IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

マンション管理の志望動機の書き方と例文・就職に有利な資格

初回公開日:2017年05月29日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年05月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

書類選考・ES

マンションの修繕から居住者の要望などにも応えるサービス業としての側面を持つマンション管理。マンション管理の志望動機はどのような動機が良いのでしょうか。そして、どのような人が向いているのでしょうか。今回は、マンション翰林お志望動機についてご紹介します。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

マンション管理は大家さんのような仕事

マンション管理の仕事は、そのマンションの修繕計画や警備計画を立てたり、清掃の計画を立てるなど、マンションの居住環境を守るのが大きな仕事となってきます。マンション管理でも、マンションの管理人として駐在する方もいますが、オフィスなどでそれらの管理計画を立てる方もいます。 マンション管理は、今後マンションの居住環境を守り入居者を維持するという使命もあり、共住者の要望などにも柔軟に対応することも求められるため、サービス業などの一面もあります。 しかし、ボイラーなどを扱う場合もあるため、ボイラー管理士などの資格を有している場合は重宝される面から、工務的な仕事もあります。そのため、工務とサービス業が合わさったようなものがマンション管理人です。

マンション管理の志望動機は経験が大切になってくる

マンション管理の志望動機では「経験」が大切になってきます。ここでいう経験とは、マンション管理の職業の経験と言うわけではありません。それは、マンションでの共住経験などが志望動機として、必要になってくるということです。その理由としては、人生で一度もマンションなどに住んだことのない方が、マンションの管理の職業につきたい場合は、余程納得する理由やきっかけがなければ難しいためです。 例えば、友人の住んでいるマンションの管理人さんがとても良くしてくださったなどの経験やきっかけがなければ、マンション管理の仕事に目を向けることは、一軒家で済んでいる方は少ないでしょう。 そのため、マンション管理の志望動機で、必ず入れておくべきことは、あなたとマンション管理の接点そして、なぜマンション管理の仕事に興味を持ったのかなどについて述べる必要があります。

マンション管理人になりたい場合は資格などを志望動機でアピール

マンション管理人は、ボイラーや電気関係の配線をいじる場合もあるため、電気工事士やボイラー技士などの資格があると、非常に重宝されます。また、マンション管理士と言う資格もあるため、それを持っていることで、志望動機を話す際に、マンションの管理人に興味をもって、マンション管理士の資格を取得した話すことも可能です。 そのため、資格などを武器にして志望動機でアピールすることも可能です。また、マンション管理人でなく、マンション管理の会社に就職をしたい場合は、建築などの知識を有していると非常に重宝されます。理由としては、マンション管理の仕事は修繕計画などもあるため、建築の知識は非常に役立ちます。 また、今は簡単に建て替えなどをすることも難しいため、いかに長くそのマンションを維持することができるかを考えなければならないため、修繕や施工の知識や資格も非常に役立ちます。マンション管理人の仕事は業務の幅も非常に広く、様々な資格が繋がってくるため、意外な資格や経歴が志望動機のアピールポイントになる場合も多いです。

マンション管理で役立つ資格

マンション管理は、お客様であるマンションの管理組合の方への対応から、設備の保全や維持そして警備まで、多岐にわたる仕事をすることになります。そのため、役立つ資格も非常に多いです。 ここでは、マンション管理会社で役立てることが可能な資格をご紹介していきます。

マンション管理士

「マンション管理士」とは、マンションを管理するうえで、必要な実務や技術の知識や法律知識のエキスパートを証明する資格です。マンションの管理業務は非常に幅広いため、それらの知識などを持っていることが志望動機の中でも、即戦力としてアピールも可能です。マンション管理人として必須の主任業務管理者の資格と合わせて持っている方が非常に多いです。

施工管理技士

「施工管理技士」とは、工事のマネジメントを取り仕切ることができる資格です。これは、マンション管理人と言うよりもマンション管理会社に入社をしたい方が持っておくと有利な資格になります。この資格は、土木、電気工事、建築、管工事などの分野に分かれている資格で、これを持っていることで、施工管理職としての経歴をアピールすることも可能のため、志望動機などでもアピール事項として利用することが可能です。

ビル設備管理技能士

「ビル設備管理技能士」とは、建築物の設備管理系の資格としては、マンション管理で役立つ資格です。この資格は、ビルの設備管理の幅広い知識を有していることを証明することのできる資格です。この資格には、2級と1級があり2級は高校卒業の学歴があれば、実務経験不問で受験することが可能です。しかし、1級は実務経験が必要であるため、2級だけでも取得して資格欄や志望動機でアピールすることも可能です。

管理業務主任者

「管理業務主任者」とは、マンションの管理組合の会計や管理運営をするために必要な資格です。この資格は、マンション管理人になるためには必須の資格と言えます。最近では、マンションの管理組合を管理会社に委託する場合もあるため、この資格はマンション管理会社の社員としては持っておくべき資格でもあります。 また、経歴不問で取得することもできるため、先に取得をしておいて、資格欄でアピールしたり志望動機の中で能力としてアピールすることもできます。

関連タグ

アクセスランキング