IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「少なからず」の意味と使い方・ビジネスでの例文・類義語

言葉の意味

ビジネスシーンでよく耳にする「少なからず」という言葉ですが、正しい意味や使い方を理解している方は少ないでしょう。そこで今回は「少なからず」の意味や使い方を例文を交えてご紹介していきます。「少なからずを正しく使いたい」という方は是非読んでみてください。

更新日時:

ビジネスシーンに置ける「少なからず」の意味と使い方

どんな意味なのか

意味としては「少なくない」「僅かではない」或いはもっとダイレクトに「多い」という意味でも使われることになります。 少ない、ということではなく、そこに「からず」とついているのでこれは、要するに多い、ということになります。

数量的にはとても多いのです。かなり回りくどい言い方でもありますから、程度のはなはだしさを間接的にいう語、という定義もされているのです。 使い方としては、とても多いのだが、多い、ということが憚れるようなときに使うことになるでしょう。

「少なからず」の例文紹介

どんな時に使うのか

様々なときに少なからずという文言は使えるのですが、例文として出しますと例えば 「少なからず売れ残る可能性があります」という言葉として使うことができます。 或いは、「当方としても少なからず動揺しています」とか「こうすれば少なからずお客様によい印象を与えることができます」など数量のときに使うこともありますし、或いは印象とか数字にできないような部分に関しても少なからずという言葉は使えるようになっています。

「少なからず」の対義語とは?

対する意味のある言葉

「多からず」というのがあります。要するにこれは少ない、という意味になります。より厳密に言うのであれば「多くはない」ということです。

「少なからず」の類義語とは?

似たような意味

少なからず、という言葉には似たような意味がある言葉もたくさんあります。大層、頗る、甚も、思切、余程、随分、おもいきり、余っ程、仰山といったあたりが類義語の言葉として使いやすいものであるといえるでしょう。 ちょっと遠まわしにいうこともビジネスにおいては求められることがありますから、少なからず、という言葉は意味合いとしてダイレクトではないのですがよく使います。数量の程度にも使えますし、感情に対するものとしても利用可能なので使い勝手が物凄くよいのです。

「少なからずある」とはどれくらいのことを指すのか?

特に定義はない

そもそも少なからず、というのは少なくないという意味ですから、多いわけです。では、具体的にどのくらいの量であるのか、と思う人もたくさんいることでしょう。実は定義としては決まっているわけではありません。 事柄において、少ないとは言いがたい数量などであろう、と思ったのであれば『少なからず』という文言は使えます。但し、ビズネスにおいてはさすがに自分ひとりよがりな意味合いや定義、基準で考えて使うのは避けるべきであるといえるでしょう。

意味を理解し「少なからず」を使用しましょう!

いかがでしてでしょうか。今回はビジネスシーンでよく使用される「少なからず」の意味や使い方をご紹介してきました。社会人にとって正しい言葉使いをすることはとても大切なことです。しっかりと今回の記事の内容をしっかりと理解し、「少なからず」を使用しましょう。今回の記事が読者の皆様のお役に少しでも立てれば幸いです。

正しい日本語を使おう。

正しい日本語を使うことで、ビジネスの交渉ごとも円滑に進められますよ。

正しい日本語の使い方
正しい日本語の使い方

ビジネスシーンで使える単語の正しい使い方

関連タグ

アクセスランキング