IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接で響くプレゼンの仕方・資料の作り方・テーマ選定方法

更新日:2020年08月14日

就活の面接

最近では就職面接の際に「プレゼンテーション」を取り入れている企業が増えてきています。そこで企業が面接での「プレゼンテーション」で一体何を見ているのか、またどのような資料や「プレゼンテーション」をしていけばいいのかをご紹介いたします。

面接官が1人ということはまずありません。複数の面接官の方がいらっしゃると思いますので、その面接官一人ひとりに対してアイコンタクトをしっかりとりましょう。そうすることで、ただ覚えてきたことを披露しているだけという発表会から、面接官一人ひとりに伝えようとするプレゼンテーションへと変わります。また、人は自分に語りかけてくれると思うと心にその内容が入ってきやすいと言われています。

早口にならないようにゆっくり話す

早口で話されると、どれだけシナリオがしっかり考えられていて、順序良く話をされていても、人の耳には入ってきても頭にまで伝わりません。そうなるとせっかくのプレゼンテーションも全く意味をなさなくなります。自分では早口ではないと思っていても、実際にプレゼンテーションをすると早口になってしまったという方もいます。 大体の方は緊張すると知らず知らずに通常の話すスピードよりも早口になりがちですので、プレゼンテーションの練習をする際には、いつも以上にゆっくりと、句読点を意識して話すと良いでしょう。

時間内に話をまとめる

先程もお伝えしたように、大体は早口を意識してもやはり早口になってしまい、予定していた時間よりもだいぶ急いで話してしまって時間が余ってしまった、なんてこともあるようです。 プレゼンテーションの練習をする際には、もちろん時間内に収まるように話すことや展開する順番を調整していくことは必要なのですが、時間内に終わればいいと短めに設定して構成していると、予想以上に短くなってしまって困ったということがないように、制限時間の1分前あたりで終わるように調整しておくと良いです。

自信を持つ

プレゼンテーションの場数を踏み、プレゼンテーションに対する自信をつける必要があります。プレゼンテーションは自分の意見やセールスポイントをアピールする手段です。自信をもって相手を納得させられるような話し方が必要です。そのためには何回も練習しましょう。 相手に伝わるような文章作りやプレゼンテーションがしたいという方は、エージェントを活用してみましょう。プロのキャリアアドバイザーが的確なアドバイスをしてくれますし、自分に自信を持てる自己PR作りをお手伝いしてくれます。

面接のプレゼンテーションで大事なテーマ選定の方法

それでは、プレゼンテーションの構成やテーマを選定しましょう。具体的には、与えられたテーマに沿って、何を話すのか、どのような順番で話を展開し、結論をどこに持っていくのか、大筋の筋道をまず決めて、その内容に沿って資料を作っていきましょう。

プレゼンテーションの軸となるシナリオを組み立てましょう

以下の項目に沿って、まずは思いつくものを書き出していきましょう。

①入社した後その企業で活かせる自分のセールスポイントを説明する ②なぜそのセールスポイントが活かせるのかの根拠を伝える ③そのセールスポイントが活かされた過去の具体例・エピソードを話す ④企業のどこでこのセールスポイントが活かせると考えるかを伝える ⑤そしてなぜこのセールスポイントが活かせるのか理由を述べる ⑥まとめ

ここでのポイントは、自己PRしなくてはとあれもこれも話したくなるところではありますが、ここは言いたいことを詰め込まないようにしましょう。というのは、多くのことを詰め込んで話してしまうと、主張が分散して何が本当に言いたいことなのか、何が一番伝えたいことなのかがぼやけてしまうのです。また、制限時間もありますし、ダラダラと話をすると聞いている側は疲れてしまいますので、簡潔かつ短い言葉で伝えることが大切です。

自分のセールスポイントに焦点を置く

決して知識でアッと驚かせようとしないことが大事です。実際の現場の知識やスキルも知らない、社会人経験もない学生がプレゼンテーションのためだけに身に付けた付け焼刃の知識で資料を作成して発表しても、聞いている面接官はその道のプロですので、付け焼刃の知識などは通用しません。 知識で攻めようとした瞬間に、矢継ぎ早にプレゼンテーションの内容についてや無理のある企画に突っ込まれて、ボロが出てしまいます。面接官の質問に答えられなくては、話になりません。そもそも面接官は、求職者がどれだけ付け焼刃で知識を溜め込んできたか、ではなく求職者の思考力やどのように考えているかを知りたいのですから、自分のセールスポイントをPRすることに特化してプレゼンテーションのシナリオを構築していきましょう。

面接でのプレゼンテーションの仕方

面接とはいえ、最低でも10分はプレゼンテーションできる説得力のある内容の資料を用意し、レジュメや資料も用意しなければいけません。各自ノートパソコンやタブレットを持参し、パワーポイントなどを使って分かりやすく説明している求職者が多いといいます。 それでは面接でのプレゼンテーションで気をつけなければいけない点を踏まえつつ、プレゼンテーションの仕方をご紹介していきます。

プレゼンテーションは話す順番が大事

次のページ:面接でのプレゼンテーションの資料の作り方とは
初回公開日:2017年06月23日

記載されている内容は2017年06月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング