IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

看護師が転職の際に抱える悩み・ストレス|即日退職する方法

転職の悩み・不安

看護師の仕事はストレスや人間関係などいろいろあるので、悩んで転職を希望する人もいます。しかし実際には看護師不足の現状なので、簡単には転職できないことも悩みの種です。そこで看護師が転職する時に抱える悩みについて紹介します。

更新日時:

看護師が転職する際に抱える悩みとは?

看護師が転職する時の悩みとして、一般職の仕事と同じように簡単に転職できるような仕事ではありません。看護師になるまでには相当な努力と勉強をして、ようやく看護師になったのですから、簡単に辞めるのは非常に勿体ないです。 また看護師はその仕事の性質上非常に貴重な存在となっています。看護師不足が指摘されている地域もあるほど、看護師の存在はとても貴重となっています。看護師が転職する時は仕事内容が嫌で辞めるというよりも、ストレスや人間関係の悩みで辞めるケースが多いです。そこで看護師が転職する際に抱える悩みとは、どのようなものがあるのでしょうか。

転職すれば悩みが解決するか分からない

看護師が転職する時の悩みとしては、転職したからといって悩みが解決できるとは限らないということです。職場での人間関係に悩んでいたとしても、結局はどんな職場でも人間関係に悩むことはあります。看護師の仕事から転職したからといって、解決できる問題ではないと言えるでしょう。 仕事内容に関して不満があって転職をしたいと悩んでいたとしても、どんな仕事をしても悩みはつきものなので、結局は同じことの繰り返しになる恐れもあります。看護師の仕事はやりがいのある仕事なので、結局同じような悩みを抱えるならやりがいのある看護師の仕事をしていた方がいいと思えます。 看護師の仕事柄様々な悩みや苦労がありますが、転職して解決できる悩みとは限らないのが悩みと言ってもいいでしょう。そのため苦労してなった看護師の仕事を辞めてもいいのか、悩むことになります。

転職後の人間関係に不安や悩みを抱いている

看護師の仕事をしていると、一般の仕事よりも責任ある仕事をすることが多いです。特に命に関わる仕事に携わっているので、相手を気遣うよりも患者さんを助けることに集中することも多いです。その結果看護師として働いていると、中途半端な考えや行動ができないので、気が強い性格になってしまいます。 転職後の人間関係として、気の強い自分が他の人と上手くやっていけるかは悩みのポイントと言えます。看護師の責任ある仕事から一般的な仕事をした時に、自分がうまくみんなとなじめるかが気がかりなので、転職することを悩んでしまうのです。

看護師として即戦力を求められる

看護師が転職で抱える悩みとしては、看護師の仕事が役立つ業界へ転職すると、必ず即戦力としてのスキルを求められることが悩みです。看護師としての知識や経験は他の仕事でも大いに役立つことができますが、自分が看護師としてのスキルをすべて学んでいる訳ではないので、あまり期待され過ぎるとプレッシャーに感じます。 熟練の看護師さんならばスキルや知識が豊富ですが、ただ看護師として働いていたというだけで、看護師の仕事が何でもできたと思われるので過大評価されてしまいます。期待されるほどプレッシャーも強く悩みの種となります。転職したことによって転職前の悩みが解決されたとしても、すぐに新たな悩みができてしまうので転職したことを後悔してしまうかもしれません。 看護師としてのスキルを活かした仕事に就くことによって、自分のキャリアを活かす転職は素晴らしいことです。しかし看護師の仕事をしていたというだけで周りからの評価やプレッシャーが気になるので、転職すること自体が悩みとなってしまうのです。

収入減による生活への悩み

看護師の仕事は厳しい環境で大変な仕事のため、それなりに高い給料をもらっています。実際に働いている看護師からすると、仕事に見合っていない給料だと思うかもしれませんが、一般的な女性の仕事と比べると、手当なども含めるとかなり良い給料となっています。 そのため看護師の仕事から転職をすることによって、かなりの収入ダウンは悩みのひとつとなります。元々看護師になるきっかけとしては、給料よりも仕事のやりがいや人を救いたいという気持ちから看護師になった人が多いです。そのため仕事を頑張ったことによって、後から給料がついてきたと言ってもいいでしょう。 夜勤手当などの各種手当がつくことによって、給料も高くなっています。これが一般職に転職してしまうと、確実に手当てを支給してくれる会社は少ないと思って間違いありません。転職することで収入ダウンになるのは、生活にも直結することなので悩みの種となるでしょう。収入減による生活への影響の悩みは、看護師の仕事から転職する時に考えてしまいます。

看護師が人間関係でストレスを感じる要因とは?

