IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

年収400万の生活(手取りはいくら?家賃は?貯金は?どんな仕事?)

年収・給与

年収400万円の方は、どのような暮らしをしているのでしょうか?このぺージでは、年収400万円の方の生活に注目して、さまざまな情報をご紹介しています。手取りや家賃、毎月の出費の内訳などを考察したりまとめたりしているので、ぜひ参考にどうぞ。

更新日時:

年収400万円の人の割合は?

年収400万円の人の割合は?

【問】そもそも、年収400万円という収入は、高いのか安いのか? 【答え】年収400万円は平均的な金額です。サラリーマンの平均所得に関するデータによると、415万円が平均的な年収とされています。 しかし、平均的な所得とは言え、年収400万円という方は、実は少ないです。サラリーマン全体で見た時、年収が400万円代に到達している方は、13.9%しかいません。実際には、年収400万円以下という方の割合は非常に高く、全体の50%以上となっています。 。

年収400万円の人の手取り

手取りとは

手取りとは、給与から税金や年金、保険料などを差し引いた金額です。例えば、毎月の給与が20万円だったとしても、税金や保険料などで差し引かれ、17万円が実際に口座に振り込まれたとします。その場合は、手取り17万円です。

年収400万の人の手取りは約20万円

年収400万円の人の毎月の手取りは20万~22万円くらいと言われています。ただし、扶養家族などの人数によっても変動するため、手取りには個人差があります。ボーナスの有無などによって手取りが上記の金額以上の方もいれば、それ以下の方もいます。

年収400万円の人の家賃

都心と地方では土地代などが異なる為状況にもよりますが、月々11万円くらいの家賃で生活していくことが可能です。

適切な家賃の計算方法

収入と家賃のバランスを決定する基準の1つとして、「年収の3分の1(※1)」くらいまでの家賃がベストという意見もあります。年収400万円の場合は、「400万円÷3=約133万円」となり、1年間に家賃に約133万円使える計算になります。 更に、133万円を12カ月ごとに換算してみると、約11万円。毎月、11万円くらいまでの家賃なら、支払っても生活することが可能ということになるのです。

【パターン別】年収400万円の人の生活

【パターン別】年収400万円の人の生活

単身者の場合の生活

以下は、都市部在住の年収400万円の単身者の、毎月かかる出費の一例です。

単身者の場合の生活

毎月の手取りが20万円だったとしても、5万円ほど手元に残ることになります。この5万円から、交際費などを支払うとなると、思う存分に贅沢ができるというわけではありません。 しかし、貯蓄などもできていることから、余裕のある暮らしを送れていることがわかります。

家族がいる場合の生活

以下は、都心に住んでいる夫婦と子供1人で暮らしている、年収400万円の世帯の出費の一例です。

家族がいる場合の生活

やはり、家族が多いと出費も増えていきます。単身者の場合と比較すると、手元に残る金額はどうしても少なくなります。 そんな中、単身者と同じように毎月30000円も貯蓄できているのは心強いです。

年収400万円あれば、一般的な生活を送っていくことが可能

いかがでしたでしょうか?今回は、年収400万円の方の暮らしに注目して、さまざまな角度から考察をしてみました。 年収400万円という収入は、平均的な金額と言われており、さまざまな基準ともなっています。 単身者の場合は、散財を控えれば余裕のある生活を送れるでしょう。 家庭を持っている方も、工夫や節約次第では、毎月ある程度の貯金をすることも可能です。 収入と出費についてしっかり把握し、お金の使い道を計画的に考えれば、年収400万円の方は充実した生活が送れることでしょう!しかし、贅沢ができるからといって油断はできません。事故や病などは予測できません。万が一、事故に遭ってしまったら多額の費用を払わなければなりません。そうなった時に払えなければカードローンを利用しましょう。

年収を上げたいなら転職しよう!

年収に不満があるなら、一度キャリアアドバイザーに相談してみましょう。 紹介件数の多いdodaなら、多くの企業の中からあなたに合った企業・キャリアを見つけてくれます。 まずは相談してみましょう。

関連タグ

アクセスランキング