IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

Winスクールとは?サービス内容と特徴・受講生からの口コミや評判

更新日:2020年11月13日

自己啓発

プログラミングやパソコン関連の資格を取得するなら、Winスクールというパソコンスクールがです。Winスクールは就職に有利な資格取得対策やスキル習得などができます。さらに自由な学習形態を選べるので、自分のペースで学ぶことができます。

Winスクールのサービス内容と特徴

Winスクールの特徴

Winスクールは、北海道から鹿児島まで幅広いエリアで全国展開をしています。年間約14,336人が受講している大手のパソコンスクールです。スマートフォンやタブレット端末のデザインサイト制作コース、ウェブイメージデザインコースなど、デジタルコンテンツ作成のための実践的なコースを学ぶことができます。 パソコンスクールとしての実力は、1年間で500社以上の企業から研修目的などで受講者が多く、企業からの受講者は全体の40%を占め、雇用やキャリアに直接つながる高品質の実践的スキルや資格取得が期待できます。 また、個々のコースのマンツーマンにも対応しているので、全くの初心者でも実用的なパソコンスキルを着実に学ぶことができます。

サービス内容

Winスクールのサービス内容は、クラスの授業料の範囲内で規定の出席数の2倍までなら、好きなだけ何度も出席できる「完了保証制度」が魅力的です。つまり、勤務中に忙しい社会人にも安心して授業を受講できるというのが、大きなポイントです。 突然仕事などの予定で予約日に出席できなくても、別の日にレッスンを予約し、別の拠点にあるWinスクールの教室を自由に変更することができます。どんなに忙しくても自分のペースで日程を調整しながら自信を持ってパソコンのスキル学び、就職に強い資格を取得できるのがこのWinスクールの強さといえるでしょう。

コースデータと料金

Winスクールのコースデータと各種料金です。料金はコースと受講回数、期間によって違ってきます。ここではほんの一部ですが、Webデザイン系、プログラミング系のコース料金を集めてみました。参考までにご確認下さい。また、各コースの特徴もまとめてみました。

プログラミングを学びたい人にコース

プログラミングを勉強したい人には、PHPプログラミング、データベース、フレームワークなどのコースが良いでしょう。もちろん、仕事で役立つAndroidのアプリ開発をしたい人向けのコースもあります。さらには扱いやすく、管理がしやすいWordPressの入門まで、Winスクールでは幅広くプログラミングを学ぶことができます。

Webデザイン、HTMLを学びたい人にコース

Winスクールは、Web作成やWebデザインを学びたい人にもたくさんのコースが充実しているのが大きなポイントです。Web作成の基礎であるHTML5やCSS3。そして、Webクリエイター能力試験などの資格対策コースまであります。

Winスクールには、プログラミング、Webデザイン・作成コースを学べるだけでなく、CDA(機械・構築)・3DCAD・インテリアも学べるほか、DTP/デザイン一般事務などに有利なWord・Excel関連のパソコン資格の取得を支援してくれる社会人にぴったりのコースが用意されています。

学習形式

Winスクールには、他のパソコンスクールにはない3つの受講スタイルで無理なく自分のペースで学ぶことができます。自分の都合や予定に応じて組みあわせながら、スキル・資格取得へ向けて学習していくことができます。

【曜日固定スタイル】 曜日固定は、曜日と時間帯を固定した定期的な受講ができるスタイルです。例としては、毎週土曜日の13:00~15:30に通学。という形などにできます。自分で通学する曜日、日時を決めることができるので、休みの日や仕事帰りに学びたいという人にです。まさにWinスクールならではの受講スタイルともいえるでしょう。

【自由予約スタイル】 忙しくて定期的な受講ができない場合や短期的に学びたいという人にスタイルです。随時授業ごとに席を予約することができて、席があいていれば当日予約でも参加をすることができます。

【事前予約スタイル】 会社の研修などであらかじめ学びたい日時、期間が決まっているのであれば事前予約スタイルがです。申し込む段階で、回数や受講期間の指定ができるので、非常に便利なシステムといえるでしょう。

初回公開日:2017年05月29日

記載されている内容は2017年05月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング