IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「神田ITスクール」の評判と特徴・料金や学習形式

プログラミング学習

都内でリーズナブルでクオリティの高いプログラミングスクールをお探しなら、神田ITスクールがおすすめです。神田ITスクールは秋葉原と神田駅から徒歩平均5~8分とアクセスが良いスクールです。さらにリーズナブルなのに自宅学習など様々な魅力があります。

更新日時:

神田ITスクールの特徴

神田ITスクールの特徴

神田ITスクールは東京の神田駅から徒歩5分、秋葉原から徒歩8分のところにあるプログラミングスクールです。初心者でも実践的なアプリ作成やECサイト作成などのプログラミングスキルを学ぶことができます。他にも神田ITスクールには大きく分けて3つの特徴があります。

特徴1:現場で通用する実践的なアプリやECサイトができる

神田ITスクールでは「習うより慣れろ」という実践をモットーとした学習方法で授業を行っています。テキストをただ見て理解するだけでなく、実践的な方法で学ぶことにより、初心者でも現場で通用するような実践的なプログラミングスキルを身につけることができるのです。結果的に卒業後は即戦力として現場で活用できるようなECサイトやアプリ開発の現場に即戦力として入り込むことができるのです。 とあるプログラムの先生はこう言ってました。「知っているだけじゃプログラムは身につかないです。経験しているということがプログラミングには重要なのです」という話です。つまり、神田ITスクールが掲げているモットーの通り、『習うより慣れろ』ということです。まずは、知識を身につけることも大切ですが、慣れるほうがプログラミングスキルはより効率よく身につくのです。

特徴2:低価格なのに高品質な講座が受けられる

神田ITスクールの嬉しいポイントは、実用的で現場で通用するようなプログラミングスキルが身につけられるのに価格はリーズナブルなのが特徴です。リーズナブルだからといって講師の質が落ちているわけでも、テキストの質が劣化しているわけでもありません。 神田ITスクールの低価格のヒミツは、校舎自体の規模を1校のみにして無駄な広告費宣伝費をできるかぎり抑えた結果がこの低価格なのです。授業などの質が気になる方は、無料体験を実施しているので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。また一日集中講座もありますので、そちらでの体験でもいいでしょう。

特徴3:自宅でもしっかりと学習ができる

他スクールでは自宅でスクールでの学習環境が再現できないところがほとんどです。しかし、神田ITスクールでは学習管理システムというツールを使って、神田ITスクールの学習環境をそのまま自宅に持ってくることが可能なのです。この学習ツールは他のスクールにはなかなか見られないタイプの学習方法だといえるでしょう。通学をするだけでなく、自宅で学べるというところは社会人にとってはありがたいポイントといえるでしょう。詳しいことは学習方法でご説明しましょう。

料金

低価格かつクオリティの高い講座を提供している神田ITスクールですが、どれほど料金が安いのか気になることでしょう。そこで、神田ITスクールで人気の講座のコース料金をピックアップしてみました。コースはなるべく自分が学びたいプログラミングやスキルに合わせたものを選ぶといいでしょう。※価格は2017年5月現在のものです。

【Java入門】 料金:80,000円 時間/期間:36時間~58時間/~6ヵ月

【Java・Web開発基礎/Java・ECサイト開発マスターコース】 料金:440,000円 時間/期間:184時間~294時間/~12ヵ月

【PHP・Web開発基礎(総合)】 料金:260,000円 時間/期間:100時間~202時間/~12ヵ月

【PHP・ECサイト開発マスター(総合)】 料金:390,000円 時間/期間:120時間~242時間/~12ヵ月

【1日集中Androidアプリ開発入門セミナー】 料金:21,600円 時間/期間:10時~16時/1日

※こちらで記載しているコースや料金の他にも多数コースが用意されています。 価格は期間や講座内容によって様々ですが、全体的に見ても他スクールと比べてみるとリーズナブルだということが分かります。まずは無料体験や1日集中講座などを受けてみて様子を見てみるといいでしょう。

学習形式

さて、続いて学習形式です。神田ITスクールの学習形式は大きく分けて2つあります。一つは『スクールでの授業の学習スタイル』もう一つは『自宅での学習スタイル』です。それぞれをバランス良く併用することによって効率の良いプログラミングスキルを身につけることができるのです。それでは各学習形式について詳しくご説明いたしましょう。

【2週間に1、2回通学と自宅学習】 仕事やプライベートなどで忙しい社会人のために用意された学習形式です。数週間に1~2回の通学と残りの週などは自宅で学習をすることができます。自宅でも通学しているのと同じ環境が得られるのは神田ITスクールならではといえるでしょう。

【週に1~3回通学と自宅学習】 こちらも忙しい社会人のための学習形式となっています。平日の仕事帰りや土日の朝~夕方までなどの空いている時間を活用して1週間に1~3回の通学と自宅で学習をして学ぶことができます。もちろん、ちょっとした隙間時間に自宅で学習をすればさらに学習効率は上がるでしょう。

【ほぼ毎日通学する学習形式】 時間もあり、毎日の通学が可能な方は、短期間で集中することによってプログラミングスキルを身につけることができます。フリーターの方や夏季休暇などの長期休暇がとれる学生や第二新卒の方にはおすすめの学習スタイルといってもいいでしょう。もちろん、仕事帰りに毎日通学するという方法でも自宅学習と併用しても効率の良い学び方ができることでしょう。

学習方法

神田ITスクールの学習方法は、通学をしてスクールで学習するだけではなく、自宅でも学習ができることが最大の特徴といえるでしょう。さらに神田ITスクールには、講義というものが存在しません。通学といっても授業形式ではないため、毎回決まった日時に通学する必要もなく、常に自分のペースですすめることができます。 学習ツールを自宅のパソコンにインストールすることによって、神田ITスクールと同じ学習環境や開発環境を再現することができるため、自宅にいてもスクールでやった部分から再び学習を進めることができるのです。さらに自宅学習で理解できないことがあれば、いつでも講師に質問ができる『自宅質問機能』というツールを利用すれば24時間以内に回答してくれるので、初心者でも気軽に質問をして解決することができるのです。もちろん、初心者でなくても分からないことがあればどんどん講師に質問してみましょう。

期間

神田ITスクールの学習期間は最短で1日。長くて12ヶ月(1年間)の学習によってプログラミングスキルや知識、スキルなどを身につけることができます。コースによって期間は異なってきますので、どれぐらいの期間でスキル・資格を習得できるのかよく考えてから選ぶといいでしょう。

こんな人におすすめコースの対象

神田ITスクールには様々な対象に向けたコースがあります。そこで神田ITスクールで学べるコースから目的別にそれぞれおすすめのコースをピックアップしてみました。コース選びの参考にしてくださると幸いです。

【プログラミングを学びたい人対象のコース】 ・PHP入門 ・PHP・Web開発基礎 (総合) ・PHP・ECサイト開発マスター(総合) ・Java入門 ・Java・Web開発基礎/Java・ECサイト開発マスター

【アプリ開発を学びたい人対象のコース】 ・Java入門 ・1日集中Androidアプリ開発入門講座 ・iPhoneアプリ開発入門セミナー

神田ITスクールの教材

スクールの学習方法が分かればあとは気になってくるのは教材(テキスト)です。神田ITスクールの教材は、テキストの各章ごとに動画が用意されています。動画といっても長々しい説明の物ではなく、誰でも簡潔に分かりやすくしたものを鑑賞することになります。 動画を見たその後、テキストを読み、実際にサンプルのプログラムを作成します。このサンプルのプログラミングをすることによって「習うより慣れろ」の精神なので、テキストを読むだけでは分からない部分も理解することができるのです。この学習方法によって効率よくプログラミングスキルを身につけることができるのです。 そして、その後は練習問題や理解度チェックテストなどを行い、理解できなかった部分を洗い出します。理解できなかったところやつまづいてしまったところは、講師に再度質問をするなど、分からないところを振り返り、明確にして解決することによってしっかりとしたプログラミング知識とプログラミングスキルを身につけられることができるのです。

またコースによっては自分がプログラミングしたソースコードを講師が実際の開発に近い形でソースコードレビューを行い、実際の開発現場と同じアドバイスをしてくれます。実際の開発環境の状態にすることによって卒業後のプログラミングスキルを活かすことができるのです。取引先から指摘されたことを修正できることも、プログラミングスキルとしては必須のスキルでもあり、大切なことなのです。

学べる開発言語

神田ITスクールで学べる開発言語は、Java・PHP・HTML・CSS・Struts・MySQL・Linux・ECサイト開発・Unityなどを学ぶことができます。どの言語を学んだらいいのか分からない人は、神田ITスクール公式サイトに学びたい言語コースチャートがありますので、利用してみてはいかがでしょうか。

神田ITスクールの口コミまとめ(良い点/悪い点/評判)

さて、神田ITスクールについて様々な特徴、学習形態、料金などをご紹介してきましたが、口コミはやはり気になるものです。どんなスクールか分かったけれども、実際の雰囲気や受講してみての感想というものはスクール選びには貴重なものです。各サイトや公式サイトなどから良い口コミ、悪い口コミをそれぞれピックアップしてみましたので、スクール選びの参考にしてみてください。

神田ITスクールの評価の良い口コミ

神田IT Schoolを選んだのは単純に職場から近かったからです。受講したのはAndroidアプリ開発<入門>コースです。本格的なゲームとかのアプリではなく、ちょっとした物が作りたかっただけなのでこのコースにしました。約三ヶ月(期限いっぱい)で七万円程度でしたので、受講料はとても安かったと思っています。

未経験からの受講で初めは不安でしたが受講してみると、とても丁寧に教えていただきプログラミングの基礎について学習することができました。 また個別で指導していただけるので学習を進めていく際に分からない所があった時などは丁寧に対応いただいてとても嬉しかったです。

神田ITスクールの評価の悪い口コミ

はじめの説明では、講義があるようなこと言っていたが、そんなものはなかった。自分がつくったものを見て、講師どうしで、陰で笑ってた感じ悪い。個人で申し込んだ、初心者に対してまともに教えるつもりなさそう。退会手続きなど、電話しても、とにかくメールでお願いしますしか言わない。

神田ITスクールの受講者の声

いままで漠然としていた開発業務というものが、一からシステムを作るということでイメージを持つことができており、自分の苦手・得意とするところを把握することができていました。また、プログラムや設計工程で、イメージを形にする楽しさを感じられるようになっていました。

総評

良い評価の口コミでは、受講料に対しての学習方法や講師の教え方が丁寧であることが分かりました。未経験やちょっとした趣味のために学ぶ場合でも丁寧な指導と教材の良さが神田ITスクールの強みと言えるでしょう。反して、悪い口コミは特にこれといって突出しているような悪い評判はあまり見当たりませんでした。 しかし、説明する人によってはうまく受講者へ内容が伝わっていなかった口コミもありました。総合的にみても神田ITスクールは、リーズナブルな価格ながらも趣味から未経験の受講者まで気軽に学習をすることができますし、さらには質問にも24時間内体制で回答してくれるようなきめ細やかなサポート面をみていても大変評価が高いです。 研修で利用した企業側の感想も「プログラム設計工程に楽しさを感じた」など、プログラムを作るという楽しさを伝えているところも人気の秘密といえるでしょう。悪い評価もそれほどないため、評判も高評価であることが見受けられます。未経験からちょっとしたAndroidアプリ開発などの趣味の範囲まで幅広いスキルアップが臨めることでしょう。さらにリーズナブルなため、学費があまりないようなフリーターの人でも気軽に通えるという点がフリーターの人にも人気が出ているというポイントでもあるのです。

神田ITスクールでスキルアップをしてみよう

今回は神田ITスクールについてのご紹介でしたが、いかがでしたでしょうか。神田ITスクールがある神田は秋葉原にもほど近く、どちらかと言えばオフィス街に近い方なので、近辺に務めている人や住んでいる方にとっては、好立地ではないでしょうか。 特に秋葉原にはたくさんのITスクールやプログラミングスクールなどがあります。その中から比較しても神田ITスクールのレベルは高いです。まずは自分の学びたいスキルや資格の方向性を決めるか、神田ITスクールでどんな言語を学ぶことができるのか。どの言語が今はおすすめなのかを相談してみることも大切です。

日々進化するIT産業の現在のトレンドは、LinuxやJava、Androidアプリ開発、iPhoneアプリ開発、ゲーム開発に今需要が高いUnityなどです。神田ITスクールでは、最新鋭のプログラム言語であるUnityやLinuxサーバー構築などを未経験からでもしっかり学ぶことができますので、ぜひ就職・転職の際のスキルアップに通ってみてはいかがでしょうか。きっと現場で役に立つようなプログラミングスキルが身につくことでしょう。

関連タグ

アクセスランキング