IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接で響くプレゼンの仕方・資料の作り方・テーマ選定方法

更新日:2020年08月14日

就活の面接

最近では就職面接の際に「プレゼンテーション」を取り入れている企業が増えてきています。そこで企業が面接での「プレゼンテーション」で一体何を見ているのか、またどのような資料や「プレゼンテーション」をしていけばいいのかをご紹介いたします。

面接だけでなく、プレゼンテーションをするときに大事なのは、細部を最初から話をするのではなく、最初に結論を伝えましょう。いわば「結論」→「理由」→「もう一度結論」という順番です。

具体的には、以下となります。 ■結論 「私は○○だと考えます」「○○は△△です」というように、全体の内容を指し示し、結論を最初に言います。 ■理由 その後に「なぜなら~」という形で、なぜその結論に至ったのかの理由を、具体的に説明していきましょう。 ■もう一度結論 そして最後に「以上の理由から、私は○○だと考えます」と結論を再度伝える展開でまとめます。 そうすると、面接官はいつでも何についてプレゼンテーションをされているのか、どのような意見を求職者が持っているのか、結論に至るまでの思考力を理解しやすくなります。

プレゼンテーションの最中でも気を抜かない

プレゼンテーションの面接があると思うと、プレゼンテーションを決めた順番通りにだけ進むように練習しがちです。ですが、聞いている面接官から途中で質問が飛んでくる可能性もありますし、突然プレゼンテーションの進み具合とは関係なく志望動機などを聞かれることもあるようです。 プレゼンテーションを練習通りに進めることだけに集中していると、そういった突発的なことに対処できずに、結果何を話すべきだったのかも忘れてしまって、後悔する結果になってしまいかねません。プレゼンテーションとはいえ、面接中であることは常に意識し、一般的な質疑応答で答える内容についてもしっかりと網羅していつでもこたえられるようにしておきましょう。

面接でのプレゼンテーションの資料の作り方とは

では具体的にプレゼンテーションのの資料を作成するにあたって、どんなことに気をつけて作成をすればよいのでしょうか。

フォントは統一する

ビジネスルールとして、フォントは統一するのが決まりです。MSPゴシックもしくはHGPゴシック、メイリオが一般的です。フォントサイズは18pt以上が良いでしょう。またフォントは定型登録できますので、いちいちテキストフォントを変更しなくてもいいように、あらかじめ定型登録をしておき、無駄に工数を取ることのないようにして作業効率を上げましょう。

行間の設定

面接官に資料などを配布する際などは特に、見た目に美しく分かりやすい資料を心掛けましょう。美しい資料とは、デザインだけでなく余白も重要です。行間の余白幅は統一し、ばらつきのないようにしましょう。

テキスト強調のコツ

数字は大きく、単位は小さくすると、とてもすっきりと見やすい資料になります。

色は多用しない

見やすい資料を作ろうとして何色もに分けて強調したくなりがちですが、プレゼンテーションの資料で使用する色は、ベースの色とメイン色、アクセント色の3色までにした方が、見た絵も美しく分かりやすいです。 ベース色:文字に使う色 メイン色:見出し、図形、枠線などの目立たせるために使う色 アクセント色:注力すべき箇所や、門限などに使う色。あまり多用しない方が良い。

文字の大きさにも強弱をつける

接続助詞や、先程もお伝えしたように単位などの文字、記号は小さくし、伝えたい文言を目立つようにします。また、文字情報をなるべく抑えて、伝えたい部分を確実に伝えるためには記号を使うこともです。

ワンスライド、ワンメッセージ

プレゼンテーションをパワーポイントなどで視覚的にも分かりやすく展開したいと考えている方は、この「ワンスライド、ワンメッセージ」の法則を覚えていてください。「ワンスライド、ワンメッセージ」とは、1枚のパワーポイントのスライドの中で主張する言いたいポイントは1つに限定する、ということです1枚のスライドで複数の主張を混在させてしまうと、何を言いたいのかがぼやけて分からなくなってしまうからです。 この法則を守って作成すると、聞き手も話し手である求職者も、パワーポイントのスライドのメッセージを追っていくことによって、論理展開やプレゼンテーションの全体の流れを理解しやすくなります。

内容はできるだけ簡潔に

次のページ:面接での悪いプレゼンテーションの例
初回公開日:2017年06月23日

記載されている内容は2017年06月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング