IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「神田ITスクール」の評判と特徴・料金や学習形式

更新日:2020年11月04日

プログラミング学習

都内でリーズナブルでクオリティの高いプログラミングスクールをお探しなら、神田ITスクールがです。神田ITスクールは秋葉原と神田駅から徒歩平均5~8分とアクセスが良いスクールです。さらにリーズナブルなのに自宅学習など様々な魅力があります。

神田ITスクールの特徴

神田ITスクールの特徴

神田ITスクールは東京の神田駅から徒歩5分、秋葉原から徒歩8分のところにあるプログラミングスクールです。初心者でも実践的なアプリ作成やECサイト作成などのプログラミングスキルを学ぶことができます。他にも神田ITスクールには大きく分けて3つの特徴があります。

特徴1:現場で通用する実践的なアプリやECサイトができる

神田ITスクールでは「習うより慣れろ」という実践をモットーとした学習方法で授業を行っています。テキストをただ見て理解するだけでなく、実践的な方法で学ぶことにより、初心者でも現場で通用するような実践的なプログラミングスキルを身につけることができるのです。結果的に卒業後は即戦力として現場で活用できるようなECサイトやアプリ開発の現場に即戦力として入り込むことができるのです。 とあるプログラムの先生はこう言ってました。「知っているだけじゃプログラムは身につかないです。経験しているということがプログラミングには重要なのです」という話です。つまり、神田ITスクールが掲げているモットーの通り、『習うより慣れろ』ということです。まずは、知識を身につけることも大切ですが、慣れるほうがプログラミングスキルはより効率よく身につくのです。

特徴2:低価格なのに高品質な講座が受けられる

神田ITスクールの嬉しいポイントは、実用的で現場で通用するようなプログラミングスキルが身につけられるのに価格はリーズナブルなのが特徴です。リーズナブルだからといって講師の質が落ちているわけでも、テキストの質が劣化しているわけでもありません。 神田ITスクールの低価格のヒミツは、校舎自体の規模を1校のみにして無駄な広告費宣伝費をできるかぎり抑えた結果がこの低価格なのです。授業などの質が気になる方は、無料体験を実施しているので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。また一日集中講座もありますので、そちらでの体験でもいいでしょう。

特徴3:自宅でもしっかりと学習ができる

他スクールでは自宅でスクールでの学習環境が再現できないところがほとんどです。しかし、神田ITスクールでは学習管理システムというツールを使って、神田ITスクールの学習環境をそのまま自宅に持ってくることが可能なのです。この学習ツールは他のスクールにはなかなか見られないタイプの学習方法だといえるでしょう。通学をするだけでなく、自宅で学べるというところは社会人にとってはありがたいポイントといえるでしょう。詳しいことは学習方法でご説明しましょう。

料金

低価格かつクオリティの高い講座を提供している神田ITスクールですが、どれほど料金が安いのか気になることでしょう。そこで、神田ITスクールでの講座のコース料金をピックアップしてみました。コースはなるべく自分が学びたいプログラミングやスキルに合わせたものを選ぶといいでしょう。※価格は2017年5月現在のものです。

【Java入門】 料金:80,000円 時間/期間:36時間~58時間/~6ヵ月

【Java・Web開発基礎/Java・ECサイト開発マスターコース】 料金:440,000円 時間/期間:184時間~294時間/~12ヵ月

【PHP・Web開発基礎(総合)】 料金:260,000円 時間/期間:100時間~202時間/~12ヵ月

【PHP・ECサイト開発マスター(総合)】 料金:390,000円 時間/期間:120時間~242時間/~12ヵ月

【1日集中Androidアプリ開発入門セミナー】 料金:21,600円 時間/期間:10時~16時/1日

※こちらで記載しているコースや料金の他にも多数コースが用意されています。 価格は期間や講座内容によって様々ですが、全体的に見ても他スクールと比べてみるとリーズナブルだということが分かります。まずは無料体験や1日集中講座などを受けてみて様子を見てみるといいでしょう。

初回公開日:2017年05月31日

記載されている内容は2017年05月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング