IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「安全標語」の一覧とソフトなどでの作成方法|ポスターの効果

ビジネススキル

皆さんは工事現場などで「安全標語」のポスターをみたことがあるでしょうか。しかし「安全標語」の役割や意味をしっかりと理解している方は少ないでしょう。そこで今回は「安全標語」とは何か、「安全標語」の作り方など幅広くご紹介していきますのでぜひ読んでみてください。

更新日時:

「安全標語」の一覧

安全標語とは

工事現場や工場なとで用いられている標語を安全標語、といいます。これはノルマの目標達成などのスローガンなどではなく、要するに安全に対してこのような注意をしよう、といった標語になります。文章であることもありますが、基本的には短文です。すらっと意味が理解できて、そして覚えやすい、ということが重要になります。

たとえば、『確認一瞬、後悔一生』みたいなことです。こうした文言を朝礼で復唱する、ということもよくある話です。こうすることによって、意識に叩き込む、ということになります。そうすれば少なくとも事故率を下げることができます。人に意識させるためにはこのような安全標語を日々意識して、発声させていく、ということが実はかなり重要になっています。

一覧として

・おこたるな 基本動作と 正しい手順 ・ゼロ災害 危険予知の 積み重ね ・あなたです かくれた危険 摘みとる主役 ・気をぬくな 一度の妥協が命取り みんなで築こう ゼロ災害 ・あわてるな 危険予知して リスクゼロ ・危険個所 みんなに伝えるミーティング 指差呼称で再確認 とこのようなものがあります。或いは防災系の安全標語としては、 ・その油断 火から炎へ 災いへ ・消す心 置いてください 火のそばに ・たしかめて。 火を消してから 次のこと ・火をつけた あなたの責任 最後まで ・あぶないよ ひとりぼっちにした その火 などがあります。たくさんありますし、これが最高の安全標語、というのはないのですが、要するに毎年毎年、現場ごとに出来ているものであるといえるでしょう。要するに何が危険であるのか、そして、どんな風にすればその危険を避けることができるのか、ということを短くわかりやすくしている文章といえるでしょう。確実にそうともいえないのですが韻を踏んでいることが多いです。日本語は五・七・五にするとなかなか読みやすくなりますし、頭にすっきりと入りやすい、ということがありますから、そのあたりが意識して作られている、ということがありますから、これを覚えておくとよいでしょう。

「安全標語」の例

こんな安全標語もある

例としては一覧で挙げているものもそうですが、面白いものもありますし、はっきりいってそのまま安全のことをいっているだけ、ということもあります。「安全確認 指差し呼称 何度やっても損は無し」などは本当に安全に関しての説明とやり方、その意味などをそのまま出している、ということになります。 或いは面白いものとしては、「わたるなと 赤い目玉が おこってる」などがあります。これは交通安全標語ですが、赤い目玉、というのは要するに赤信号のことです。直接的な表現ではなく、歪曲した表現にすることによって、面白さを出している、ということになります。

「安全標語」の作成方法

基本的な作り型

作り方というのは、そんなに難しいことではありません。基本は前述の通り、五・七・五になります。五・七・五なので、俳句の形式を踏襲しているといっても過言ではないでしょう。作る時にはそれをよく認識しておくことです。但し、自由形式で作られることもありませんから、そこまで固執することはないでしょう。 もう一つ、考えておくことは、その職場でのキーワードを意識する、という点になります。 工場なり、工事現場なりで、特に気をつけないといけないことが個別にあるはずです。その時にその個別のキーワードを盛込むことが考え方、作り方のベストなやり方であるといえるでしょう。 実は良し悪しというのがなかなか判断しにくいことになります。例えばこの手のコンクールというのはいくらでもあるのですがなかなか良し悪しがよくわからない、というのが実際に見るとわかることでしょう。わかりやすいことがよいのか、それとも捻っているのが大事なのか、ということが難しいでしょう。しかし、それはコンクールなどに出す場合の作成法の方向性であり、たとえば自社で使うようなものであれば、そこまで気にする必要性もないでしょう。わかりやすいことが何より大事なことであるといえます。

工場や建設現場の安全標語の重要性とは?

工場や工事現場は標語の山

安全標語を使う、ということは逆をいえばそれほど危険なことが多いからこそ、使っている、ということになります。ですから、工場や工事現場などはとにかく標語を掲げているところが多く、また実際に実行できるように、 ・今一度 なれた仕事を 見直そう ・ハットした その瞬間を忘れずに 今日も行う安全点検 ・時間がない あせる気持ちに 迫る事故 ・なめるな 慣れるな 気を抜くな 心の隙間 事故の元 などもよいでしょう。工事現場とは、とにかく怪我が多くなる可能性がありますし、その上、ちょっとした怪我どころか死に至る、障害が残るレベルの事故が起きることがありますから、これはよく理解しておきましょう。ですから、安全標語というのはとにかく大事なものであることは確かであるといえるでしょう。

「安全標語」のポスター効果とは?

効果はあるの?

工場なり工事現場などに安全標語のポスターなり垂れ幕などが張られていることがあるでしょうが、これは効果があるのか、と思うことでしょう。実際にそれが意味のあることであるのか、というのは数字で出ているわけではないです。しかし、ポスターを貼り、少なからず目に入るようにすることができれば深層意識レベルでは頭に入ることになります。 暇な時に見ることもあるでしょうから、まったく無駄になる、ということはないのです。それに朝礼なりで斉唱することもあるでしょうから、その時に見ることもあります。そうなれば少なからず意識するようにはなりますから、無駄なものではないのは確かでしょう。少なからず、安全に対して配慮している、経営者側としては対策の一つとしてアピールできる、という側面もあります。

安全標語作成ツールとは?

今はツールで作成できる

安全標語はなんとなく、似たような文言で作られている、ということが今までのことからわかることでしょう。ですから、自動制作ツール、なんてものが実はいくつもあります。フリーソフトとして公開されていることもありますし、シェアソフトなどもあります。要するに、五・七・五、であり、最初に問題提起、真ん中でつなぎの文言、最後で落す、或いは纏める、ということになりますから、実は違う標語の文言を同じ部分に該当するところであれば入れ替えてもそこまで問題はない、ということが多いのです。

そうした安全標語の特徴ともいえるような部分を意識してツールが作られています。わざわざ安全標語制作ツールを用いて作るべきか、それで質がよいものが作れるのか、というのはそこまで確実ではないのですが大量に作る必要があるのであれば利用するとよいでしょう。際立った質のものはあまり期待できないのですが、最低限の質は確保されているでしょう。

「安全標語」は重要なこと

安全標語というのは意外と大事なことになります。安全標語を意識させることによって、安全性を高くすることができるようになるでしょう。どのような安全標語にするのか、ということをよく考える必要性がありますが社内で募集したりすることもよいでしょう。 意外と簡単に作ることができるのが安全標語になります。安全標語制作ツールなんてものもありますから、上手く活用するとよいでしょう。安全標語にどの程度の効果があるのか、というのは実際問題としてはよくわからないことです。しかし、そうした文言を意識させることができる、というのは確かに意味があることになりますから、しっかりとポスターなり垂れ幕なりで常に意識できるようにするとよいでしょう。 安全標語をつくることは様々なところで行われていることです。工場、工事現場などもありますし、交通安全、或いは防災安全標語ということもあるでしょう。基本的には五・七・五を原則として作るとよいでしょう。

関連タグ

アクセスランキング