看護師が職場で感じるストレスの中には、人間関係によるストレスも多いです。仕事中では患者さんに優しく接することが大切なので、どんなに忙しく大変でも患者さんに対する態度は丁寧に接しなければなりません。 人間なので機嫌が悪い時もあれば疲れていることもありますが、どんな時にも患者さんの前では看護師としての自覚を忘れてはいけません。そのため人間関係の悩みがストレスとなってしまうことも多いでしょう。看護師が人間関係で悩みを感じる要因に就いて紹介します。

女性ばかりの職場環境が悩みでストレスになる

女性同士が集まれば仲良く仕事ができるイメージもありますが、女性同士だからこそいろいろな問題や悩みも出てきます。女性が集まればそこには嫉妬や妬みといった感情も起こるので、例え仕事中でも女性同士が集まる職場ではストレスが多くなります。 看護師の仕事はストレスが多いのが悩みなので、転職したいと思わなくても大変な職場だということは想像できます。男性がいれば例え仕事中でも男性を意識することもありますが、周りに男性が少ないので意識することなく仕事に集中することができます。看護師の仕事は集中力は大切ことなので、男性が身近に少ないという環境は重要なことです。 そのため男性がいる時にちょっとでも意識するような態度をとっているのが感じられると、攻撃されることも多くなります。特に若い男性医師に色目を使ったり、患者さんに対しての態度など、見ていないようでしっかりとチェックしていることが多いです。 女性ばかりの職場では女性特有の悩みや弱音を吐くことはできません。生理がきても仕事に支障が無いようにするのが当然ですし、誰にも心配してもらえません。女性ならば誰もが経験しているからこそ、弱音を吐くことができません。他の職業や男性が上司ならば、気を遣って仕事を少なくしてくれることもありますが、女性ばかりの看護師の職場では仕事が少なくなることはないので、ストレスに感じます。

上下関係が悩みの種

職場で感じるストレスとしては、一般的な会社と同じく上下関係によるストレスの悩みが多くあります。女性の多くは縦よりも横の繋がりを大事にしている人も多いので、上下関係のトラブルはそれほど感じない人が多いです。しかし看護師の職場では女性ばかりなので、上下と横の繋がりがすべて重要になってきます。 特に看護師一人ひとりの責任感が重要な仕事が多いので、信頼関係を結んでおかなければなりません。上の立場の人も他の女性と同じく嫉妬心や妬みの心を持つこともあるので、女性ばかりの職場では上からのプレッシャーに対してストレスを感じるのが悩みのひとつです。

患者さんの前では常に冷静にいることがストレスに感じる

看護師の仕事は命を救うことや重要な仕事が多くありますが、患者さんの前では信頼できる頼れる存在でいなければなりません。不安な気持ちを持って病院に来る患者さんに対して、一番身近に接するのが看護師です。看護師の仕事のひとつに患者さんへの対応があるので、どんな時でも冷静に対応しなければなりません。 看護師として冷静に対応するのは当然だと思うのは患者さんの立場だからであって、看護師の仕事はやった人でしか分からないほど大変な仕事でもあります。大変な状況でも常に冷静さを保ち、患者さんに寄り添える存在でいなければいけないので、時にはストレスになることもあります。疲れやストレスから患者さんの前で辛い表情を出すことのないように、看護師は気を配って仕事をしています。 冷静さを保つことはかなりストレスがかかりますし、看護師は仕事やプライベートでも悩みがあるでしょう。一般的な仕事をしている人でも、時にはイライラしたりストレスを感じることも多いですが、看護師は患者さんの前ではイライラした姿を見せることはできないので、ストレスや悩みが多くても顔に出せないことがさらにストレスとなります。

患者さんとの関係性で悩むこともある

看護師は患者さんに寄り添うことが大切だと言いますが、看護師の仕事は激務と言っても過言ではありません。そのため一人の患者さんに対して対応できる時間も限られているので、いかに効果的に対応するかが問われます。 患者さんとの関係性や距離感は、看護師にとっても悩みのひとつとなります。病気で入院している患者さんなら寄り添って対応できますが、他にも重傷者や重い病気を抱えている患者さんもいます。一人ひとり違った症状の患者さんに対して、どうやって向き合えばいいのか悩みも絶えません。患者さんとどうやって向きあえばいいか悩むことでストレスを感じます。

同じ立場の人が多いので悩みを打ち明けられない

看護時の職場は女性同士の職場でもあるので、悩みを打ち明けらる相手がいないことが多いです。女性同士一緒につるむことはありますが、看護師の仕事ではつるんで作業することはありません。割り当てられた自分の仕事を確実にこなしていくことが仕事なので、つるむ暇も時間もないからです。 悩みを打ち明けられる時間もなければ、一緒につるむ相手がいないので、職場の仲間と言えどもなかなか話をする機会を作ることも難しいです。女性同士だからこそ甘えた悩み相談ができないというのも、同じ女性同士で働く環境ではストレスとなってしまいます。 女性は女性に厳しくなるのは当然で、お互い様なので厳しくされても文句を言うこともできないでしょう。看護師は気が強くなければやっていけないという人も多く、負けず嫌いな性格なので悩みや弱音を打ち明けることもなく、ただひたすら耐えて仕事を頑張っている人も多いです。同じ立場や環境で働く女性が多い職場なので、自分の弱音や悩みを相談しにくいことは、だんだんとストレスが溜まる要因ともなります。

看護時の仕事によるストレスとは?

看護師の仕事は命に関わる仕事なので大変ですが、大変な仕事はどの仕事でも同じです。患者さんの命に向き合ったり、病気の患者さんに寄り添うのも看護師の仕事なので、時には無力に感じることもあるでしょう。しかし少しでも多くの命を救いたいという思いを胸に、常に全力で患者さんと向き合って仕事をしています。そんな看護師が仕事での悩みやストレスに感じることとは、どのようなことが多いのでしょうか。

給料に不満があるので転職したい

看護師の仕事での不満としては、仕事内容に対して見合った収入ではないので転職したいという悩みやストレスもあります。仕事の性質上命に関わる仕事なので、毎日神経をすり減らしながらも集中して仕事をしてます。責任ある仕事をしているので、肉体的な疲労だけではなく精神的にも厳しい仕事と言えるでしょう。 そんな看護師の仕事で得られる収入は、一般的な女性会社員と比べても少し高い収入に落ち着きます。理由としては仕事が命に関わる重要な仕事内容だということと、夜勤などの不規則な仕事時間に対して、手当てが支給されることが収入にも大きく影響しています。 収入的には決して低くはない給料をもらっていますが、仕事内容と比べると安い収入だと思っている看護師も多くいます。また収入は今のままでもいいので、仕事の態勢を変えたり休みを増やしてほしいという人もいるでしょう。仕事の悩みとして収入に関することが出てくると、生活に直結するので転職を希望する人も出てきます。ただ仕事柄簡単には転職できない仕事のひとつなので、仕事に対する悩みも尽きません。

仕事がきつすぎて転職したい

仕事のストレスが原因で転職したいと悩むことはありますが、仕事がきつすぎることが看護師にとっても転職したいと思う悩みのひとつです。肉体的な仕事の辛さもありますが、命や病気に関わる仕事なので精神的も厳しい時があります。看護師の仕事をする前から覚悟をしているとはいえ、実際に働き続けることで肉体と精神との両方が疲弊してしまいます。 看護師は人員不足も懸念されているので、一人が行う仕事量も多いのがストレスの要員のひとつでもあります。仕事が辛いという悩みもありますが、看護師が少ないので簡単に転職できないという責任感を抱いている人もいるでしょう。責任感が強い看護師だからこその悩みでもありますが、仕事が忙しくて悩んでいる時間もありません。

精神的に厳しい仕事内容

看護師の仕事でのストレスで大きいのが、精神的なストレスによる悩みです。仕事とはいえ命のやり取りの現場で働いたり、病気の患者さんと向き合うのは精神的にタフでなければなりません。看護師だから大丈夫だというのではなく、常に気を張って集中しているからこそ、看護師としての仕事をこなすことができるのです。 肉体的なストレスならば休めば回復できますが、精神的なストレスはなかなか悩みが解決できないので、転職したいと思うこともあります。それでも看護師として続けられるのは、強い精神力があるからこそなので、毎日精神的なストレスを受けながらも、必死で仕事に取り組んでいるのです。

生活が不規則になるので将来に悩みを抱いてしまう

将来のことを考えるとできれば安定した生活をしたいと思うこともありますが、看護師の仕事は昼夜不規則な生活にのなりやすいですし、仕事自体が大変なので将来的な生活にも悩みを持つことになります。 仕事で激務が続けばいつまで頑張ればいいのかと思ってしまいますが、看護師の仕事は休まる日はありません。そのため肉体的、精神的に充実している時ならばいいのですが、ストレスなどによって精神的に追い詰められている時は、将来に対して不安を抱いてしまうこともあります。不規則な生活によって悩みも多くなりやすいので、看護師の仕事自体がストレスを受けやすい仕事なので大変です。

合法的に看護師を即日退職する方法

もしも看護師の仕事を辞めたいと思った時に、合法的に即日退職する方法はあるのでしょうか。辞めて転職をしたいと思った時は精神的にも辛いことが多いので、看護師の仕事を続けるのも大変です。退職日を1か月後としてもそれまで看護師の仕事を続けられるような精神力や体力が、残っているとは限りません。 看護師の仕事は責任感のある仕事ですし人でも足りないで、なかなか簡単に辞めることはできません。無責任に辞めることはできますが、看護師としてしてはいけないことです。そこで合法的に看護師を即日退職する方法について紹介します。

あくまで法律上の合法的な即日退職するための方法

法律を上手く駆使して即日退職することができますが、あくまでも法律上の問題であって、実際に即日辞められてしまうと現場の人が困ってしまいます。現場が困れば患者さんに影響が出てしまうので、責任感の強い看護師ならばなかなか難しい選択と言えるでしょう。 あくまでも法律上で問題がないということなので、実際には即日退職されると困る人がいることを考えることも必要です。

有給休暇を利用する

一般的に会社を退職したいと思った時は、退職日の1カ月前に退職する旨を伝えることが常識となっています。これは法律上では14日前に退職する旨を伝えればいいとなっているので、少し余裕を持って1カ月前に報告することがより望ましいでしょう。 看護師を即日退職したいと思った時は、この14日前に報告することを利用します。もちろんこれだけでは即時退職することはできませんが、看護師として働いている間に、有給休暇を消化していない可能性が高いです。そこで14日前に辞めることを報告し、残り14日間は有給休暇を消化する方法をとります。これで退職日までは有給休暇があるので出勤せずに、即日退職することができます。

看護師から転職して失敗する事例

看護師の仕事を辞めたいと悩み、いざ転職をすることになっても成功するとは限りません。転職先によっては看護師から転職して失敗したと思うケースも多くあります。そこで看護師から転職して失敗する事例について紹介します。

転職に焦って情報収集を怠ってしまった

転職に失敗する事例としては看護師の仕事をいち早く辞めたいと思い、転職先の情報収集を怠ってしまったケースです。転職する時に看護師の仕事が一番大変だと思っているので、どこに転職しても看護師の仕事よりはマシだと思う人も多くいます。しかし実際にはそれぞれの仕事の大変さは違うので、思っていた以上に自分にとって大変な仕事で失敗したと思うケースも少なくありません。

看護師の仕事よりもつらい仕事はないと思っていた

看護師の仕事は一般的な仕事に比べても特殊な仕事ではあるので、他の仕事に比べても大変だと思うことは多いです。実際に命を救う現場では大変なことも多く、ストレスを受けることも多々あります。そのため看護師の仕事が肉体的、精神的にも辛いと思うのは当然恩ことです。 そのため転職先は看護師の仕事よりも楽だと思って転職することが多いので、転職してからこんなはずではなかったと後悔することもあります。仕事内容だけではなく、サービス残業や拘束時間など、求人情報とは少し違う部分があるのは多くの会社で共通しています。思っていた働き方ができないことも多いので、転職に失敗したと感じてしまいます。

医療系に転職したが看護師の経験が通用しなかった

看護師の仕事をしていれば医療系の仕事ならば何とかなると思っていたのに、実際には看護師の経験が通用しない現場もあります。助産婦などの仕事は看護師の資格よりも助産婦の資格や経験が必要なので、仕事をすること自体ができないという状況もあります。看護師なので医療系に転職して失敗するケースもあるので、資格の有無や仕事内容をしっかりと把握することが大切です。

看護師なので即戦力の仕事内容を求められる

前職が看護師の仕事をしていたと言えば、看護師としての知識や経験があるので即戦力を求められることが多くなります。例え看護師の経験が浅くても即戦力の仕事を求められるので、転職先ではさらに大変な仕事をすることにもなりかねません。看護師だから何でもできると思われていしまうと、看護師の仕事を辞めた時同様にプレッシャーやストレスに押し潰されてしまうこともあります。 看護師の経験を活かした転職先を探してしまうと、看護師としての経験を活かした仕事を求められることが多くなるのは当然です。それを覚悟して看護師の経験を活かせる職場に転職することが大切です。自分が思っていたよりも即戦力としての能力を求められることになれば新しい仕事を覚えるだけでなく、看護師の経験を活さなければいけないというプレッシャーとの戦いになってしまいます。

看護師から転職して成功した事例

看護師の仕事から転職して、成功した事例もたくさんあります。上手く看護師の仕事を活かした仕事や、働き方を変えて精神的に満足するケースも多いです。そこで看護師から転職して成功した事例について紹介します。

介護職では看護師の仕事が役立った

転職して成功した事例としては、看護師から介護の仕事に転職した時に、看護師の経験や知識が役立つことが多いということです。介護職では年配の人と接するので、看護師の仕事同様に患者さんに接するのと同じようにできます。体調が悪ければ症状をすぐに把握し、適切な対応をとることができるのも、看護師としての経験が役立ちます。 介護職の現場は人手不足なども深刻ですが、万が一のことがあった時にとっさに行動ができる看護師の経験は重宝します。看護師の経験を活かしながら介護の仕事にやりがいを持つことができれば、転職して良かったと思うことができるでしょう。

給料面よりも待遇面を重視して仕事を選んだ

看護師の仕事は過酷な職場環境なので、手当などを含めてかなり良い給料をもらうこともあります。しかし多くの看護師は仕事内容に見合っていないと思っているかもしれませんし、人で不足によって一人でやる仕事量が多いのも現実です。そのため仕事が大変なことを理由に、転職したいという人も多くいます。 看護師から転職する時に給料ではなく働き方を重視して転職した人は、転職して良かったと思えるでしょう。看護師から転職すれば多くの場合が収入減になりますが、それでも自分の理想に近い働き方をすることができれば、転職が成功したと思えることも多いです。 看護師の仕事自体が給料目的でなる人はほとんどいませんが、転職して収入が減ってしまうことは嫌だと思う人も多いでしょう。しかし収入よりも働き方を重視して転職した人の方が、転職が成功したと思えることが多いです。

職場環境を重視して転職したので悩みもなく働けた

看護師の職場は女性が中心となっている職場なので、女性同士いろいろと嫌な部分があるのは事実です。しかし患者の命を救ったり病気の患者さんに寄り添うという崇高な仕事があるので、仕事に責任を持って集中することができます。それでも職場では女性同士による人間関係の嫉妬や妬みなどもあるので、職場環境が苦手で看護師から転職したいという人も多いでしょう。 転職する時に重視するのが職場環境という人は、転職後に楽しく仕事ができる環境になるので転職して良かったと思うことも多くなります。職場環境は働くまではなかなか分からないですし、働いてから自分に合う合わないと感じることも多いです。そのため女性ばかりの環境が苦手だという人が一般的な仕事に転職すると、女性が集まった時の特有の人間関係から解放されるので、良かったと思うことが多くなります。

働き方にこだわりを持つことができた

看護師の仕事は昼夜ローテーションで働くことが多く、そのため生活習慣が乱れやすいという特徴があります。できれば昼間の時間帯だけ働きたいという人も多いですが、自分なりの自由な選択肢として働らけるようになれば、転職して成功したと思うことができるでしょう。 こだわりのある働き方としては朝から夕方までの一般的な仕事に加え、残業がない働き方ができる仕事を選ぶことも、ひとつの方法です。また結婚していたり子供がいれば、あえて短い時間で働ける仕事を選ぶことも、自分なりの自由な選択肢として考えられる働き方でしょう。 有責任感や義務感があるからこそ重圧を感じてしまう、といった労働環境を考えるばかりではなく、自分が納得ができて、満足感を得られると思うやり方で働くことができれば、転職して成功したと思るのではないでしょうか。

自分に合った未来を切り開こう

看護師の仕事が大変なので転職をしたいと思っても、看護師になるまでが大変な道のりだったので、簡単に転職しようと思ってもなかなか思い切れないこともあるでしょう。人間関係や仕事のストレスはどの職場や仕事でも感じるものです。責任感が強い看護師だからこその悩みでもありますが、その分患者さんとの関わりや、やりがいを感じられる、他の職種に比べて収入面が優遇されている、といったプラス面もある職業です。 転職を決意するには相当な覚悟が必要となってきますが、自分がやりたいと思う仕事をすることが結果的に、自分にとって一番良い方法ではないでしょうか。悩みやストレスを解決するために最善な方法を考えましょう。

関連タグ

アクセスランキング