IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

オーディオプレーヤー|Android型/ソフト/アプリの紹介

更新日:2020年08月28日

ガジェット

これからの暑い季節、外に出かけたりすることも多くなるかと思います。そんなシーズンのお供にしたいのがのがオーディオプレーヤー。商品も多様化するな時代にどんなオーディオプレーヤーがあるのでしょうか?今回はオーディオプレーヤーを紹介していきます。

便利な「amazon」商品

今ではネットショッピングが購買手段の一つとして主流なものになってきています。時間の効率や店舗で選ぶより幅広い品ぞろえ、そんな利点を考慮して利用する方も多いのではないでしょうか。今回紹介するオーディオプレーヤーはAmazonで販売されている商品に絞って紹介していきたいと思います。

アンドロイド型オーディオプレーヤー

ハイレゾ対応のAndroid搭載オーディオプレーヤー「AR-M20」

AR-M20」とはアメリカAcoustic Research製の薄型軽量のハイレゾ対応ポータブルプレーヤーです。Android 4.3をベースにし、音楽再生アプリ「AR Music Player」で正確な音を再現しています。また5インチ(解像度720×1280ドット)のディスプレイやクアッドコアプロセッサ、32Gの内蔵ストレージなどのスペックはスマホと同等レベルで安心の高品質となっています。 特徴的な機能として、ファイルエクスプローラーや時計、ブラウザーなどのアプリが用意されていて、APKファイルを用意してアプリの追加も可能となっています。(Google Playは使用不可)。 音質面では最大32bit/384kHzまでのハイレゾ音源の再生をサポート可能となっています。

「AR-M20」 主なスペック

• ディスプレイ 5 インチ HD 画質(720×1280) • OS Android OS 4.3 • 再生アプリ AR Music Player • メディアプロセッサー Qualcomm 社 Snapdragon 400 MSM8926 ×1基 • CPU Quad Core Cortex–A7 • DAC Burr-Brown PCM5242 ×1基 • クロック 44.1kHz 系(44.1/88.2/176.4kHz)専用クロック ×1 基 48kHz 系(48/96/192kHz)専用クロック ×1 基 • ヘッドホンアンプ Texas Instruments TPA6120A2 ×1基 • ボリューム デジタルボリューム 150 ステップ(0.5dB/step) • 内蔵メモリー 32GB • 外部デバイス micro SDXC スロット搭載(最大 200GB) • 拡張スロット USB-OTG ストレージ対応:FAT32、exFAT(プレーヤーからの出力:5V 100mA) • USB 接続 micro B(充電、データ転送、USB-OTG 機器接続) • Output ヘッドホン出力のみ(3.5mm ステレオ標準ミニプラグ) • 出力電圧 2.1V アンバランス接続 • Output S/N 114dB • Wi-Fi 802.11 b/g/n • ヘッドホン出力 16Ω:228+228mW 32Ω:130+130mW 300Ω:15+15mW • 出力部の周波数特性 20Hz – 20kHz (サンプリング周波数:44.1kHz~48kHz) 20Hz – 40kHz (サンプリング周波数:88.2kHz~96kHz) 20Hz – 80kHz (サンプリング周波数:176.4kHz~) • PC 接続の対応 OS Windows 7、8、10 Mac OS X 10.6 以上 • バッテリー 3,150mAH • バッテリー充電時間 4 時間(フルチャージ) • 再生時間 最長 16(13~16)時間 ※24bit/96kHz の FLAC ファイル再生時。使用環境により異なります。 • THD+N 特性 (全高調波歪み率+雑音) 0.001%

スマートフォンに近い!「COWON D3 plenue」

株式会社コウォンジャパンが満を持して発売したのは、「COWON D3 plenue」(コウォンD3プレニュー)です。アンドロイド端末対応となっていますがアンドロイド搭載といえばスマートフォンをイメージします。しかし、この商品はあくまでも音楽専用の端末、見た目はほとんどスマートフォンですが、大きな特徴は、フルハイビジョン映像を楽しめる点です。 アンドロイドだからこそ可能な、どんな音楽のジャンルも、自分好みの音に変えられる39種類の高音質化技術を採用しています。Wi-Fiでインターネットも可能となっているほか、音楽プレーヤーに欠かせないイヤホン不要のBluetooth機能、大容量のファイルも使用可能な外部メモリ(micro SDカード)対応です。 注意点として、この端末にはD3-8G-BK、D3-8G-PP、D3-16G-BK、D3-32G-PPがあります。それぞれ比較検討してから購入する必要があります。

ハイレゾプレーヤー「FiiO X5 3rd 」

オヤイデ電気から発売されているのは、Android OSを搭載したオーディオプレーヤー「FiiO X5 3rd generation」です。新モデルはOSにAndroid5.1を搭載し、サードパーティー製の音楽再生アプリが利用可能となっています。 またアプリを利用してストリーミング音楽も快適に楽しめ、利便性が向上しています。 音質も前モデルから良くなっており、旭化成エレクトロニクス製のDAC「AKMAK4490EN」に加え、2つのクリスタル・オシレーターを搭載し、原音に近い音質を再現しています。 搭載されている「Pure Music」モード機能を利用すれば、よりクオリティの高い音質で音楽が楽しめます。 充電部分では、Android OS採用でバッテリーの省電力性がアップして、約10時間連続して再生できるほか、急速充電にも対応しています。 Android OSを搭載したクオリティの高いオーディオプレーヤーを探している人にしたい商品となっています。

「FiiO X5 3rd generation」主なスペック

対応フォーマット(ハイレゾ) • DSD: ネイティブ最大5.6M (".dsf"/".dff"/".iso") • DXD: 352.8KHz • AIFF: max 24Bit/384KHz • FLAC: max 24Bit/384KHz • WAV: max 32Bit/384KHz • ALAC: max 24Bit/384KHz • WMA: max 24Bit/96KHz • APE Fast/Normal/High: max 24Bit/384KHz • APE ExHigh: max 24Bit/192KHz • APE Insane: max 24Bit/48KHz 対応フォーマット(16bit以下のみ) • MP3/MP2/AAC/WMA/OGG/etc… • 出力① >480mW(16Ω) / >250mW(32Ω) / >28mW(300Ω) • 出力② >400mW(16Ω) / >240mW(32Ω) / >26mW(300Ω) チップ構成 • SoC: RK3188 • DAC: AK4490EN x 2 • LPF: OPA1642 x 2 • OPamp: カスタムOPA426 x 2

ハイレゾ再生対応 音が揺れる?!オンキヨーの「GRANBEAT DP-CMX1」

老舗オンキヨー&パイオニアイノベーションズからはハイレゾ再生対応のAndroid6.0スマホ「GRANBEAT DP-CMX1」が発売されています。 こちらはスマートフォンで世界初のヘッドフォン用フルバランス駆動回路とバランス出力(2.5mm/4極)を搭載しています。 特筆すべきは、ESS製DAC「ES9018C2M」やアンプ「9601K」、ノイズを防ぐ「シールド技術」採用、またヘッドフォンでもハイレゾ再生が聴ける3.5 mm 4極(マイクリモコン対応)ヘッドホン出力端子(2.5 mm 4極出力端子など)など、こだわり抜いた設計で、最高のサウンドライフが存分に楽しめるでしょう。 また、スマートフォンとしてもヘキサコアCPU、3GB RAM、解像度1920 x 1080の IPS液晶を備えるなどハイスペックな出来で、SIMフリーなので、格安SIMを利用することも可能だ。 スマートフォンでこだわり抜いた上質な音を聴きたいと考えている人にです。

初回公開日:2017年06月26日

記載されている内容は2017年06月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング