IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ディーラーの志望動機の書き方と例文・転職の理由例

書類選考・ES

皆さんは「ディーラー」と聞いてどんなイメージを持ちますか?おそらく、主な仕事内容などについてならまだしも、どんな志望動機を書くのが相応しいかまでは知らない方がほとんどだと思います。今回は、そんなディーラーの仕事に適した志望動機の書き方について見ていきましょう。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

ディーラーの志望動機の書き方について

皆さんは「ディーラー」と聞いて、もし自分がディーラーに就職や転職を考えるとしたら、どんな志望動機を書くのがベストなのか何となく想像がつきますか。おそらく、ディーラーというワードは耳にしたことがあっても、さすがにディーラーという職業に適した志望動機がどんな感じかまではイメージがあまり浮かばないと思います。 しかし、志望動機というのは就職や転職を成功させるのに非常に重要な役割を担っているものなんです。今回はディーラーという職業に注目し、ディーラーの志望動機の書き方に様々な観点から迫っていきたいと思います。

「ディーラー」とは特定のメーカーの車種を専属で販売するお店のこと

いきなりディーラーの志望動機の書き方についてご紹介しても、ディーラーがどんな職業でどんな仕事を中心に行っているのかをしっかりと把握しておかなければ話にならないので、まずはディーラーという言葉の意味や主な仕事内容について見ていきましょう。 先に言っておきますと、「ディーラー」には種類がたくさんあって、例えばパソコンやソフトウェアの販売代理店であったり、銀行、証券会社などに勤務し、自社の資金を使って、為替や株式、債券などを金融市場で売買する人のことも「ディーラー」呼びます。そんな数ある「ディーラー」の中でも、今回は「自動車ディーラー」について話をしていきたいと思います。 「ディーラー」というのは、簡単言うと「特定のメーカーの車種を専属で販売する販売業者や事業者」のことを指します。「ディーラー」の主な業務としては、自動車メーカーやその販売子会社などと特約店契約を結び、実際にそのメーカーの自動車を販売したり、また自動車の販売だけでなくて、点検整備などのアフターサービスの提供などが挙げられます。そのため、接客能力・コミュニケーション能力・説明力、そしてく車に関する専門的な知識や技術がディーラーという職業には求められます。

日本の主なディーラー一覧

続いて、イメージしやすいように日本の主なディーラーにはどんなものがあるのかをご紹介します。以下に、日本の各自動車メーカーの「ディーラー」を例としていくつか挙げてみました。 <トヨタ> ・トヨタブランド車 ・トヨタ店 ・トヨペット店 ・トヨタカローラ店(旧:トヨタパブリカ店) ・ネッツ店(旧:トヨタオート店、後にトヨタビスタ店も統合) ・レクサスブランド車 ・レクサス店 <日産> ・ブルーステージ ・日産店 / 日産モーター店 ・レッドステージ ・日産サティオ店(旧:日産サニー店) / 日産プリンス店 / 日産チェリー店(但し大半はプリンス店に統合) ・レッド&ブルーステージ ・日産ハイパフォーマンスセンター (現在は、日産ハイパフォーマンスセンターでのみ発売・点検が行われるGT-R以外は全店で全車種発売されている。) <ホンダ> ・Honda Cars店 (旧プリモ店) (旧クリオ店) (旧ベルノ店) <三菱> ・ミツビシモータース (旧ギャラン店) (旧カープラザ) <マツダ> ・マツダ店 ・マツダアンフィニ店(旧:マツダオート店、後にユーノス店も統合) ・マツダオートザム店 <ダイハツ> ・ダイハツ店 <スズキ> ・スズキ店 ・スズキアリーナ店(旧:カルタス店) <スバル> ・スバル店 ・スバルショップ <いすず> ・いすず総合店 ・いすずモーター店 ・いすずオート店 ・いすずユーマックス

ディーラーの転職理由・志望動機例文一覧

ここからは、今回のテーマでもあるディーラーの転職理由や志望動機の考え方や書き方について迫っていきましょう。まずは、ディーラーの転職理由や志望動機の例文をいくつか見てみましょう。

転職理由・志望動機例文① 

カーディーラーの仕事は本当にやりがいのある仕事だと考えています。車はお客様にとっては非常に高額な買い物です。大きな決断だからこそ、納得いくまで考えていただいて、心から満足した状態で決めていただきたい。自信を持ってそれを全面的にサポートできるカーディーラーの仕事は、非常に魅力的だと感じています。

転職理由・志望動機例文②

私が貴社のディーラー業務への転職を考えた動機は、自動車が好きだったことと、自分自身が車を販売することに向いていると考えたからです。そう考えるようになったきっかけは、私自身がディーラーを利用して自動車を購入した経験からでした。元々私は、最初の車を購入する前から車に大変興味があり、必然的に詳しくなっておりました。某ディーラーで私の担当をしていただいた方は、入社したての新人の方で、まだ自分自身の自家用車を所有されていない状態でした。 車に対する知識も研修で得られた知識だけなのか、とても拙いものに感じられました。当然私が購入した車についても、本来プロであるはずのその担当の方よりも、私の方が豊富な知識を持っておりました。 その時私が考えたのは、自分であればもっと効果的に顧客にアプローチしたり、自信を持って顧客の疑問に答えられるというものでした。以上により、ディーラーの一員として能力を発揮できると考えたのが、私の転職動機です。

転職理由・志望動機例文③

私はもともと、人の役に立てる仕事をしたいという気持ちがありました。また、学生時代、接客のアルバイトをしていて、人と接する仕事の苦労さを感じたこと以上に、楽しさや喜びを感じましたので、人と接することができる仕事に就きたいと思っていました。 そんな中、貴社が主催する説明会に参加し、お客様に対する思いに共感でき、お客様の快適なカーライフのサポートをさせて頂きたいと思い、また、社員の方々の明るさや活気に魅力を感じて入社したいと思いました。

接客能力と車に関する知識をアピール

続いて、今ご紹介した例文を踏まえたうえで、ディーラーの転職理由・志望動機例文を書く際のポイントについてご紹介していきます。 まずディーラーという職業に就くには、接客する技術と車に関する専門知識が必要になってきます。特に、自動車に詳しいお客さんが来た場合でも、提示している商品に対して納得してもらえる説明能力が必要になります。逆に自動車に詳しくない人に対してもわかりやすく説明する能力が必要になってきます。 そのためには、やはり自動車に関する専門的な知識や接客能力が必要になってきます。また相手により詳しく知ってもらうためには伝える情熱が重要になってきたりします。こういった部分を志望動機ではアピールしていきましょう。

自分が持っているビジョンについて書く

最後に、これまでご紹介した志望動機例文を踏まえて、実際に志望動機を書く際に意識すべきポイントについてご紹介します。 営業職や事務職など、どの業務を希望するかに限らず、まず志望動機を書く際は「自分の持っているビジョンを相手に伝える」ようにしましょう。「私は貴社で〜に取り組みたい」というビジョンを語ることで、相手に能動的・積極的な印象を与えることができます。 さらに、そのビジョンがその会社の展開している事業や会社の掲げている指針などにマッチしていたりすれば、評価も上がりますし、会社の概要についてよく把握しているなといったイメージを相手に持ってもらえるというメリットがあります。そのため志望動機を書く際は、自分のビジョンを相手に伝わるように工夫するよう心がけましょう。

転職理由や志望動機は入念な試行錯誤を

いかがでしたでしょうか。今回はディーラーという職業に焦点を当てて、志望動機の書き方について様々な観点からご紹介してきました。 志望動機や転職理由というのは就職活動・転職活動を有利に進めていくには、非常に重要な材料です。そのため、志望動機や転職理由の作成に取りかかる際にはあらゆる試行錯誤を行い、この記事の志望動機例を参考に、自分の個性が出た志望動機を作りましょう

関連タグ

アクセスランキング