IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

看護師が転職の際に抱える悩み・ストレス|即日退職する方法

更新日:2021年08月02日

転職の悩み・不安

看護師の仕事はストレスや人間関係などいろいろあるので、悩んで転職を希望する人もいます。しかし実際には看護師不足の現状なので、簡単には転職できないことも悩みの種です。そこで看護師が転職する時に抱える悩みについて紹介します。

看護師が転職する際に抱える悩みとは?

看護師が転職する時の悩みとして、一般職の仕事と同じように簡単に転職できるような仕事ではありません。看護師になるまでには相当な努力と勉強をして、ようやく看護師になったのですから、簡単に辞めるのは非常に勿体ないです。 また看護師はその仕事の性質上非常に貴重な存在となっています。看護師不足が指摘されている地域もあるほど、看護師の存在はとても貴重となっています。看護師が転職する時は仕事内容が嫌で辞めるというよりも、ストレスや人間関係の悩みで辞めるケースが多いです。(参考:看護師転職)そこで看護師が転職する際に抱える悩みとは、どのようなものがあるのでしょうか。

転職すれば悩みが解決するか分からない

看護師が転職する時の悩みとしては、転職したからといって悩みが解決できるとは限らないということです。職場での人間関係に悩んでいたとしても、結局はどんな職場でも人間関係に悩むことはあります。看護師の仕事から転職したからといって、解決できる問題ではないと言えるでしょう。 仕事内容に関して不満があって転職をしたいと悩んでいたとしても、どんな仕事をしても悩みはつきものなので、結局は同じことの繰り返しになる恐れもあります。看護師の仕事はやりがいのある仕事なので、結局同じような悩みを抱えるならやりがいのある看護師の仕事をしていた方がいいと思えます。 看護師の仕事柄様々な悩みや苦労がありますが、転職して解決できる悩みとは限らないのが悩みと言ってもいいでしょう。そのため苦労してなった看護師の仕事を辞めてもいいのか、悩むことになります。

転職後の人間関係に不安や悩みを抱いている

看護師の仕事をしていると、一般の仕事よりも責任ある仕事をすることが多いです。特に命に関わる仕事に携わっているので、相手を気遣うよりも患者さんを助けることに集中することも多いです。その結果看護師として働いていると、中途半端な考えや行動ができないので、気が強い性格になってしまいます。 転職後の人間関係として、気の強い自分が他の人と上手くやっていけるかは悩みのポイントと言えます。看護師の責任ある仕事から一般的な仕事をした時に、自分がうまくみんなとなじめるかが気がかりなので、転職することを悩んでしまうのです。

看護師として即戦力を求められる

看護師が転職で抱える悩みとしては、看護師の仕事が役立つ業界へ転職すると、必ず即戦力としてのスキルを求められることが悩みです。看護師としての知識や経験は他の仕事でも大いに役立つことができますが、自分が看護師としてのスキルをすべて学んでいる訳ではないので、あまり期待され過ぎるとプレッシャーに感じます。 熟練の看護師さんならばスキルや知識が豊富ですが、ただ看護師として働いていたというだけで、看護師の仕事が何でもできたと思われるので過大評価されてしまいます。期待されるほどプレッシャーも強く悩みの種となります。転職したことによって転職前の悩みが解決されたとしても、すぐに新たな悩みができてしまうので転職したことを後悔してしまうかもしれません。 看護師としてのスキルを活かした仕事に就くことによって、自分のキャリアを活かす転職は素晴らしいことです。しかし看護師の仕事をしていたというだけで周りからの評価やプレッシャーが気になるので、転職すること自体が悩みとなってしまうのです。

収入減による生活への悩み

看護師の仕事は厳しい環境で大変な仕事のため、それなりに高い給料をもらっています。実際に働いている看護師からすると、仕事に見合っていない給料だと思うかもしれませんが、一般的な女性の仕事と比べると、手当なども含めるとかなり良い給料となっています。 そのため看護師の仕事から転職をすることによって、かなりの収入ダウンは悩みのひとつとなります。元々看護師になるきっかけとしては、給料よりも仕事のやりがいや人を救いたいという気持ちから看護師になった人が多いです。そのため仕事を頑張ったことによって、後から給料がついてきたと言ってもいいでしょう。 夜勤手当などの各種手当がつくことによって、給料も高くなっています。これが一般職に転職してしまうと、確実に手当てを支給してくれる会社は少ないと思って間違いありません。転職することで収入ダウンになるのは、生活にも直結することなので悩みの種となるでしょう。収入減による生活への影響の悩みは、看護師の仕事から転職する時に考えてしまいます。

看護師が人間関係でストレスを感じる要因とは?

看護師が職場で感じるストレスの中には、人間関係によるストレスも多いです。仕事中では患者さんに優しく接することが大切なので、どんなに忙しく大変でも患者さんに対する態度は丁寧に接しなければなりません。 人間なので機嫌が悪い時もあれば疲れていることもありますが、どんな時にも患者さんの前では看護師としての自覚を忘れてはいけません。そのため人間関係の悩みがストレスとなってしまうことも多いでしょう。看護師が人間関係で悩みを感じる要因に就いて紹介します。

女性ばかりの職場環境が悩みでストレスになる

女性同士が集まれば仲良く仕事ができるイメージもありますが、女性同士だからこそいろいろな問題や悩みも出てきます。女性が集まればそこには嫉妬や妬みといった感情も起こるので、例え仕事中でも女性同士が集まる職場ではストレスが多くなります。 看護師の仕事はストレスが多いのが悩みなので、転職したいと思わなくても大変な職場だということは想像できます。男性がいれば例え仕事中でも男性を意識することもありますが、周りに男性が少ないので意識することなく仕事に集中することができます。看護師の仕事は集中力は大切ことなので、男性が身近に少ないという環境は重要なことです。 そのため男性がいる時にちょっとでも意識するような態度をとっているのが感じられると、攻撃されることも多くなります。特に若い男性医師に色目を使ったり、患者さんに対しての態度など、見ていないようでしっかりとチェックしていることが多いです。 女性ばかりの職場では女性特有の悩みや弱音を吐くことはできません。生理がきても仕事に支障が無いようにするのが当然ですし、誰にも心配してもらえません。女性ならば誰もが経験しているからこそ、弱音を吐くことができません。他の職業や男性が上司ならば、気を遣って仕事を少なくしてくれることもありますが、女性ばかりの看護師の職場では仕事が少なくなることはないので、ストレスに感じます。

上下関係が悩みの種

職場で感じるストレスとしては、一般的な会社と同じく上下関係によるストレスの悩みが多くあります。女性の多くは縦よりも横の繋がりを大事にしている人も多いので、上下関係のトラブルはそれほど感じない人が多いです。しかし看護師の職場では女性ばかりなので、上下と横の繋がりがすべて重要になってきます。 特に看護師一人ひとりの責任感が重要な仕事が多いので、信頼関係を結んでおかなければなりません。上の立場の人も他の女性と同じく嫉妬心や妬みの心を持つこともあるので、女性ばかりの職場では上からのプレッシャーに対してストレスを感じるのが悩みのひとつです。

次のページ:看護時の仕事によるストレスとは?
初回公開日:2017年06月13日

記載されている内容は2017年06月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング