IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

中学生向けの評判の良いプログラミングスクール15選|期間や料金

プログラミング学習

学校で必修となり親御さんも中学生のお子さんにプログラミングスクールに通わせたいと思われている方も少なくないでしょう。また、中学生のお子さん自身がプログラミングスクールに通いたいと思われるケースもあります。おすすめのプログラミングスクールをご紹介します。

更新日時:

「自分から学びたい」と思う子にはプログラミングスクールを

中学校学習指導要領では、技術・家庭科の授業で「情報とコンピュータ」というインターネットを活用する基礎について学ぶようになりました。また、2012年からは「プログラムによる計測・制御」という簡単なプログラミングの授業が必修となりました。また、2020年を目処に、小学校でのプログラミング授業を必修化することが検討されています。 子どもたちの生活の中に、普通にパソコンがある時代になった今、ゲームで遊ぶだけではなく自分でプログラミングをやりたいと思う子どもたちが増えています。しかし現状として親が子どもにきちんと教えられるかというと、残念ながらそうではありません。 そういった子どもたちのためにはプログラミングスクールに通わせることも、選択肢の一つにあってもよいのではないでしょうか。2017年現在、中学生向けにどのようなプログラミングスクールがあるのか、授業内容についてご紹介します。

中学生のプログラミング授業

プログラミングは親(保護者)の世代には必修ではなかった授業です。現在、子どもたちは中学校でどのようなプログラミングの授業を行っているのでしょうか。

パソコンの基礎を学ぶ

スマホ世代の新入社員はキーボードが使えない人も少なくないようですが、中学校ではパソコンを使うためにキーボード入力の練習をします。吸収力のすぐれた子どもたちは、あっという間にブラインドタッチができるようになります。

パソコンリテラシーを学ぶ

何でも検索すればすぐに「答え」が出てくるパソコンは、使い方によっては便利なツールにもなるし、悪い遊び道具にもなってしまいます。大人の世界でも時に問題視されるリテラシーについて、中学校でも学んでいるようです。また、USBメモリの使い方や外付けHDDの使い方、セキュリティーについても学んでいます。

Word 、Excel、PowerPointを使う

社会人にとっては三種の神器とでも言うべき必要不可欠なソフト、Word、Excel、PowerPointを使って学習発表会をやったり、学級新聞を作ったりしています。この3つは早いうちから使いこなせるようになると将来役に立ちます。

ホームページ制作

基礎的なプログラミングを使ってホームページを制作します。プログラミングに関する基礎的な専門用語等を学ぶことができます。

アニメーション制作

専用のソフトを使って実際にアニメーションを制作します。簡単なコマンド入力で動くので、視覚的にプログラミングを学ぶことができます。

全国の小・中学校でPepperを導入している

ソフトバンクグループは2017年、人形ロボット「Pepper」を全国の自治体に3年間無償で貸し出し、小中学生へのプログラミング教育を支援することにしました。2017年4月から、全国282校の公立小中学校にPepperを導入、このプログラムのために開発されたカリキュラムに添った授業で、9万1,000人の小中学生がプログラミングを学びます。

世界各国の小学生、中学生へのプログラミング教育

2015年、文部科学省は「諸外国におけるプログラミング教育に関する調査研究」の報告書を発表しました。調査対象国はイギリス、エストニア、フランス、ドイツ、フィンランド、ロシア、アメリカ(カリフォルニア州)、アルゼンチン、韓国、シンガポール、上海、香港、台湾、インド、南アフリカ国など全23の国と地域です。特にIT教育で高評価を得ているのがイギリスとエストニアです。 小学生の必修科目となっているのはイギリス、ハンガリー、ロシアで、中学生の必修科目になっているのはイギリス、ハンガリー、ロシア、香港で、韓国、シンガポールが選択科目として行われています。 先進国の子どもたちは、早い段階からプログラミングを学んでいるのです。日本の現状は、決して「進んでいる」部類ではありません。

中学生がプログラミングスクールに通うメリットとは?

「中学生(子ども)がプログラミングスクールに通うだなんて、早すぎる!」なんて思われていませんか? 今、プログラミングスクールに通う子どもたちがみんな、IT関連に進んだりプログラマーになるわけではありません。「難しい暗号のようなタグを入力してプログラミングする」なんてもう古いのです。 近年は子ども用に開発されたプログラミングソフトを使って授業をします。マサチューセッツ工科大学が開発した「スクラッチ」「スクラッチジュニア」など、キーボードではなくマウスをつかったりタブレットを使って操作します。 子どもをプログラミングスクールに通わせる前に、まずはわたしたち大人が、子どたちもがプログラミングスクールに通うメリットを把握しておく必要があるのではないでしょうか。

プログラミングを学ぶメリット その① 頭で考えたことを具現化できる

簡単な例でいうと、子どもが描いた絵を3Dやアニメにするなど、二次元ではできなかったことをコンピューター上でできるようになります。子どもたちの想像力と創造力が限りなく広がっていくことでしょう。

プログラミングを学ぶメリット その② 論理的思考力が身に付く

プログラミングは1つ間違うだけで思い通りに動かない、思った結果にならなくなります。子どもたちはプログラミングを学ぶことで、1つ1つ物事を段階的に捉えるようになり、論理立てながら考えるようになります。「トラブルを1つ解決してやっと1歩前進」その繰り返しが子どもの思考力を高める結果になるのです。

プログラミングを学ぶメリット その③ 知識が増えることはメリットでしかない

国内外問わず、プログラマーが不足していると言われています。また、プログラマーでなくともプログラミングの知識があるほうが、他の仕事でも役に立つことがたくさんあるでしょう。プログラミングを学んでいるからといって、必ずしもプログラマーになるわけではありませんが、知識があることは何のデメリットでもありません。

中学生におすすめしたいプログラミングスクール15選

プログラミングスクールに中学生のお子さんを通わせるなら、評判の良いところ、高評価を得ているところ、そして立地(自宅から通いやすいか否か)が重要です。特に昨今は、中学生や高校生を対象にしたカリキュラムを別途組んでいるプログラミングスクールがたくさんあります。 全国のプログラミングスクールの中で、とくに評判のよいスクールをご紹介します。

STAR Programming SCHOOL(スタープログラミングスクール)

スタープログラミングスクールは少人数制クラスで、生徒一人ひとりをきちんとフォローします。また、タブレット端末やパソコンがあれば、自宅でもプログラミング(予習、復習)もできます。 【コース】 ・スタープログラミングスクールは、マサチューセッツ工科大学メディアラボで開発された「Scratch」を使う「Schratchプログラミングコース」 ・LEGO社の「教材版レゴマインドストームEV3」と専用ソフトウェアを使う「ロボットプログラミングコース」 ・iPhoneアプリ開発コース 【教室】 東京、神奈川、千葉、埼玉、兵庫、奈良、大阪、新潟 【受講料】 入学金:6,000円 月会費:2,000円 ・Scratchプログラミングコース(全40回)11,000円 ・ロボットプログラミングコース(全40回)10,000円 ・iPhoneアプリ開発コース(全32回)12,000円

LITALICOワンダー(リタリコワンダー)

LITALICOワンダー(旧Qremo)はIT×ものづくりをモットーに子どもの個性、成長に合わせたカリキュラムに取り組んでいます。入校前に無料体験授業や教室見学に参加することができます。 【コース】 ・ゲーム&アプリプログラミングコース(小学校1年生〜高校生) ・ロボットテクニカルコース(小学校3年生〜高校生) ・デジタルファブリケーションコース(小学校1年生〜高校生) 【教室】 ・東京(渋谷/中目黒/池袋/秋葉原) ・神奈川(川崎/横浜) 【受講料】 入塾金:16,200円(税込) 教室運営費:1,620円/月 ・ゲーム&アプリプログラミングコース(2回/月10,800円、4回/月17,280円) ・ロボットテクニカルコース(2回/月11,880円、4回/月19,440円) ・デジタルファブリケーションコース(2回/月11,880円、4回/月19,440円)

Life is Tech!(ライフイズテック)

Life is Tech!は、中学生、高校生のためのプログラミングスクールで、夏休みにはITキャンプを開催しています。東京大学、慶應義塾大学SFC、早稲田大学、明治大学、デジタルハリウッド大学をはじめ一流大学と共催関係にあります。また協賛・協力企業にはGoogle、マイクロソフト社、Yahoo! JAPAN、KDDI、リクルート、クックパッド、Adobe、SQUARW ENIX、dwangoといった一流企業が名を連ねています。 【コース】 ・iPhoneアプリプログラミングコース ・Androidアプリプログラミングコース ・Unityゲームプログラミングコース(2D、3D) ・webデザインコース ・webサービスプログラミングコース 【教室】 東京(白金高輪/秋葉原) 横浜 名古屋 大阪 福岡 【受講料】 入塾金:10,800円(税込) 月謝:21,600円(税込、教材費込み)

TENTO(テント)

TENTOは小学生、中学生向けのプログラミングスクールです。プログラミングを通してものづくり、情報リテラシーを少人数、寺子屋方式で学びます。 【教室】 東京(水道橋/自由が丘/湯島/府中) 埼玉(さいたま/川口) 神奈川(横浜) 千葉(市川) 静岡(静岡) 【受講料】 入会金:5,000円 月謝:12,000円/月 原則として1回の受講時間は90分、月4回開催

monopro(モノプロ)

monoproは小学生・中学生のためのプログラミングスクールです。プログラミングの基礎知識、タイピングスキル、パソコンリテラシーを中心に学ぶ事ができます。この授業では「Unity」というソフトを使って学習します。 monoproの受講にはパソコン(mac、window)を持参する必要があります。 【コース】 ・キッズ・プログラミングコース(小学5年生〜中学生)毎週土曜日 ・夏休み限定講座キッズ・プログラミング・サマースクール(小学5年生〜中学生) 【教室】 monoproキッズ・プログラミング道場(東京文京区音羽) 【受講料】 月額:16,000円(税込)

ドットゼミ

ドットゼミは京都・滋賀の小学生・中学生・高校生向け本格的プログラミングスクールです。学校では教えてくれないワンランクアップのプログラミング技術を教えてくれます。90%以上は初心者からスタートし、興味があれば誰でも参加できます。 【コース】 ・プログラミング基礎コース ・プログラミング探究コース ・ITものづくりコース ・ハイパーデザインコース 【教室】 北大路/二条城北/四条烏丸/京都駅前/滋賀県瀬田 【受講料】 ・ライト:入会金5,000円、5,400円/月60分×2回 ・スタンダード:入会金5,000円、8,640円/月60分×4回 ・マスター:入会金0円、15,120円/月60分×8回

EX-GRAMプログラミング教室(エクスグラム)

EX-Gramは小学生・中学生・高校生向けのプログラミングスクールです。初心者向けではなく、ワンランク上のスクールで、プログラミングを通じてアプリ制作、科学的思考を学びます。教室は東京のみですが、オンライン学習講座「プログラミングで科学を学ぼう!」を設けています。 【コース】 ・プログラミング初級Aコース(全12回/3カ月) ・プログラミング初級Bコース(全12回/3カ月) ・プログラミング中級1Aコース(全12回/3カ月) ・プログラミング中級1Bコース(全12回/3カ月) ・プログラミング中級2Aコース(全12回/3カ月) ・プログラミング中級2Bコース(全12回/3カ月) ・プログラミング上級Aコース(全12回/3カ月) ・プログラミング上級Bコース(全12回/3カ月) 【教室】 東京渋谷区代々木 【受講料】 入会金;無料 月額:12,960円 教材費:1コースにつき2,376円 教室維持費:1,620円/月 PCレンタル;1,296円/月

CoderDojo Japan(コーダードウジョウジャパン)

CoderDojo Japanは7歳から17歳を対象にしたプログラミングスクールで、2011年アイルランドで誕生し現在まで、世界69カ国1200の教室を持ち、国内でも85箇所の教室を設けています。完全非営利で運営されており、受講料は無料です。 【コース】 ・Scratch、Hour of Code ・HTML、CSS、JavaScript ・PHP、Python、Ruby、Unity ・Arduino、Raspberr Piなど 教室によって受講できるコースが異なります。詳細は公式サイトをご参照ください。 【教室】 北海道から沖縄まで全国85箇所 【受講料】 無料

PEG programming education gathering

Google会長エリック・シュミット氏協力のもと、NPO法人CANVASが運営しているのがPEG programming education gatheringです。特にコースを設けているわけではなく、日本各地で行われるワークショップへの参加で、プログラミングを学ぶことができます。 開催日程、開催地等詳細はPEG programming education gathering公式サイトを参照してください。

fcrea(フクレア)

ITエンジニアになりたい18歳以上を対象としたプログラミングスクール、株式会社ジェイスクールが運営する「fcrea(フクレア)」は、小学生、中学生、高校生を対象としたプログラミングスクールです。将来、IT関連に進みたいと思うお子さま向けにカリキュラムを設けています。無料体験入学受付中です。 【コース】 ・webスクラッチコース ・ロボットスクラッチコース それぞれ難易度が異なる授業があります 【教室】 ・東京都新宿区 ・沖縄県石垣市 【受講料】 フクレア新宿校 入会金:3,000円 月謝:通常プラン10,000円(月4回)/ハーフプラン6,000円(月2回)

プロ・テック倶楽部

科学実験教室のパイオニア「サイエンス倶楽部」から生まれた小学生・中学生向けのプログラミングスクールが「プロ・テック倶楽部」です。プログラミングを学ぶ、というよりはプログラミングでものづくりを学ぶことをモットーとしています。 【コース】 ・初級コース(小学3年生から6年生向け)月1回、全12回 ・中級コース(小学5年生から中学生向け)月2回、全24回 【教室】 東京/千葉/埼玉/神奈川/兵庫(全19箇所) 【受講料】 入会金10,800円(税込) ・初級コース:6,480円(税込)/月 ・中級コース:11,800円(税込)/月

PROCLASS(プロクラス)

京都にあるプログラミングスクール・PROCLASSは、初心者がプログラムやIT技術を学ぶプログラミングスクールで、子どもから大人まで学べます。小中学生向けに別途コースを設けており、プログラミングやゲームアプリづくりを学べます。また無料体験入学受付中です。 【コース・受講料】 ・わくわくゲームプログラミング教室(6,000円+税/1授業) ・マイクラプログラミング塾(7,980円+税/月2回) ・中学生・高校生のためのゲームアプリを作ろう塾(7,980円+税/月2回) 【教室】 京都市中京区(京都市営地下鉄四条駅)

CODE FRIENDS(コード・フレンズ)

CODE FRIENDSはZIP-FMが主催する小学生・中学生向けのプログラミングスクールです。ゲームを題材にプログラミング、デザイン、プランニングを学びます。 【コース】 ・ステージ1:小学5年生〜中学生(プログラミング初心者) ・ステージ2:小学6年生〜(コードに慣れていてタイピングができる) ・ステージ3:中学生〜(アルゴリズムを理解し、基本の処理について自力でコードが入力できる) ・応用コース:小学6年生〜 【教室】 名古屋ZIP-FM校/大垣ドリームコア校/名古屋瑞穂校 【受講料】 入学金:5,000円 ・ステージ1:10,000円/月(90分×3回)36回/年 ・ステージ2:10,000円/月(90分×3回)36回/年 ・ステージ3:10,000円/月(90分×3回)36回/年 ・応用コース:15,000円/月(120分×3回)

スタートプログラミング

広島のIT企業、クランチタイマー株式会社が運営する小学生・中学生のための本格的プログラミングスクール「スタートプログラミング」はゲームプログラミング・ロボット制御・アプリ開発など、最先端のスキルを学ぶと同時に、論理的思考力・知的創造力を身につけます。 【コース】 ・ビギナーコース ・ベーシックコース ・エキスパートコース 【教室】 広島市南区出汐 【受講料】 ・ビギナー、ベーシック:入会金10,800円、8,640円/月2回、15,120円/月4回 ・エキスパート:入会金無料、10,800円/月2回、17,280円/月4回

8×9(ハック)

神戸にあるプログラミングスクール「8×9」は、小学生・中学生を対象にプログラミングを学びながら論理的思考を身につけることを目標としたスクールです。現役エンジニアがマンツーマンで指導してくれます。 【コース】 ・ゲームコース ・アプリケーションコース ・ロボットコース 【教室】 六甲道スクール/摂津本山スクール/六甲アイランドスクール 【受講料】 受講年齢やレッスン内容によって異なる

中学生のうちからプログラミングスクールに通わせましょう!

今やスマホ、タブレット、パソコンはわたしたちの生活に必要不可欠なツールとなりました。学校でも必修科目になりつつあります。お子さんが学校の授業以上に学びたいと思われているなら、ぜひプログラミングスクールをご検討ください。 タブレットで遊ぶ程度なら周囲の大人でも対応できますが、基礎的なことからしっかり学ぶには専門家の指導が必要です。ITは、これからの時代を担う世代に必要なツールであり、必要な技術なのです。

関連タグ

アクセスランキング