IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

法人営業と個人営業の違いとは?職種別の志望動機の書き方と例文

職種研究

皆さんは「法人営業」と聞いてどんなイメージを持ちますか?おそらく、主な仕事内容などについてならまだしも、どんな志望動機を書くのが相応しいかまでは知らない方がほとんどだと思います。今回は、そんな法人営業の仕事に適した志望動機の書き方について見ていきましょう。

更新日時:

法人営業の志望動機の書き方について

皆さんは、もし自分が「営業職」に就くとしたらどんな志望動機を考えますか。各職業によってその仕事に最適な志望動機の書き方があります。志望動機というのは、それ一つで就活や転職活動が成功したり、失敗したりする非常に重要なものです。今回は数ある職業の中でも、ここ最近ビジネス業界において数が急増している業種形態でもある「法人営業」に焦点を当てて、法人営業の志望動機の書き方について様々な観点からご紹介していきます。

法人営業とは会社や企業に対して営業活動を行う仕事

いきなり法人営業の志望動機の書き方についてご紹介しても、法人営業がどんな職業でどんな仕事を中心に行っているのかをしっかりと把握しておかなければ話にならないので、まずは法人営業という言葉の意味や主な仕事内容について見ていきましょう。 法人営業とはどんな職業なのかというと、そもそも法人営業とは数ある営業職の中の一つで、会社や企業に対して営業活動を行う職業のことを指します。よくBtoB営業と表記されることがあります。

個人に対して営業活動をするのが個人営業

この法人営業と対を成すのが「個人営業」です。個人営業というのは対個人で営業活動行う職業のことを指します。求人票上なんかで「BtoCの営業経験がある方」などと表記されているのを目にしたことはありませんか。このBtoCの営業というのが、法人営業の対義語である個人営業を示す言葉です。

「個人営業」と「法人営業」とでは評価の仕方が違う

続いて、法人営業と個人営業の評価の違いについて見ていきましょう。営業職の場合は、「営業経験」とひとくくりに言っても、「法人」向けの営業なのか、それとも「個人」向けの営業なのかによって、まったく異なる経験と捉えられる場合があります。「個人営業」で高い業績をあげている人は、コミュニケーションスキルが高い、営業としての基本となる力が高いとみなされ、評価をうけるケースも多くみられます。 逆に中途採用の場合、企業側は自社で活躍できそうな営業経験を持っている人材を求めているため、「法人営業」が応募条件に入っている場合が多いです。そういった場合は「個人営業」の経験だけだと通過が難しいこともあります。つまり、就職や転職活動をする際に中途採用などで一定の評価を受けやすいのは、どちらかというと法人営業経験だということです。一方で個人営業は、新卒就活者などがインターンシップなどを活用して学生時代に経験しておくと就職活動である程度の評価が得られやすいということです。

「個人営業」は相手との信頼関係を築くスキルが求められる

続いて「個人営業」と「法人営業」それぞれの仕事における違いと求められるスキルについて見ていきましょう。まず「個人営業」の場合は、勧める商品やサービスに対する合理的な判断以上に、お客様と営業マン個人との信頼関係や、好き嫌いといった感情的側面が営業結果に大きく影響するという特徴があります。 例えば、お客様が商品を気に入ってくれたとしても、営業マンに対する信頼や好意がなければ、購入を見送ることは当たり前に起こる話です。しかし、お客様と営業マン個人との間に厚い信頼関係が構築されていたり、好印象のイメージが残っている場合、勧める商品やサービスの価格や機能面において若干の懸念があったとしても、とりあえず購入や契約をしてくれるお客様もたくさんいます。つまり「個人営業」の場合は、時として合理性よりもお互いの信頼関係を築くことの方がお客様の意志決定に重大な影響を及ぶ場合が多く、そういった信頼関係を築くためにもコミュニケーション力が求められるスキルだということです。

「法人営業」は相手のメリットを提示と交渉力が求められる

一方で「法人営業」の場合は、仮に営業マンが法人側の担当者個人と親しくなり、信頼関係を築いたとしても、個人的なつながりだけで営業マン側が勧める商品の購入や企業間の契約などの判断が下されることは期待できません。理由としては、相手の企業側のお客様の決裁権は、組織として複数人で意志決定を行うことが多いため、個人的信頼関係や義理人情というよりも、商品やサービスに対する合理的な判断によって、結論が出やすいという特徴があります。 つまり、勧める商品やサービスを利用することで、相手の企業側にとってどれだけプラスになるのか、どんなメリットがあるのかをどのようにアピールできるのか、そしてそういったアピール力に加えて相手との駆け引きを上手く進めて行くための交渉力が法人営業では求められるスキルになってきます。

法人営業の業界別志望動機例文一覧

ここからは今回のテーマでもある法人営業の志望動機の書き方について迫っていきたいと思います。まずは、法人営業の志望動機例文について業界別にいくつか見ていきましょう。

法人営業の志望動機例文① ~金融関係~

貴行を志望した理由は、100年にわたり北海道に密着した金融機関であり、豊富な情報とネットワークを活かして北海道経済の活性化に貢献しているからです。 道内最大規模の金融機関である貴行の情報とネットワークを活かして、企業融資はもちろん経営アドバイスや道内企業の道外・海外への進出のサポートをしている点が強みだと感じます。道内企業の活性化は北海道経済の活性化につながっており、北海道の発展を金融面から支える貴行に入行して、地域活性と多くのお客様の支えになりたいです。 そのために、入行後は融資に携わりたいです。融資課はお客様の声を直接聞くことができ、直接支えになれるからです。特に法人融資担当になり、道内企業への支援や経営アドバイスをして北海道経済の発展に貢献したいです。取引企業自体の経営やそこで働く人の生活がかかる仕事なので、大きな責任が求められると思いますが、そこに自分の身を置くことで担当企業と一緒に成長したいと思います。

法人営業の志望動機例文② ~銀行~

貴行に入行することが出来たら、業務において貴行のAプランの考え方を生かしたいと考えています。具体的には、福島県内で新たに事業を始めようと考えている方や、復興のために尽力する企業の方など様々な分野の方と関わっていきたい です。その中で、個々が抱えている問題や今後の展望を知ることで、何が求められていて、行員として自分が提案できる最適なサポートはどんなことかを模索します。その過程で、正確性・柔軟性・迅速さを追求していくことでお客様の満足度を高め、A銀行がさらに“選ばれる銀行”となるための貢献に繋げたいと考えています。その実現のためには、お客様のニーズを引き出す難しさを理解し、いかに自分が心を開いて頂ける人間になるかを考え、コミュニケーションスキルを培う必要があります。お客様満足度に加え、自らの人間力も高められる有意義な仕事を貴行の中でも高い水準で遂行できるようになりたいと考えております。 

法人営業の志望動機例文③ ~不動産~

前職では洋服販売や医療事務と人と関わる仕事で働いてきました。洋服販売では、お店の売上達成の為、お客様が喜んでもらった事や売上に結びつかなかった事、スタッフ間で問題点をその都度共有しお店の売上につなげた事でコミュニケーション能力の大切さを学びました。店長やサブの負担を減らせるようにイベントでは事前に必要な備品を先まわりして用意した事でスタッフにも感謝され私はサポートするのが好きだと実感しました。周りのスタッフとコミュニケーションを通し、貴社で活躍したいと存じます。貴社のタイを中心としたアジアに力を入れ事業展開している点や顧客を大切にし、タイと日本人をつなぐ架け橋になっているところにとても魅力を感じました。営業アシスタントの仕事は未経験ではありますが、知識を身につけ新たな環境で活躍したいと存じます。

法人営業の志望動機例文④ ~生命保険~

年齢や性別関係なく、より多くの人に生命保険に加入することの大切さを理解してほしいと考え、貴社を志望いたしました。 一昨年の夏休みに、友人とオーストラリア旅行に行きました。しかし、旅行中に友人が事故に巻き込まれ、腕の骨を折ってしまいました。旅先で多額の治療費を支払いましたが、友人が生命保険に加入していたため、自己負担額が3分の1以下になったそうです。重傷を負いながらも「安心した」と笑う友人を見て、生命保険は人の生活を支えるものであり、年齢や性別は関係なく加入しておくべきだと考えるようになりました。 貴社は数ある生命保険会社の中でも、「人々の生活に密着する」という点に力を注いでおり、日常生活での怪我や病気を徹底的にサポートする商品を多数販売しています。貴社に入社したら、お客様の生活に最適な商品を提案し、普段の生活を陰ながら支えていきます。

その仕事に対して自分が掲げるビジョンについて書く

最後に、これまでご紹介した志望動機例文を踏まえて、実際に志望動機を書く際に意識すべきポイントについてご紹介します。金融関係や不動産など、どの職場を希望するかに限らず、まず志望動機を書く際は「自分の持っているビジョンを相手に伝える」ようにしましょう。「私は貴社で〜に取り組みたい」というビジョンを語ることで、相手に能動的・積極的な印象を与えることができます。 さらに、そのビジョンがその会社の展開している事業や会社の掲げている指針などにマッチしていたりすれば、評価も上がりますし、会社の概要についてよく把握しているなといったイメージを相手に持ってもらえるというメリットがあります。そのため志望動機を書く際は、自分のビジョンを相手に伝わるように工夫するよう心がけましょう。

より良い志望動機は就活や転職活動を有利に

いかがでしたでしょうか。今回は法人営業に焦点を当てて志望動機の書き方について様々な観点からご紹介してきました。志望動機一つで就活や転職活動は有利に進められます。ですから、志望動機を書く際はあらゆる工夫を試行錯誤し、より良い志望動機を完成させるよう心がけましょう。

志望動機が内定へのカギ

この応募者、スキルは高いが、志望動機が弱いからすぐに辞めそう」 転職時の採用担当者にとって志望動機は「採用するかしないか」の最後のひと押し。志望動機がしっかりしているかどうかで、合否が大きく変わってきます。 各企業の欲しい人材像に合わせて、自分の持っている動機を合わせるには、企業の文化や採用時の癖を知ることが重要です。そのようなネットでは手に入らない情報を持っているのが「転職エージェント」。転職エージェントは、志望動機や職務経歴書など、各企業へのアピールポイントを教えてくれます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング