IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接で響くプレゼンの仕方・資料の作り方・テーマ選定方法

更新日:2020年08月14日

就活の面接

最近では就職面接の際に「プレゼンテーション」を取り入れている企業が増えてきています。そこで企業が面接での「プレゼンテーション」で一体何を見ているのか、またどのような資料や「プレゼンテーション」をしていけばいいのかをご紹介いたします。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

なぜ今面接のプレゼンテーションが増えているのか?

最近では就職面接の際にプレゼンテーションを取り入れている企業が増えてきていますが、なぜなのでしょうか。 それは、今はインターネットにしろ雑誌にしろ、あらゆる情報で溢れていますので、一般的な質疑応答ではあらかじめ当り障りのない答えを用意していることが多く、企業側としてはプレゼンテーションを通して、自己PRがいかにできるか、その会社に入社したら何をしたいのかなどのテーマについて、求職者がどのように考えているのか、思考力や人となり、実力を分かりやすくチェックしたいという狙いがあるようです。反対に言えば、プレゼンテーションとは言われていますが、最大の自己PRの場とも言えます。

また、プレゼンテーション力というのは何も就職面接の時だけではなく、実際に就職した後も社会人にはとても重要なスキルとなります。例えば、会議などで自分の意見を述べるときや、営業だった場合には取り扱っている商品をクライアントやお客さまに提案する場面など、多岐に渡ります。 だからこそ、企業も最近は積極的に面接でのプレゼンテーションという手法を取り入れているのではないでしょうか。

プレゼンテーションを通して何を注目されるのか

面接官がプレゼンテーションを通して注目している点は以下になります。

■理解力 与えられたテーマについてしっかりと理解しているか ■表現力 明るく、声のメリハリやボディーランゲージなども含めた豊かな表現をしているか ■説得力 わかりやすい話し方をしているか ■論理性 聞き手がわかりやすい話の展開になっているか ■積極性 人前で物怖じすることなく、積極的に話せるか ■独創性 テーマについて自分なりの視点での内容が盛り込まれているか

上記が分かっていれば、事前に対策をしながらプレゼンテーションの練習をすることができます。

面接でよく聞かれる質問

就活の面接でよく聞かれる質問は、 ■学生時代頑張ったこと ■自分の長所、短所 ですが、企業によって実際に面接で聞かれる質問は異なってきます。よく聞かれる質問以外にも、企業ごとになにを聞かれるのか、を事前に調査しておくことが大切です。 面接官がどんなところを見ているのかなど、面接対策に必要な知識を身に付けたい方は転職エージェントを活用するといいでしょう。プロのキャリアアドバイザーから、的確なアドバイスをもらうことができます。

内定率を上げるためにプロに相談

面接で相手にしっかりと自分の気持ちを伝えられるプレゼン方法を知りたいという方は「キャリアパーク」を活用するといいでしょう。 あらかじめ面接官によく聞かれる質問や自己PRを就活のプロに相談できます。 ・人事目線のアドバイス ・適正のあった企業にあなたを推薦 ・マンツーマンでの手厚い選考対策 「キャリアパーク」を利用すれば上記の内容をサポートしてもらえます。 他の人と情報量で差をつけるチャンスです。しっかりと事前対策して内定を勝ち取りましょう。

どうすれば面接官に響くプレゼンテーションとなるか

学生生活ではなかなかプレゼンテーションをする機会はない方も少なくないと思います。面接官に響くプレゼンテーションというのは、上記に挙げたプレゼンテーションを通して注目されている点を踏まえ、主に以下の要点があります。

表情を豊かに、強弱をつけて

聞いている面接官に「言いたいこと」は何かを明確に伝える必要があります。そのためには、言葉に上手に「感情」を乗せる必要があります。また、ボディランゲージもうまく盛り込みながら、どの点が一番伝えたいところなのか、言葉や口調に強弱をつけて単調にならないようにしましょう。

面接官を意識した話し方をマスター

次のページ:面接のプレゼンテーションで大事なテーマ選定の方法
初回公開日:2017年06月23日

記載されている内容は2017年06月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング