IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「勘弁」の意味と類語・敬語表現や例文・意思の伝え方

更新日:2017年08月25日

敬語

「今日という今日は勘弁しないぞ」「そろそろ勘弁してやってよ」なんていう台詞を聞いたことがある方は多いでしょう。様々なシーンで使われる「勘弁」という言葉ですが、実は「勘弁」はビジネスでもよく使う言葉です。今回はこの「勘弁」の使い方や意味について解説していきます。

勘弁の意味と類語

「勘弁」はビジネスでも使われる言葉

「今日という今日は勘弁しないぞ」「そろそろ勘弁してやってよ」なんていうセリフを聞いたことがある方は多いでしょう。時代劇や日常生活など、さまざまなシーンで使われる「勘弁」という言葉ですが、実は「勘弁」はビジネスでもよく登場する言葉です。社内でも「勘弁」を使う人を見たことはありませんか?今回はこの「勘弁」の使い方や意味について解説していきます。

「勘弁」の意味

「勘弁」は人の過失や罪を許すことです。「そろそろ勘弁してやろう」のように、誰かの過失や罪を許してあげるときに使われます。また、自分が犯した過失や罪の許しを請うときにも「今回だけは勘弁してください」と言って許しを願うこともあります。そのほかにも、何かをやめてほしいときに「勘弁してください」と言って無理難題を回避するために使われることがあります。相手の申し出を断るのは少し気を遣うものですが、「勘弁」は婉曲な表現なので、目上の人にも使うことができます。

「勘弁」の類語

「勘弁」によく似た言葉に「堪忍」というのがあります。「かんべん」と「かんにん」では音は似ていますが、実は意味は少し違います。 「勘弁」というのは、「許すこと」が前提になります。相手を許してあげたり、許しを願い出たりするという事を「勘弁」という言葉を使って表します。 しかし、「堪忍」の「堪」は「堪える(こらえる)」という字です。そして「忍」は「しのぶ」という字です。「耐え忍ぶ」でも使われている忍です。相手のしたことを我慢してやろう、ここは堪えてやろう、というときに「堪忍してやる」と言います。「勘弁」と「堪忍」はしばしば混同して使われますが、厳密には少し違う意味の言葉です。 これ以外にも、「勘弁」に似た言葉があります。誰もが知っている「許す」は「勘弁」の類語としては代表的なものです。ほかに、「目こぼし」「免罪」「容赦」「寛恕(かんじょ)」「酌量」「恩赦」「赦免」などの言葉が「勘弁」の類語となります。いずれも相手を許す、という意味です。

勘弁してくださいの敬語表現

ビジネスの場では敬語が基本

ビジネスの場では、上司や先輩、取引先やお客様など、相手に許しを請うことがよくあります。何かで失敗をした時はもちろんですが、歓迎会や送別会などで二次会に誘われたときに行きたくないな、と思ったら、「勘弁してください」と丁重にお断りすることができます。例え、無礼講の飲み会でも、目上の方には丁寧な言葉遣いをしたほうが好感度はアップします。「勘弁」してほしいときにも丁寧な敬語を使うよう心がけましょう。

実際に使われている「勘弁」の敬語表現

「勘弁」は目上にも使える言葉です。ビジネス文書でもよく使われますが、ほかにも敬語表現がいくつかあるので、覚えておくと便利でしょう。より丁寧に、というときは「ご」を付けます。「お」や「ご」を付けることで敬語になります。 ・ご容赦(ようしゃ) →一般的によく使われるので見慣れている方も多いでしょう。あやまちを許してもらうときに使います。 ・ご寛恕(かんじょ) →「寛恕」の「寛」は「寛大」の「寛」です。広い心で許してください、という意思表示になります。 ・ご海容(かいよう) →文字の通り、海のような広い心で許してください、という意味です。 これらはやや形式ばった表現なので、あまり口語では使われることはなく、おもにビジネス文書で使われる言葉です。

勘弁してくださいという意思の伝え方

謝罪の意思表示は頭を下げて

上司から飲み会に誘われたときは、断りたくてもなかなか断りづらいものです。「今晩はみんなで一杯飲みに行こうか」と言われて、新人が正面から「今日は駄目です!」とは言えません。 そんな時は、言葉を発するよりもまず、深く頭を下げて「これからお断りしますよ」という前フリを入れます。頭を下げたあとで、「今日は帰って勉強したいので勘弁してください」と言うと、ワンクッションあるので、丁寧にお断りできます。 頭を下げる以外にも、両手を合わせて謝罪するような格好を見せてから、「今日は先約があるので勘弁してください」と言うと、ストレートな表現を避けられます。手を合わせるときは、仏様を拝むときのような合わせ方をして、相手の前で軽く頭を下げつつ、丁寧にお断りします。謝罪の気持ちを見せることで、相手も「しょうがないな」とあきらめやすくなります。

正式な謝罪では

初回公開日:2017年05月30日

記載されている内容は2017年05月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング