役に立てるように頑張っていきたいと思います。 

経理事務は未経験からでも可能、簿記の資格があればさらに有利に

今回は経理事務について解説してきました。経理事務の仕事内容は、企業のお金の流れを管理する事が経理事務のお仕事です。 経理事務にも様々な仕事内容があり、経理事務業務だけは簿記の資格が無くてもチャレンジが可能です。まずは経理事務が未経験の場合は、経理事務の業務からスタートする事になるでしょう。 他の業務については専門的な簿記検定の知識が必要なので、簿記検定の資格を取得してない場合は働きながらも取得する事も可能なので前向きに取得していきましょう。面接で良く聞かれる内容や志望動機の書き方と例文を参考に、面接対策をしていきましょう。

関連タグ

アクセスランキング