IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

不動産営業の仕事内容と年収や給料|営業のコツ・向いている人の特徴

更新日:2022年06月13日

職種研究

不動産営業について興味を持っている人は多いです。また、給料が高いというイメージや対象物が大きいので規模の大きな仕事ができると思っている人は多いのではないでしょうか。しかし実際の業務についてはあまり知られていません。今回は不動産営業について解説していきます。

女性ならではの視点が活かせる

不動産営業ではその物件の情報を正確に伝え、その上でメリットなどをアピールしていかなければなりません。そこで女性ならではの視点が活かされ、男性の営業マンとの差別化を図ることができます。防犯などに関しても女性の口から聞く方が説得力もありますし、女性のお客様であれば、女性同士の方が話しやすいということもあります。同じ物件を見てもどこをアピールするのか男性と女性では変わってきますので、不動産業界には男女問わず営業マンが必要になっています。

不動産営業の楽しいところと辛いところ

不動産営業では高い給料を得ることができたり、男女問わず活躍できるなどメリットがたくさんあります。大変な仕事ですが楽しいと感じている人も多いです。しかしやはり仕事をしていればつらい部分もあります。楽しいところだけではなく、つらいところも知っておきましょう。

楽しいところ

不動産営業の楽しいところは、一番はやりがいが大きいというところです。販売するためには専門の知識も必要になるのでかなり勉強しなければなりません。しかし大変な勉強を乗り越え、長期間お客様に接し、契約が取れるとそのやりがいは大きいです。 扱う商品が大きいだけに大きなお金を動かしたという実感や、苦労してやり遂げたという達成感。契約の際にお客様から直接お礼の言葉を頂けることもあります。また仕事の成果が給料に直結するというのも大きな点でしょう。給料が上がっているのを見れば、頑張ったことをより実感できます。

辛いところ

忙しかったり、契約が取れないと給料が下がるというのがつらいと感じている人は多いといわれています。お客様の都合でスケジュールを組まなければならないので、スケジュール管理が難しく、忙しいことも多いです。また契約が取れなければ給料が下がるので、出来るだけ多くのお客様を担当しなければなりませんが、そうなればさらにスケジュール管理は難しくなりますし、大量の物件について勉強しなければなりません。厳しい営業をこなしながら、日々の勉強も続けなければならないので、その激務につらいと感じる人は多いかもしれません。

夢のある不動産営業に転職しましょう!

近年空き家問題で不動産業界の成長は落ち込んでいましたが、中古物件の販売に力を入れ始めたことで息を吹き返しています。時期や景気などに左右される業界でもありますが、その未来は明るいといえます。まや2020年には東京オリンピックもあり、これによって景気が回復すれば、さらなる発展も見込めると考えられています。 時代とともに不動産業界の在り方も少しずつ変化していますが、生活の中で家が不要になるということはありません。営業職自体としては成果主義の側面が強く、安定しているとはいえませんが、業界全体としてはまだまだ成長でき、安定も望める業界です。

初回公開日:2017年08月25日

記載されている内容は2017年08月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

就活を有利に進めるなら

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

関連タグ

アクセスランキング