IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就活をやり直したいときの心理/原因/すべきこと|やり直した実例

更新日:2020年08月28日

就活の悩み・不安

就職活動をしているときに、やり直したいと思ったことはありませんか?「就活をやり直したい」とはどんな時に思うことでしょうか。また、実際に就活をやり直したい時はどのようにしたら良いでしょうか。就活をやり直したい時の心理状況や、実例について挙げています。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

「就活をやり直したい」と思うのはなぜか?

就活は長く苦しい戦いです。最期にはどこでもいいから内定が取れれば良い、と思いがちです。しかし、それでは実際に就職しても長く務めるモチベーションを保てないかもしれません。就活をやり直したい、という気持ちが自然に湧き出てくるなら、そこから自分の人生を仕事考え直せるチャンスかもしれません。

就活をやり直したいと思う心理・原因

現在就活は売り手市場と言われています。しかし、業界によってはそうとばかりは言えないですし、自分が希望する業界とうまくマッチングしないこともあります。就活をしてある程度の成果をあげている中で、やはりやり直したいと思う心理や原因をいくつか挙げてみます。

就活をやり直したい原因「内定を焦ってしまった」

就活の解禁の月は決まっていても、やはり優秀な学生を少しでも早く獲得したい企業側の心理もあり、ゴールデンウイーク頃にはすでに内定をもらっている人もいるのが現状です。学生側も、面倒で心理的負担の大きい就活からは早く解放されたいものです。特に、周りがどんどん内定をもらっているとどうしても焦ってしまうものでしょう。その結果、早々に内定が決まりそうになるとほっとして受諾してしまうことは少なくありません。 しかし内定を決めた後、その仕事は本当に自分がやりたかった仕事なのか・自分が望む業界なのか・自分の能力に合っているのかなど次第に不安になってしまうことがあります。とにかく内定をほしいと焦った結果、自分のモチベーションが上がらないような企業に決めてしまい、就活をやり直したいと思うことがあります。

就活をやり直したい原因「内定後魅力的な仕事や企業を知ってしまった」

内定が出て方の力が抜けた状態で周りを見てみると、広がった視野の中に色々魅力的な仕事や企業が見えてくることがあります。内定を取る目的で行う就活は、面接の方法や志望動機の書き方など、とにかく受かることが前提のレースの様です。最終目標が受かる=内定を取るということになってしまうと、その企業で働く・その企業で仕事をするということが前提でなくなってしまうことがあります。 結果として、内定をとったけれどその企業やその仕事の内定でなくても良かったのではないかと思ってしまうことがあります。特に、内定後に時間が出来てアルバイトをしたり、海外で活動したりと今までと違った視点で活動することが増えてくるとそのような心理に陥ることがあります。

就活をやり直したい原因「その業界や企業についてよく調べていなかった」

実際に内定をもらってから、その企業や業界について色々な情報が入ってくることがあります。それによって、自分の想定していた企業や仕事内容ではないのでは?と不安になってしまうことがあります。「自分には合わないのではないか」「思ったよりプライベートの時間が無さそう」「ついて行けないのでは」など不安になる要素は多々あります。 その中で、企業の実情をよく知らなかったというのは深刻です。就活の時は魅力的な内容ばかり先行してしまうものです。多少の疑問点があっても、内定が欲しい気持ちが先行していると目をつぶってしまうことがあるのです。しかし、冷静になって情報を取ったり調べてみると、自分の考えていた状況と違うことが目につき、就活をやり直したいと切に願うことがあります。 就活をやり直したいという人の中で「インターンを受けておけばよかった。」という声が多いのが、その状況をよく表しているでしょう。

就活をやり直したい原因「有名企業名を優先してしまった」

誰でも名の通る大企業に就職が決まればうれしいものです。また、親も喜ばせてあげられる、など思う人もいるのではないでしょうか。有名・大企業に就職できれば、将来も安定する可能性も高いですし、有利なことは少なくないのは事実です。 しかし、結局は有名な大企業に入ったところで自分がやりたい仕事をできなければ、モチベーション維持はできないものです。やりたい職種より、企業・ネームバリューで選んでしまった結果就活をやり直したいと思うことがあります。

就活をやり直したい原因「自分の理想が分かっていなかった」

就職は人生の大問題です。やりたい仕事や職種だけでなく、ワークライフバランスの意味や、人間関係など仕事をすれば人生の大問題と様々ぶつかるものです。その中で、自分なりには自己分析をしていても実際には違うことや、結局は妥協してしまったのかなということがあります。 自分の理想があっても現実の壁の中で妥協せざるを得ず、結局は就活をやり直したいと思う人がいる反面、自分の理想や自己分析そのものがあっていないこともあるのです。それは、内定をもらった後に徐々に分かってくることもありますし、実際に仕事をしてみて気付くこともあります。

「就活をやり直したい」と思った時にすべきこととは?

就活をやり直したいは、再度自己分析を試みる

初回公開日:2017年06月07日

記載されている内容は2017年06月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング