IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

新卒で辞めたその後の生活|辞める期間(半年・一年)と転職方法

退職ノウハウ

新卒で職場を辞めてしまう人は年々、増加傾向にあります。そんな時、新卒で辞めた場合の生活と、辞めたその後の転職活動は、どうすれば良いのでしょうか。今回はその一例やメリットとデメリット、ポイントをあげてご紹介していきたいと思います。

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約
  • 入社1年以内の退職は転職活動で不利になることも
  • 金銭的な問題や、確定申告などの手続きの手間がある場合も
  • 長く働ける会社を目指して、早めの転職準備を

求人倍率が上がっているといわれる日本ですが、就職してすぐに転職を考える人も増えてきています。20代の時間は貴重です。もしあなたに合わない会社に入ってしまったのなら、早く転職したいですよね。 今回は新卒に絞って、短期間で退職することの影響や転職活動のやり方について、ご紹介します。 はじめての転職のときまずすべきことは、転職エージェントに登録することです。「マイナビエージェント」は無料でキャリアの相談ができるので、迷ったら気軽に登録してみるといいでしょう。

新卒で辞めたその後の生活とは?

新卒で辞めた人の割合

新卒からの退職は3年以内で約30%程度と言われています。そして、仕事を辞める最も多い時期は新卒で入社して半年から10ヶ月頃が多いと言われています。

新卒で辞めたあとの生活

退職してからは主にアルバイトをしながら転職活動をするのが一般的です。実家を出ている人は退職を機に戻る人も多いです。 これを避けるには、とにかく早く、可能なら「退職前に転職先を見つける」しかありません。 転職を考えたらすぐに「マイナビエージェント」のような、転職サービスに登録しておきましょう。 新卒で辞めた人のその後のパターンとして主に3つ挙げられます。

新卒で辞めた人の生活パターン1.長期的にしっかり働ける会社へ再就職をする

新卒ということは初めて入社した会社なので、その会社が自分に合っている会社かどうかを判断するのは難しいことです。 社会人になったばかりで右も左も分からない状態で希望の会社に入社できたとしても思っていたのと違うと感じることも多々あります。 仕事内容が思い描いていたのと違っていて、職場の雰囲気なども慣れなくて辞めてしまう場合が多いです。 そして、次の会社へ再就職するときは、できるだけ長く働けそうな会社を慎重に選ぶようになります。

新卒で辞めた人の生活パターン2.とりあえず働けるところへ就職する

新卒で辞めてしまった人の中には希望に満ちていた学生時代と違って、現実はこんなものだと妥協する人もいます。 初めて働いた会社が思っていた会社と違った場合、現実の社会に厳しさを味わった人が多いです。 現実の厳しさを知ると次に選ぶ会社を慎重に選ぼうとしますが、自分の理想や希望と合致する会社がなかなかなく、希望していた会社に採用されないといったことが続いてしまうと、転職活動が長引き、生活費がどんどん減ってしまいます。 生活費を稼がなくちゃという思いに変わって、だんだんと働ける会社があれば良いと妥協してしまいます。生活費のことを考えると、ブラック企業と言われているところでも働かなければならないほど精神的に追い込まれてしまうこともあります。 長時間労働であっても他で働く会社がないので我慢して働くしかなくなり、常に辞めたいという思いで働き続けることになり、精神的にも肉体的にもボロボロとなってしまい、長く続けることができずさらに転職を繰り返してしまうようになってしまいます。

新卒で辞めた人の生活パターン3.フリーターになる

新卒で入社した会社を辞める理由として、給料の安さも挙げられています。新卒で入社するともらえる給料は正直少なく、生活費を引いてしまうと遊ぶお金もないといったこともあります。 給料が不満で辞めてしまった人に多いのが、新卒では16万円だった給料がアルバイトで頑張れば20万円以上貰うことができるという、出勤すればするほど給料が多くもらえるというのに惹かれて、フリーターとしてアルバイトの日々を送るケースです。 新卒で辞めた場合、次の転職活動において不利になってしまう部分や、デメリットな部分が出てしまいます。

新卒で辞めたことによるデメリット1:社会的信用を失う

社会的な考え方として短期で辞めた人に対する社会的信用は低くなってしまいます。

新卒で辞めたことによるデメリット2:安定した生活を失う

辞めたら当然給料は入らないので無収入の生活を送らないといけない状態になります。一人暮らしであれば家賃や生活費が必要となりますので一気に貯金が底をつく可能性があります。 日々金銭的なプレッシャーを感じ、働いていたときとまた違うストレスを抱えることになります。

新卒で辞めたことによるデメリット3:面接で落されてしまうことが多い

新卒で入社した会社を短期間で辞めた場合、転職活動の面接や書類選考で落されてしまう確率を高めてしまいます。 中途採用は社会人スキルや実績などが重要視されるので、短期間で辞めたとなると。うちでもまた辞めてしまうのではと不安に感じてしまいます。

新卒で辞めた場合の転職

新卒で辞めた場合の転職に成功するポイントとは

新卒で辞めてしまったしても、退職した理由をハッキリと説明できれば転職が不可能ということはありません。 新卒を採用するのにかなりの採用コストがかかるのに対して、中小企業の場合は新卒入社すぐに辞めてしまった第二新卒のみの募集で求人を出しているところもありますので、新卒で入社して辞めてしまっても悲観することはありません。 中には業績も安定してて、ボーナスも出るし休みがしっかり取れるようなところもあります。 こういったホワイト中小企業に転職を目指すことが転職成功のカギと言えます。

新卒で退職して転職成功のポイント1:なぜ離職をしたのかをきちんと説明すること

転職の際に必ず聞かれることが、なぜ新卒で入社した会社を辞めてしまったのかということです。 辞めてしまった理由は人によってさまざまで、思っていたのと違って辞めた、上司から酷いパワハラを受けた、きつくて辞めてしまったなど色々な理由が挙げられます。 大切なのは採用担当者に「この人は長く働いてくれそう」という印象を持ってもらうことです。単に面倒になった、上司と合わなかったからと言うのをストレートに伝えてしまったら、長く働いてくれそうとは思ってもらえず、うちでもすぐに辞めてしまうのではと思われてしまいます。 言い訳を並べてばかりいるのは印象が悪いので、正直に「耐えられず短期離職をしてしまいましたが、社会人の友人に話を聞いて自分の考えが甘かったことを知り、今は反省しており、次は長く働きたい」という正直な理由と反省、改善を述べた方が印象が良いです。 なぜ辞めてしまったのか、これからどうしたいのか、次の会社で短期離職しないよう働く上で、何を注意するのかといったポイントを述べることが転職成功の大切なポイントです。 また、退職をいつ伝えるかは、会社のルールに則るようにしましょう。

新卒で退職して転職成功のポイント2:年間休日や会社の雰囲気を注意深く見ること

せっかく転職できても、次に入ったところがブラック企業だとまた離職をしてしまうことにつながってしまい、職歴だけをどんどん増やしてしまう結果となってしまいます。 転職成功のポイントは次は長く働ける会社に就職するということに尽きます。 それには良い企業を選ぶポイントを押さえることです。その目安となるのが「年間休日」です。土日祝日休みという一般的な休みの場合は年間休日は120日以上になります。これを重視するなら求人を探す際は年間休日120日以上のところを見つけます。 また、会社の雰囲気も大切です。荒れている会社は説明会や面接試験など会社に行った雰囲気で分かります。直感的に「この会社おかしい」と思った場合は内定が出ても勇気を出して辞退することも転職成功には大切です。

新卒で退職して転職成功のポイント3:求人や総合的な転職サポートを転職エージェントに頼むこと

転職エージェントはかつては社会人がキャリアアップの転職をするときにしか使えないものでしたが、現在では新卒で短期離職してしまった人に対してのサポートが手厚くなりました。 20代の若い世代の求人も多く、転職にはピッタリのサービスと言えます。転職エージェントは利用料は無料ですので、転職活動はお金がかかってしまうことが多いので、ありがたいサービスです。転職エージェントは土日でも利用することができます。 利用者は相談や求人の紹介を受けることができます。登録すると、担当エージェントが利用者の希望条件をヒアリングして、あなたに合った業界、業種、応募可能な求人などを紹介してくれます。 未経験OKな正社員求人や正社員登用前提の契約社員など様々な求人を紹介してくれるので、自分に合った就職ルートを選ぶことができます。 退職後の自己分析やキャリアプランなど一人で考えると限界がありますが、就職活動のプロであるエージェントに相談することで、自分だけでは見つけられなかったキャリアの可能性が出てくることもあります。 給料交渉などもエージェントを仲介して行えるのでスタート時の年収がアップする確率がグンと上がる可能性があります。 転職活動には大切な履歴書作成や職務履歴書の作成もプロであるエージェントにアドバイスしてもらえるのでスムーズに作成することができますので、就職活動で最も手間のかかる部分を大幅に省略できます。 転職エージェントは大企業の関連会社や業績が安定していて待遇の良い会社が多く、求人は事前にエージェントが審査をしているので、離職率が高い企業や労働環境の悪い企業といったブラック企業の求人に引っかかるリスクを減らすことができるのも魅力です。 エージェントに登録しておけば、担当の人に色々と相談や質問が出来るので、心理的な支えにもなります。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、20代におすすめの「マイナビエージェント」に登録してみましょう。 本格的に転職を考えている場合は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングから、合いそうな会社を探してみてください。

新卒から辞める期間:半年編

新卒から半年で辞めてしまう場合に多い理由

半年経つと仕事の一連の流れや雰囲気などが徐々に分かってくる頃です。 そういった中で、一連の流れからして長く頑張れそうにないと感じてしまったり、急な部署異動、上司とうまくいかない、見習い状態から一社員として働くようになった頃で大変なことばかりで失敗ばかりで辞めたくなってしまったと理由で辞めてしまうのが多いと言われています。 最初はがむしゃらに頑張ってきたけど、半年経つと少しずつ慣れが出て、色々なものが見えてきてしまい、それが悪いものばかりだと辞めたいという気持ちを強めてしまい勢いで辞めてしまう場合も多いと言えます。

半年で辞めた場合のデメリット

新卒から半年で辞めてしまう人は決してゼロではありません。 しかし、半年で辞めてしまうことの大きなデメリットは有給休暇がつかない可能性があること、そして、失業給付がつかない可能性があることです。 有給休暇は在籍して6ヶ月経過後に付与される場合が多いので、新卒半年未満で辞めたとなると、有給休暇付与の条件を満たすことができません。 失業給付に関しては、倒産など会社都合で辞めた場合には6ヶ月で辞めても付与される可能性もありますが、そうではない場合の方が多いでしょう。自分の都合で辞める場合、12ヶ月以上雇用保険に加入していることが条件となり、半年で辞めたら失業給付はもらえないのです。 よって、半年で辞めたらその後の金銭的な部分で凄く不安になってしまうと言えます。 さらに、半年で辞めたらボーナスが支給される会社だとボーナスが支給される前に辞めてしまうことになります。仮に半年後にボーナス支給がある会社だとしても新卒は対象外な場合があったり、在籍期間が半年経過していることの条件を加重している場合も多く、ボーナスをもらえるだろうと期待してたけど実はもらえませんということもあり得るのです。 そして、年末調整をしてもらえないという事もデメリットです。毎年12月頃に会社で一年間の所得税などの計算をしてくれるのが年末調整なのですが、半年で退職してしまうと退職後に自分自身で源泉徴収票を持って税務署などで確定申告をする必要があります。 確定申告の時期はとても混雑しますし、初めて作成する場合は大変な部分もあります。そういった手間がかかってしまうことを覚悟しておかなければなりません。 一度落ち着いて考え、慎重に準備を進めることも考慮すべきです。

新卒から辞める期間:一年編

新卒から一年で辞めてしまう場合に多い理由

半年で辞めた場合と同様に、会社に対して不満な部分大きくなってしまったことが原因と言えます。半年で辞めるよりはとりあえず一年働いておこうという気持ちで惰性で働き続け、年度末で退職をしてしまう場合が多いのです。 また、慣れてきた頃に繁忙期に突入する時期になることもあるので、そういったタイミングで辞めると言えず、繁忙期が過ぎてから辞めよう、それなら一年頑張ってみようという気持ちが起こりやすいと言えます。 また、一年続けていれば会社によってはボーナスが支給される場合もありますので、とりあえず辞めた後はボーナスを切り崩してといったことも出来なくはないです。 ボーナスもらったら辞めようという気持ちが起こりやすいとも言えます。

新卒から一年で辞めてしまうことのデメリット

有給休暇も失業給付も条件としてクリアをしていますが、有給休暇も少なく、失業給付も会社都合なら1ヶ月くらいで支給されるのに対し、自分から辞めた場合は失業給付の条件が整ったとしても、3ヶ月間の給与制限期間があり、実際に給付が始まるのは3ヵ月後とすぐに失業給付をもらうことができないのです。 また、一年で辞める場合は年度末に退職というパターンが多いですが、年度末は新卒の方以外にも退職者が多い時期です。 なので、失業給付の手続きに必要な離職票の発行や退職後の手続きがそれ以外の時期に辞めた場合と比較して後ろ倒しになってしまう傾向があります。よってそういった書類が届くのが遅いと、失業給付がもらえるまでもその分遅くなります。 それにプラスして自己都合で辞めた場合はさらに3ヶ月間給付まで待たなくてはいけないので、金銭的に不安定な時期が長く続いてしまう傾向があります。 解決には、とにかく早く転職先を見つけるしかありません。そのためにも、転職準備はできるだけ早く始めておきましょう。 それほど真剣に転職を考えていなくても、まずはエージェントに登録してみましょう。

半年や一年で辞めたいと思うとき覚悟しておくべきこと

半年で辞めるより一年働いた方が金銭的にもいくらか楽になるということが分かったかとお思います。しかし半年でも一年でも、新卒ですぐに辞めたという事実には変わりなく、この後の転職活動で大変なこともあります。 短期で辞めた理由をしっかりさせ、どうしても半年ないし一年で辞めたいと思うなら、それなりの覚悟を持つことです。リスクがあるということを忘れてはいけません。 よって辞めた理由をハッキリさせ、次の会社では頑張ることをアピールできるよう、前向きに転職活動へとつなげていくことが半年や一年など短期で辞めた場合には重要です。

どうしても新卒で辞めたいと思ったとき

この記事のまとめ
  • 入社1年以内の退職は転職活動で不利になることも
  • 金銭的な問題や、確定申告などの手続きの手間がある場合も
  • 長く働ける会社を目指して、早めの転職準備を

いかがでしたでしょうか。 新卒すぐで辞めても転職を成功させるポイントは、辞めた理由をハッキリさせ、次は長く続けると言う気持ちをアピールして、前向きだということを伝えるのが成功の秘訣と言えます。 新卒入社してすぐに退職を考えたとき、辛いから、大変だから、もう無理という理由だけが先走って勢いで退職をしないことが重要です。一度冷静になって考えて、本当に辞めても良いのだろうか、ということをしっかり考えることが大事でしょう。 1人では考えがまとまらないという場合は、一度キャリアアドバイザーに相談してみましょう。 そのほかのおすすめエージェントはこちらからチェック

関連タグ

アクセスランキング