IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【ケース別】幼稚園教諭の志望動機の書き方|ポイントと例文

書類選考・ES

幼稚園教論の志望動機を例文から書き方のコツまで紹介します。幼稚園教論になりたい気持ちを経験談を入れてわかりやすい表現にすることが全体的に必要です。面接したいという興味を持ってもらえる人柄記載で志望動機に信憑性が湧きます。それぞれが求める質に応じて作成します。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

幼稚園教輸の志望動機の書き方

今回は幼稚園教論の志望動機について、書く際に注意すべき点や強調するべきポイントなどを具体的に提案していきます。志望動機の書き方の考え方について全ての業種に通ずる事柄もありますので参考に一緒に考えて見てください。

履歴書の場合

履歴書の中で志望動機の占める割合は大きいのですが、職務経歴書に比べると文字数は圧倒的に少ない事に気が付きます。この限られた少ない文字数の中で志望の動機を書くにはポイントがあります。 履歴書での志望動機では、「書類選考を行う採用担当者の気を引くこと」が出来れば良いのです。では、どのようにして採用担当者の気を引くことが出来るのかを考えて見ましょう。

志望動機の構成

志望動機は、4個の文章で完結することがポイントです。志望動機では、仕事に対する熱意と自分という人柄が伝わるように作成することになりますので確認してください。②については、幼稚園教論になりたい自分を作り上げた人生経験を思い出して当てはめてください。 ①その仕事を愛する気持ち ②そう思うようになった経験談 ③経験談からの断言 ④結び文

面接時

このような段組みをすることで志望動機を文章で簡潔にまとめ上げることが出来るので、履歴書の読み手となる企業の採用担当者に固い意思をストレートに伝える事が出来るでしょう。 面接では履歴書に記入した内容について質問されたことは、相手に訴えかけるようにライブ感覚で心を込めた話し方をしましょう。面接で会話をしている時、相手の意思が見えなければその人に興味も湧きません。これが出来ていない人はたくさんいますので出来るだけでも他と差が付きます。群を抜いたアピールになるように話し方と、表情にも面接では注意しましょう。 志望動機を書くときにはどんな業種でもこの手法でまとめるととても書きやすいと感じられるので是非試してみてください。コツは経験談に数字を使う事で、数字を入れることでより話に説得力が付加されます。

幼稚園教諭の志望動機例文

では、実際に自分が幼稚園教論の求人に対して志望動機を書くときの例文をご紹介しますので、ご自身の場合に置き換えて作成してみてください。

公立の幼稚園教論に応募の場合

公立の場合には、自治体での採用試験になるので公務員試験と同じ面接官が最終的には判定することが想像されます。その地域の公務員試験を受けた知人に面接時の話を聞くことも参考になるでしょう。公務員として採用試験を通る心構えで面接に臨むことも大切です。 公立幼稚園教論の場合には、志望動機の文面から言葉遣いや清楚な印象を伝えられる単語の選択にも注意が必要です。また、トラブルを特に嫌う公立だからこそ保護者への気配りが出来るかどうかも判断基準にされるので柔軟な人柄を記載する様にしましょう。 「公立幼稚園教論志望動機例文」 私は、子供の元気で純朴な部分を大切に出来る教論になる事が夢でした。幼稚園の年少組だった頃の話です。6人位いる友達の輪の中で遊びたいのに入れず苦痛だったのですが、担任の先生が何にも言わずに手を握って一緒にその中に連れて行ってくれたのです。私が皆と順応出来た頃を見計らってその場を離れた担任の心遣いが嬉しかった事は今でも忘れられません。私は、あの時の担任の様に友達や父兄へ取るべき立ち居振る舞いが自然に出来る、優しさと辛抱強さを兼ね備えた幼稚園教論になりたいので応募致しました。」

私立の幼稚園教論に応募の場合

私立の場合には、一般企業の採用試験と同様に捉えることが出来ます。公立と違うのは、経営者がいることです。私立の幼稚園が持つ、企業理念や教育方針を事前に書面やホームページで確認をすることが必要であるということになります。 実習生を取り入れる企業も存在することから、転職での応募の場合には特技や経験などで採用担当が面白味を感じることが出来る内容にして自分の技術の高さをアピールしましょう。 「私立幼稚園教論志望動機例文」 私は、ピアノを弾きながら歌うことが好きです。幼稚園の頃から3年間英語の音楽教室で先生と一緒に歌を歌っていたときが人生の中で一番楽しかった思い出です。教室の先生はピアノがとても上手で、歌以外の時間にもクラシックの名曲を弾いて皆に聞かせてくれました。英語の教室の先生という枠を飛び越えてまるで音楽家のようで眩しかったのです。私も、身近にクラシックピアノを感じてもらうことで園児達になりたい自分を見出してもらえるような憧れの先生になりたいので応募致しました。」

新卒で幼稚園教論に応募の場合

新卒の場合には、対象によって志望動機を書き分けることはさほど必要はないと考えられます。新卒は、同じ教育という場所である学校で学んできたことを一番最近の事としての経験があるので学校や教育についても敏感であることが窺がえるからです。 新卒の武器である若さや新しい発想を面接でもPR出来るように志望動機ではその触りの部分を書き出しておくと良いでしょう。新卒は特に文章がかしこまり過ぎない様に注意しましょう。 「新卒幼稚園教論志望動機例文」 私は、学校へ行くことが好きです。小学校や中学校では地元の友達が多かったことも、初めは幼稚園で出会ったことがきっかけだったので幼稚園で楽しい思い出をたくさん作ってくれた先生や周りの友達に感謝しています。もし幼稚園で楽しい時間を過ごせなかったとしたら、今の自分の人格が違ったかもしれません。幼稚園は明るく楽しく穏やかな場所であってほしいと思っています。私が感じた喜びを園児たちにも伝えたいので、幼稚園教論の道を選んで学び進学して参りました。私が感じているように、大きくなっても幼稚園が楽しかったから今があると言ってもらえるような幼稚園づくりの一員になりたいと考え応募致しました。」

再就職・転職で幼稚園教論に応募の場合

再就職や転職の場合では、離職理由が悪く想像されないような文章に仕上げることがポイントです。マイナスイメージを招くような単語は使用しないように気を付けましょう。 再就職や転職何度も仕事を変えそうな悪いイメージを与えないようにすることと、向上心を志望動機でアピールするべきです。幼稚園教論にどうして携わり続けたいのかの意思をはっきりと表明する様にします。仕事が続かない人はコミュニケーションにも問題があると決めつけられないように「一」という唯一を連想させる事がコツです。数での表現で一途でポジティブな印象を植え付けましょう。 「私は、幼稚園教論には温かい心を持った人が多いのでいつも元気を感じるこの仕事とこの職場が好きです。初めに幼稚園教論になりたかったのは幼稚園時代からの親友がなりたいといったことがきっかけです。思い出話はいつも幼稚園での出来事です。どんなに長く一緒にいても思い出は鮮明で輝いています。幼稚園での仕事では園児の行動を先回りした考えや企画が必要で思いやりの溢れる職場には私自身幸福も感じます。人を思いやることが当たり前に出来て自分が一番自然で人間らしくいられる幼稚園教論を一生続けていきたいので応募致しました。」

幼稚園教諭の志望動機で見られるポイント

最後に志望動機で採用担当者が履歴書から見るポイントをおさえておきましょう。企業によりけり業種の特色は違っても、人柄を伝えるべき部分であることを意識しましょう。

幼稚園教論志望動機でのポイント

志望動機について幼稚園教論応募の際のポイントをまとめます。 ・公立の場合には、公務員であることを意識した単語の選択や面接時の清潔感にも気を付けましょう。また、父兄とのトラブル回避の為柔軟性をアピールしましょう。 ・私立の場合には、一般企業の採用試験と同様に考えましょう。好きである事が特技を活かして行動できる様子を想像できるような文章しましょう。 ・新卒の場合には、幼稚園は教育の始まりである教師としての心構えや成りたいことを成し遂げるためにしてきた努力などを文章で示しましょう。 ・再就職と転職の場合には同じ部分があります。それは何らかの理由で職を変えたという部分です。 この認識をポジティブに導けるように向上心や継続性が考えられるよう「一途」を連想させる漢字を使用した単語の表現で作成しましょう。 転職の場合には異業種からの転職の場合と、同業種からの場合のどちらでも「幼稚園教論になりたい気持ち」は変わりません。再就職と転職の際には採用になってからも長く続けたいという決意を気持ちを込めて書くようにしましょう。以上例文を参考にしたり、今までの自分を思い返したりしながら志望動機を書きましょう。志望動機は、①気持ち②経験談③決意④結びの4個で作成していきましょう。

しっかりとした志望動機で幼稚園教論に転職しましょう!

いかがでしたでしょうか。今回は幼稚園教論の志望動機の書き方についてご紹介してきました。今回の記事の内容をしっかりと理解して、幼稚園教論への転職を成功させましょう。今回の記事が読者の皆様のお役に少しでも立てれば幸いです。

志望動機が内定へのカギ

この応募者、スキルは高いが、志望動機が弱いからすぐに辞めそう」 転職時の採用担当者にとって志望動機は「採用するかしないか」の最後のひと押し。志望動機がしっかりしているかどうかで、合否が大きく変わってきます。 各企業の欲しい人材像に合わせて、自分の持っている動機を合わせるには、企業の文化や採用時の癖を知ることが重要です。そのようなネットでは手に入らない情報を持っているのが「転職エージェント」。転職エージェントは、志望動機や職務経歴書など、各企業へのアピールポイントを教えてくれます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング