IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「リカレント」の評判/特徴/料金|学習形式や取得可能なスキルとは

更新日:2020年11月04日

プログラミング学習

自分の好きな仕事やスキルを身につけたいなら、リカレントがです。インテリアコーディネートやWEBデザイン、キャリアコンサルタントなど幅広く学べます。リカレントの特徴から料金やコース、気になる口コミなど、チェックしておきたい情報をまとめました。

「リカレント」の評判

リカレントの特徴

リカレントは開校30年以上の実績と確かなノウハウを持つ専門学校の一つです。リカレントはインテリアコーディネートやインテリアCAD、照明デザイン、商空間デザイン、WEBデザイン、キャリアコンサルタント、EAPメンタルヘルスなど幅広いジャンルの知識やスキルを学ぶことができます。さらに資格も取得できるため、インテリア関係やWEB関係の資格を取得したい人にもです。 通常の専門学校とは違い、夜間・昼間・土日クラスなど多彩なクラススタイルがあるため、忙しい社会人の人でも無理なく通えるのが嬉しいポイントです。さらにリカレントには選ばれる理由である特徴がいくつかあります。その中から特に目をひく特徴をピックアップしてみました。

【特徴その1】少人数クラス担任制だから初心者でも安心 リカレントは少人数クラス担任制スタイルをとっているため、初心者でも安心して学べるような授業を受けることができます。受講生の多くが完全な初心者であるため、講師がしっかりとした初心者のためのサポートを充実させています。 リカレントの強みは初心者に易しいことはもちろんですが、受講開始から受講中、資格試験対策、就職準備などもしっかりと卒業まで初心者であっても、経験者であっても的確なアドバイスとサポートを行ってくれるでしょう。

【特徴その2】講師は教育のプロフェッショナルが担当してくれる リカレントは講師には最もこだわりを持っており、各分野の優れた専門知識やスキルはもちろんのこと、受講生に対してのコミュニケーションがしっかりとできる講師を厳選しています。また、受講生のスキルを見極め、的確な指導ができることもリカレントでは考えられています。 リカレントでは講師に「全ての受講生をプロに導く」という情熱を大切にするよう心がけているところがあるため、他のスクールと比べると講師のやる気というものが感じられることでしょう。

【特徴その3】資格試験は合格保証制度があるから万が一落ちても安心 リカレントには合格保証制度の付いた資格試験対策コースがいくつかあります。この合格保証制度がついたコースを受講していて、万が一試験に落ちてしまった場合は、合格保証制度に記載された期日までに開講されるコースの受講料を免除してくれます。しかし、安心だからといって軽い気持ちで試験を受けては合格できるものもできなくなってしまいます。受験時は心にゆとりをもって臨みましょう。

リカレントの学習形式

リカレントの学習形式は基本的にリアルスクールスタイルです。各教室に通い、全過程を学習することになります。クラスは、昼間を始めとしていますが、忙しい社会人のために夜間や土日クラスも用意されています。勉強方法は、講義に加えて、企画、プレゼンなどの現場的な実践の授業もありますので、ただテキストを読み授業を受けるだけの学習形式ではありません。

料金

リカレントには全部で9つのジャンルがあります。コースごとに料金や内容は異なってきますので、無理をせず素直に自分のスキルや興味に合うコースを選ぶことが大切です。各コースの料金をそれぞれ公式サイトからピックアップしてみましたので、参考にしてみてください。

インテリア関係のコースと料金

【インテリアコーディネーター資格合格保証コース】 料金:278,000円(税抜)/教材費:20,000円(税抜) 受講回数:90時間(回数:36回)

【デジタルインテリアコーディネーターコース】 料金:448,000円(税抜)/教材費:30,000円(税抜) 受講回数:140時間(回数:56回)

【インテリアCADデザイナー養成コース】 料金:298,000円(税抜)/教材費:20,000円(税抜) 受講回数:90時間(回数36回)

WebやDTP、プログラム関係のコースと料金

【Webサイト制作プロ養成コース】 料金:278,000円(税抜)/教材費:20,000円(税抜) 受講回数:90時間(回数36回)

【Webデザイナー+PHPプログラミングコース】 料金:518,000円(税抜)/教材費:26,000円(税抜) 受講回数:165時間(回数66回)

キャリア関係のコースと料金

初回公開日:2017年06月06日

記載されている内容は2017年06月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング