IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「ルート営業」の志望動機の書き方と業界別例文|新卒・未経験者

職種研究

ルート営業とは顧客の現状やニーズを把握し、その上で戦略的に提案して売上をあげていく仕事です。ヒアリング力と高いコミュニケーション力が求められます。ルート営業へ転職をご希望の方に求められる人物像、シチュエーション別の志望動機と業種別の志望動機例文を説明致します。

更新日時:

ルート営業とは?

「ルート営業」とは求人広告で見かけますが、どういうお仕事なのでしょうか? 一般的に言う飛び込みで新規案件を取って来る営業ではなく、既存顧客に対して定期的に巡回して現状やニーズを把握してフォローし、その上で戦略的に提案して売上を上げて行く仕事です。新規営業とは求められるものが全く違う部分もあります。 具体的なルート営業の業務や求められるスキル、人物像、志望動機の例文を紹介致します。

ルート営業のよくある勘違い

「新規営業とルート営業のどちらをしたいですか?」と質問すると8割方がルート営業と答えます。何故でしょうか。多くの方は「新規営業」を知らない企業や人相手に飛び込みで営業して断られたり辛い目に遭いながらノルマをこなしていく新規営業のイメージがついてしまっているからです。では、ルート営業は新規営業にに比べると楽なのでしょうか。 実際はルート営業だからノルマが無いという事はありませんし、気を遣う事も多いので決して楽という仕事ではありません。また、新規営業と同じく一定以上の成果を求められ続ける仕事でもあります。 それでも新規開拓と違って既に顧客である企業や人が相手だからと考えている方が多数です。それでは、相手の注文を聞いているだけで良いのでしょうか?勿論単なるご用聞き係で良いわけではなく、顧客のニーズをただ聞くだけではなく引き出して、新たな注文や契約を取リ続けていく必要があるのです。 新規営業より楽だからというのはよくある勘違いです。もう少し詳しくルート営業について見ていくことにしましょう。

ルート営業の業務について

それでは実際のルート営業はどのような業務を行っているのでしょうか?まず、日中は顧客先を訪問する事から始まります。毎回注文や契約が取れるわけではありませんが、顧客とコミュニケーションを取って日頃から信頼関係を築いておく事が必要になります。主に顧客を訪問する事が日中のメインの業務となります。勿論単なる挨拶回りではなく雑談をしながら見落としているニーズは無いか、どういった提案が出来るのかを考え続けていく必要があります。 また、顧客が店舗は自社商品の販売応援をする事も多くありますし、ブースやイベント設営、ポップの作成などを行う事もあります。顧客や業種にもよりますが、単なる営業だけで終わらないのがルート営業です。 また、営業事務の方が事務を行う企業もありますが、多くの場合は自分で事務作業もこなしていく必要があります。事務の経験がある場合は関係無いと思わずに志望動機を伝える時にも伝えておくと良いでしょう。

ルート営業への志望動機で求められるスキルとは

それではルート営業に求められるスキルや人物像について説明致します。スキルや経験は転職の時に大切なポイントですが、働くのはその人間です。多くの面接官は人物像を知りたいと感じています。どういう人がルート営業に求められているのかを見ていきましょう。

ヒアリング力

顧客相手に売上を上げていく仕事なのでヒアリング力は必須と言えます。全ての営業職にニーズは何なのか探る事は重要ですが、ルート営業では今何を求めているのかだけではなく顧客がまだ気付いていないニーズまで引き出していき、気付かせる所までが必要と言えます。これは常に観察し、分析しながら顧客にとって何が必要で何をどの様に買っていただくのかを心理まで考えながら引き出していく必要があるのでイメージよりも高度なコミュニケーション力が必要である事が分かるかと思います。

高いコミュニケーション力

先述したヒアリング力は業務を行うにあたっての必須スキルですが、コミュニケーション力が高いか低いかでルート営業の仕事がうまくいくかいかないかが分かれるといっても過言ではありません。売上を上げる為だけに愛想良く接していても最低限の売上しか上がりません。自社商品やサービスの売り込みに繋がる直接的なコミュニケーションだけではなく、顧客との真の信頼関係を築き上げる事の出来る人が優秀な人材となっていくのです。また、高いコミュニケーション力は面接の時に志望動機を伝える時にアピールする材料として欠かせないものとも言えます。

観察力と分析力

ヒアリング力もコミュニケーション力もこの観察力と分析力でカバー出来る部分も多くあります。他社に負けてしまった場合も何故他社商品を選んだのか、何故自社商品ではなかったのかなども冷静に分析していく必要があります。また、店舗が顧客の場合は各店舗での売上の差や、売れ筋はどうなのか、客層はどうなのかなどを観察して分析していく必要もあります。その結果自分がどう動いていくことで注文や契約が取れるのかを常に考え続ける必要があります。 一般的には気配り力や忍耐力が必要とも言われているルート営業ですが、これらはどれも高いコミュニケーション力と観察力と分析力で自然と身に付いていきます。また、これらはルート営業に関わらず仕事が出来る人が身につけているものでもあります。自分の能力を振り返りながら志望動機を伝える時にアピールしていきましょう。

ルート営業で求められる人物像とは?

優秀なルート営業マンを思い浮かべるといくつかの共通点があります。まずは痒い所に手が届くのですが決して押し付けがましく無いことです。次に自社商品やサービスをアピールしても「売りつけられている感」がありません。最後に、最終的にどちらかを選ばなくてはいけない時に「この人から買いたい」と思わせる魅力がある人です。 時にルート営業担当の範囲外に思える仕事も結果的に売上に繋がると理解してさらっとこなしてしまうスマートさ、押し付けがましさが無い爽やかさを持ち合わせているけれど押さえる所はしっかり押さえる事が出来るのが求められる人物像といえるでしょう。 一例ですが、ある店舗にて自社商品の在庫チェックをしていたルート営業担当者がいました。その店舗の繁忙期にライバル会社の在庫もさらっとチェックして仕入れ担当者に表にして渡していました。喜んだ仕入担当者は毎回当たり前にライバル社の商品もチェックをお願いする事になりました。とある人が「ライバル社まで大変じゃないですか?」と聞くと「ライバル社の商品の売れ行きと傾向がタダでわかるから美味しい仕事ですよ!」と笑顔で返されたそうです。勿論言うまでもなく優秀で実績もあるルート営業担当でした。 自分の動き方と頭の使い方で売上を上げていけるやりがいのある仕事ではないでしょうか。自分の人物像というのは自身ではわかりにくいものかもしれませんが、友人や知人に聞いてみるのも良いでしょう。自分がどう見られているのかを知って志望動機を伝える時に自分という人物像も伝えられる様にしておきましょう。

以上のスキルを盛り込んだ志望動機を書くようにしましょう。

ルート営業の志望動機例文(新卒・未経験者・経験者)

書類でも面接でも欠かせないのが志望動機です。基本的には何故自分はルート営業の職に就きたいのかを明確にして熱意を伝える事が重要です。また、自分という人間を売り込みながらルート営業に向いてる点を志望動機例文を参考にアピールしましょう。まずは新卒・未経験・経験者の志望動機の例文から紹介致します。

新卒の志望動機例文

御社の、お客様との関係を大切にしながら相手の役に立ちたいというスタンスで商品開発を行っている所に惹かれました。私は1年から卒業まで続けた部活動でレギュラーメンバーに選ばれる為に通常練習に加え、毎晩のジョギングと寝る前のストレッチを欠かさず行いました。その甲斐あってか2年の夏には先輩方に紛れてレギュラーメンバーに選出されました。また、試合でも練習でも先輩方の役に立てる様に日々気を配り、雑用なども引き続きうことでレギュラー以外のメンバーにも喜んでもらえる様に努めました。結果的に先輩の中に紛れて選出された状態でも人間関係は良好な状態で部活動を行う事が出来ました。この経験を活かして、日々この業界の事を学び続け、お客様とのコミュニケーションを大切にしながら信頼関係を築いていきながら御社の発展に貢献したいと考えております。

未経験からの転職希望者の志望動機例文

前職は販売を行っておりました。売上を少しでも上げる為に、季節に合わせたディスプレイを作る事に力を入れておりました。季節ごとに変わるディスプレイを喜んでくださるお客様との会話や、そこから商品を選んでくださるのも嬉しかったものです。また、ルーティンワークはマニュアルを作って新人でもすぐに行う事が出来る様に勤めてきました。こういった職場環境の改善を目指した結果、雑務での時間外勤務を大幅に減らす事に成功しました。この行動もあってか、他の社員も自分の業務だけに集中するのではなく、全体の業務が滞り無く流れる様な仕事を意識していくようになりました。結果的に全体の残業を減らす事だけではなく、売上は前年度より10%上がる結果を出す事が出来ました。この経験を活かし、御社の売上に貢献するだけではなく社内全体の成果が上がる様尽力し、またお客様に喜んでいける様な仕事をしていきたいと考えております。

ルート営業経験者の志望動機例文

これまでもルート営業担当者として活動して参りました。ルート営業とは、定期的にお客様を訪問をして、ニーズを理解して物事を提案することだけではなく、相手を理解する事が大切だと感じています。単に顧客と営業担当ではなく、人と人のコミュニケーションから信頼関係を深めて自分達の会社もお客様も幸せになれる様に発展していく道筋を作る事がルート営業だとも思っています。価格競争に陥りやすくなっている今、よりコミュニケーション力と人間力が必要になってきていると考えております。また、インターネットやオンラインのサービスでは届かない痒い所に手が届く様な仕事を行う事にやりがいを感じてきましたので、今後は御社で今までの経験を活かしつつ、この業界を学びながら尽力させていただければと思っています。

業種別の志望動機例文

ルート営業は数多くの業種で必要とされている職業です。自分が志望する業種別に志望動機をまとめておく必要があります。いくつかの業種を想定した志望動機の例文を紹介致します。

食品メーカー営業の志望動機例文

私が御社を志望する理由は、商品品質は勿論ですが、時代の流れの中でも変わらない味を何世代にも渡って守り続けている事に感銘を受けたからです。創業当時から庶民に愛されていた◯◯が今でも愛される商品であるのは、そのぶれる事の無い伝統があるからだと感じています。前職の菓子製造で移り行く時代の中、愛され続ける食品を作り続ける事の難しさを身を以て体験しました。その体験があるからこそ守り続ける事の大切さ、伝統の素晴らしさを伝えながらより広く愛され続ける様に御社に貢献したいと思っています。

医薬品メーカーの志望動機例文

私が御社を志望する理由は現代の国民病にもなりつつある精神疾患の方への薬の開発に取り組み、多くの人に必要とさる薬を開発されている企業だからです。学生の頃、友人が鬱病にかかり家から出られなくなりました。当時は知識が無く、精神疾患で薬を飲むなんて怖いという考えが友人にも自分にもありました。結果的に長く病に苦しむ事になり、志半ばで自死を選んでしまったという悲しい結果となりました。このように知識が無いまま長く苦しんで悲しい結果にならない世の中を作る一端になりたいと思っています。正しく治療してまた元気になれる薬の普及に尽力したいと思っています。空調機器のセールスで得た営業経験を活かして、貴社に貢献したいと思い志望させていただきました。

自動車メーカーの志望動機例文

私が御社を志望する理由は他社では真似できないパーツ製造コストとスピードを実現されているところです。徹底した製造ラインの改善を図られた所と、世界でもトップクラスの企業である事に甘んじる事無く、更に成長する為に止まらずに改善していく御社の方針に感銘を受けました。私も常に成長し続ける人間でありたいと思っています。御社の様に歩み続ける企業で働きながらそこの商品を社会に広めながら企業も個人も豊かに、社会を発展させていく一端になれればと思い志望させていただきました。

熱意ある志望動機をアピールしてルート営業の職へ

いかがでしたでしょうか。ルート営業という仕事をよく理解して、志望動機例文を参考に一度自分の中でまとめてみると良いでしょう。面接では熱意ある志望動機を面接担当官に伝える事が何よりも大切です。面接担当官は経験、未経験よりも今までの経験をどう活かすのか、どういう志望動機なのか、どういう人物像なのかを知りたいと思っています。皆様の転職、就職活動がうまくいってルート営業担当として活躍していける事を願っています。

関連タグ

アクセスランキング