IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

不動産営業の仕事内容と年収や給料|営業のコツ・向いている人の特徴

更新日:2022年06月13日

職種研究

不動産営業について興味を持っている人は多いです。また、給料が高いというイメージや対象物が大きいので規模の大きな仕事ができると思っている人は多いのではないでしょうか。しかし実際の業務についてはあまり知られていません。今回は不動産営業について解説していきます。

不動産営業の特徴と向いている人

不動産営業は数ある営業の中でも少し特殊な職種です。営業マンには特徴がありますし、向き不向きというのも存在します。

不動産営業マンの特徴

不動産営業マンの特徴はとにかくお客様第一に考えているということです。他の営業マンでも同じかもしれませんが、不動産営業の場合その熱の入り方が違います。販売する対象も大きいですし、一つ一つがビッグチャンスになります。絶対に契約を勝ち取ることをモットーにしている人も多いので、お客様をとても大事にします。 お客様の都合に合わせて動くというのは基本で、朝に契約の話があるのならどれだけ早くてもそこに向かいます。またどれだけ遅くてもお客様に合わせて行動します。とにかくお客様第一で動き、昼夜を問わずエネルギッシュに活動しているというのが不動産営業マンの特徴だといえます。

不動産営業に向いている人

不動産営業に向いているのは、 ・人と接することが好きな人 ・体力のある人 ・スケジュール管理 の出来る人です。不動産営業はお客様第一なので人と接することが好きでなければ苦痛になるでしょう。また一つの契約を全て一人で担当するというのが基本です。お客様と良好な関係を築くことができなければ契約を取ることも難しくなります。またお客様の都合次第で昼夜を問わず駆け回らなくてはいけないので、しっかりとスケジュール管理ができ、体力がなければなりません。営業職には基本的に体力が必要ですが、不動産営業の場合はその傾向がより顕著であるといえます。

不動産営業のコツとは?

実力次第でどんどん稼ぐことのある不動産営業はとても魅力がありますが、実際に稼いでいる人は一部です。とにかく成果を出さなければ給料は上がりません。そのためには営業のコツを掴み、たくさんの契約を勝ち取る必要があります。

足で稼ぐ

営業で必要なのはとにかく足で稼ぐことです。いかに早く目的地にたどり着くか、多くのお客様を担当するかが重要です。担当するお客様の数が増えればそれだけ契約がとれる確率も増えます。出来る営業マンは時間を無駄にしません。

お客様と親しくなる

不動産営業では基本的に最初から最後まで一人の人間が担当します。家の見学をしてその日に即契約ということはほとんどありません。高額な買い物になるのでお客様も慎重で、関係が長期間にわたることも少なくありません。いい物件を紹介することはもちろん、その物件をいかにアピールできるか、そしてお客様に信頼してもらえるかで契約が取れるかどうかは大きく違ってきます。人は親しい人の意見だと聞き入れやすくなるので、お客様とまず親しくなるというのが営業のコツです。

女性の不動産営業事情とは?

営業職は男の仕事という考えは古く、今では多くの営業職で女性も活躍しています。その中でも不動産営業では女性の活躍に目覚ましいものがあります。男性と変わらない成果を上げている人、それ以上の成果を上げている女性もたくさんいるのが不動産営業の特徴です。

次のページ:不動産営業の楽しいところと辛いところ
初回公開日:2017年08月25日

記載されている内容は2017年08月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング