IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

会社での自己評価の書き方と例文|営業/事務職/公務員/保育士

更新日:2017年06月15日

営業

会社で自己評価を書く機会はなかなか無いかもしれませんが、いざ、自己評価を書くとなるとある程度の書き方を知っておいた方が得策です。職種によって評価されるポイントが異なってきます。今回は、様々な職種の自己評価の書き方をご紹介していきます。

自己評価とは?

会社で自己評価を書く機会はなかなか無いかもしれませんが、いざ、自己評価を書くとなるとある程度の書き方を知っておいた方が得策です。 さて、自己評価とはどういう目的があるのでしょうか。自己評価とは、簡単に言えば、決められた期間内での振り返りの様なものです。ですので、その期間、「自分が何を目標に置いたか」、「目標に対しての進捗度合」と「どこに力を入れたのか」等を記入します。

会社での自己評価の書き方 例文

労働者が自分のことを評価する自己評価は、勤めている企業に提出するものになります。つまり、「自分はこのくらいの評価が適当である」ということを起業に主張をするということになります。 会社に提出する文章としては、数字を明確に出すことが重要になります。自己評価の例文としては、例えば『ノルマとする○○を~%アップできました』とか『~に成功しました』等、具体性が伝わる文章にするとよいでしょう。『○○課における全体目標の○○の~割に貢献しました』という伝え方でもよいです。自己評価というのは様々な書き方があり、全体の評価における自分の価値や成果を評価の論拠として活用するという書き方が妥当です。

ですので、営業成績はとても重要な指標になりますので、働いているときでも意識して仕事をした方が良さそうです。そういった、第三者から見てもブレない数字があれば、誰が見ても同じ結果になるので、自己評価に説得力を持たせることができます。 何が評価なのか、自分の価値はどこにあるのか、ということをまずは把握することです。『~であるから、これは評価されるべき』ということを相手に伝えることがてれぎばそれでよいのです。

人事考課の自己評価欄

人事の項目として

人事考課としては、社員の人が直接、この1年間どんなことをしてきたのか、どんなことを評価されたいのか、評価されるべきなのか、ということを聞かれているのです。 人事評価シートというのは、ある程度フォーマットがあります。一般的に、「かなりできた」、「よく出来た」、「できた」或いは「できなかった」「あまりできなかった」「全くできなかった」という様に、自己評価レベルの記入欄があるのです。また、そのレベルと一緒に「なぜそのような結果になったのか?」というコメントを記入するのが一般的です。なので、自己評価欄にあるそれらのレベルを記入をする為には、まず自分の行動と成果を振り返ってみる必要があるのです。 昇給、昇進、或いはボーナスなどに影響することがあるので、しっかりと書きましょう。ここで注意点なのですが、過大評価も過小評価もよくないということです。前述しましたが、第三者からの視点が重要であるので、具体的な数字を参考にしましょう。そうする事で、人事評価シートに書かれる内容も客観的なものとなります。

職種別 自己評価の書き方のコツ

営業職 自己評価の書き方のコツ

営業職での自己評価の書き方としては、まずは営業成績が何より大事になります。なぜなら、営業職というのは売上を上げる為の職種だからです。ですから、自己評価はまず営業成績になります。営業成績がまずは雇い主において評価できるポイントになるので、書き方としては、 『○○の売上において部内1』 『前年度比~%の売上増』 『新しいクライアントをいくつ増やした』 といった事柄を自己評価の基軸とするとよいでしょう。

事務職 自己評価の書き方のコツ

事務職というのはなかなか自己評価が書きにくい職種です。何故かというと、具体的な成果が出しにくいからです。「数字を参考にする」というのはかなり厳しいことになるでしょう。ですから、書き方にはそれなりに工夫が必要になります。書き方としては、 『やった事』 『学んだ事』 『新しい仕組みを作り、業務改善をした』 などを書くとよいでしょう。これが事務職における自己評価の書き方であるといえます。事務といってもやっていることは一人一人違うので、行っている業務の範囲も違うわけです。 「業務範囲が新しく増えた分」が事務職においては評価されるべき指標になります。或いは、事務関係の資格を、新しく複数個獲得した等も評価される対象になるでしょう。

公務員 自己評価の書き方のコツ

公務員の自己評価の書き方としては、まずはその職種によって異なります。ですから、まずは、その公務員が、「一般的にどんなことを求められているのか」を業務内容から考えると良いでしょう。 例えば、行政事務です。業務内容が増えれば、それが自身の能力開発にも繋がるので自己評価にも繋がることでしょう。 実業系の公務員であれば、どんなことが求められるのかには違いがあります。しかし、自分の任された範囲の仕事ができるようになったということは、それなりのスキルがある事の証明になり、立派な評価となることでしょう。

初回公開日:2017年05月31日

記載されている内容は2017年05月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング