IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

看護師転職で使える志望動機例・転職理由と時期・転職先の職種

更新日:2021年03月23日

書類選考

看護師として働く上で、転職を考える機会に直面することがあるかと思います。「給与面」「人間関係」など転職の理由は様々かと思いますが、転職するには情報収集が不可欠です。今回は面接方法や転職にベストな時期など看護師の転職について役立つ情報をまとめてみました。

転職理由になりがちな悩みの例

「人の命の現場に携わることができる」という大きなやりがいを感じられる職業でもありますが、中には思わず転職を考えてしまうような悩みに直面している看護師がたくさんいます。「給与面」「人間関係」など様々ですが、理想の働き方と現実のギャップに悩んでいる方は多いのではないでしょうか?まずは、看護師のみなさんが抱える主な悩みをまとめてみます。

人間関係によるストレス

特に、新人看護師の方に多い転職の理由の1つとして挙げられるのが、職場の人間関係によるストレス。例えば「人手不足のせいで、新人なのに頼れる先輩が一人もいない」など慢性的な人員不足のある現場ならではの悩みなどが挙げられます。 また、女性が多い看護の現場の特徴のせいか、どうしても人間関係のいざこざが起こりやすくなってしまいます。ちょっとした関係の悪化から、それが仕事に影響を及ぼすものになってしまったら大変です。誰でもその環境を離れたいと思ってしまい、十分転職の理由になりうるでしょう。 他にも、影で悪口を言われたり、話しかけても無視したりするだけではなく、大事な共有事項や申し送りなどまで伝えてもらえない状況もあるようです。ここまできてしまうと、医療ミスが引き起こしかねない状況にもなってしまうと悩み、転職を決意される方もいらっしゃいます。

劣悪な労働環境

長時間の夜勤など過酷な労働状況と給与が見合わずに転職を決意するという方もいらっしゃいます。昼間の勤務もあれば、夜勤の勤務もあり、現場でうまくシフトが噛み合ってなければ、生活リズムがなかなか整わないという過酷な状況。また、患者さんの容態急変などが重なり、決められた定時の時間に上がれないというもの医療現場ならではの悩みです。さらに、患者さんの体位交換など力仕事が多いのも事実なので、「体力的にもハードで、自分の体を壊してしまった」という理由で転職される方もいるようです。

スキルアップのため

今後、看護師としてキャリアアップしていくことを望む看護師の方は多くいらっしゃると思います。「今の病院にいたままでは、自分の理想とする医療に従事できない」「キャリアアップを目指すための勉強が不可欠だったので、職場のサポートが充実している病院に転職したい」などの理由が多く挙げられます。

結婚や出産、ライフステージの変化によるもの

結婚や旦那さんの転勤を機に転職される方、また子育てと両立させるために、少しでも自宅から近い病院に転職するという方もいます。看護師という職業は女性の方が多い分、ライフステージの変化に伴い、転職をする方も多いようです。常勤看護師の場合、夜勤は必須です。小さい子供がいると夜勤免除される病院もあるようですが、夜勤を適宜交代してもらったりなどしていると、それをよく思わない同僚の冷たい視線に晒されることも。結果、居心地が悪くなり、自分のライフスタイルに合った病院を探される方もいらっしゃいます。

看護関連で別の仕事に転職

例えば、病院以外で働く企業看護師など、病院勤務以外の仕事でも看護の仕事経験を活かせるさまざまな仕事があります。これについては後述しますが、看護師経験をもとに、別職業で活躍される方もたくさんいらっしゃいます。 そもそも看護師としての働くこと自体に疑問を持ち始めている人がこのような転職をする方が多く、特に、先ほど説明した労働環境の悪さや、医療という責任の重さから逃れたいというプレッシャーなどを理由に病院看護師を辞めた方が、新たな道として志す場合が多いです。 看護師以外の職業へ転職したことで夜勤等がなくなり、「1日の生活リズムが整った」「暦通りの休みになったので家族との時間が増えた」などという声も聞こえてきます。労働環境や待遇面を見直したからこそ見えてきた選択肢のひとつですね。

「看護師」は転職の多い仕事

厚生労働省が2011年にとった「看護職員就業状況等自体調査結果」アンケートから主な転職理由をみてみましょう。看護師という職業は転職や退職が多い職業と言われています。現場のほどんどが女性ということもあるため、やはり出産や育児、結婚などライフステージの変化を理由に転職(退職)される方が多いですね。 また、10位の「責任の重さ・医療事故への不安があるため」という理由は、人を助けるという仕事のやりがいは感じてはいるものの、そのプレッシャーを理由に退職する方もいらっしゃるようです。このような方の中には、前述したように看護経験を活かし別の看護関連の職業に転職するパターンも存在します。

1位 出産・育児のため(22.1%) 2位 その他(19.7%) 3位 結婚のため(17.7%) 4位 他施設への興味(15.1%) 5位 人間関係がよくないから(12.8%) 6位 超過酷労働が多いため(10.5%) 7位 通勤が困難なため(10.4%) 8位 休暇が取れない・取りづらいため(10.3%) 9位 夜勤の負担が大きいため(9.7%) 10位 責任の重さ・医療事故への不安があるため(9.6%)

看護師の離職率はどれくらいなのか

次のページ:転職回数が看護師の転職に響くのは何回までなのか
初回公開日:2017年05月31日

記載されている内容は2017年05月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング