IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

黙祷の意味・黙祷の挨拶の例文3パターン・正しい黙祷のやり方

更新日:2019年04月01日

言葉・雑学・歴史

皆さんは「黙祷」の意味や正しい行い方をご存知でしょうか。中には「なんとなくやっている」という方もいらっしゃるでしょう。そこで今回は黙祷の意味や挨拶の仕方、黙祷と黙想の使い分けなど幅広くご紹介していきますので、是非読んでみてください。

式典などで「黙祷」と言われたら、目を閉じて下を向いてしばらく過ごす、という理解をしている人も少なくないでしょう。なぜ黙祷をするのか、黙祷とはどのような意味を持った行為なのか、きちんと理解し、黙祷を促されたときには、心のこもった黙祷を行いましょう。 ここまでご紹介したように、黙祷には厳しいルールはなく、堅苦しいものではありません。自らの気持ちに沿って、黙祷対象に対し語りかけてみましょう。

葬儀の挨拶のマナーを知っておこう

葬儀に関するマナーは、知らずに適当に行おうとすると、故人に対して失礼にあたるばかりか、悲しみの中にいる遺族の人たちにさらなる辛さを与える危険性もゼロではありません。 葬儀の挨拶を任されることは、そう多いことではありませんが、だからこそ、いざというときにマナーが全くわからないということになりかねません。厳かな場であるからこそ、以下のリンク記事を参考に、マナーをきちんと確認しておいてはいかがでしょう。

初回公開日:2017年06月01日

記載されている内容は2017年06月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング