IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

積極性を入れ込んだ自己PRの例文3つ|注意すべきポイント2つ

書類選考・ES

面接などで必ず聞かれる自己PRですが、自分の強みとして「積極性の高さ」をアピールすればジャンルを問わずどの企業からも高評価を得ることができます。今回は限られた自己PRのスペースの中に、自分の積極性の高さをどうアピールするか、例を挙げながらご紹介していきます。

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約
  • 積極性は良いアピールポイントだが、一般的なので差別化が重要
  • 具体的なエピソードや数値情報を使い、信ぴょう性を上げる
  • さらに複数のエピソードを使うことで、積極性が普段から発揮されていることを伝える

積極性は就活においても使いやすい良い長所です。しかし、無難だからと使われることも多いく、その分しっかりと練らなければなりません。 対策としては具体的なエピソードを複数盛り込んだり、数値情報で成果を強調するということがあります。一般的な分過去のESのデータも多いので、「就活ノート」などでいくつか見てみるといいでしょう。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

面接で自己PRを聞く理由とは

応募者の特徴やどんな価値観を持っているかなどを知るための方法の1つとして、自己PRを面接で聞いています。 その他にもどのくらい熱意を持っているのか、仕事に対しての姿勢など、さまざまな部分を読み取っています。

積極性をアピールする自己PRの書き方

積極性をアピールする自己PRの書き方

積極性が高いということは、当然「長所」としてアピールして良いものです。実際、積極的に生きるということは大変難しいもので、悩まれる方も多いでしょう。その中で自己PRに盛り込める積極的なエピソードがあるというのは、大変素晴らしいことなんです。 問題はどのようにその積極性の高さを自己PRで表現するかという点です。恐らく積極性の高さというのは、長所としては大変一般的なものなので、多くの方が自己PRに盛り込んでくるはずです。 せっかくのアピールできるポイントを無難にまとめてしまっては、もったいないと思いませんか?どのように書けば、積極性の高さを発揮する自己PRが書けるのかを見ていきましょう。

まずは積極性の意味を知っておこう

積極性とは、興味があることや好きなことに対して進んで挑戦できる人のことを表現する言葉です。 積極性があれば困難な状況でも覆すことができるパワーを秘めていますし、企業側としてもそういった人物を探しています。面接や自己PRなどに向いている言葉です。 ちなみに意味が近い言葉として、自主性や主体性というワードもあります。

積極性がある人物を企業が欲しがる理由

誰かに指示されたり上司の言いなりになるような従業員よりも、自分から改善点を見つけたり進んで仕事を行うような積極性のある人物の方が企業にとっては非常に助かります。 また、チャレンジ精神というのは仕事をする上で大切な心構えです。実際に行動に移せる強さはどこに行っても喜ばれるでしょう。

積極性をアピールする自己PRの注意すべき点2つ

積極性をアピールする自己PRの注意すべき点2つ

積極性をアピールする自己PR文章を作り上げるときの注意点があります。 注意点を気を付けつつ、作り上げればより良い印象を持ってもらえる文書に仕上げることが出来るので、参考にしてみてください。

注意点1:抽象的にならず具体的に

過去の経験を盛り込んで積極性の高さを自己PRでアピールする時に注意したいのが、内容が抽象的にならないようにすることです。 必ず、具体的に分かりやすく伝える書き方に工夫をすることが大切です。「○○をしてきたから、どうなった」だけではなく、「○○をした」「具体例」「どうなった」という風に、間に分かりやすい具体例を挟むようにしましょう。努力してきた部分とその結果を、より一層強く印象付けることが出来ます。 また、数字などの根拠のある内容を盛り込むことも重要です。こういった根拠があるのとないのとでは、具体的かどうかの差が歴然です。

注意点2:複数のエピソードを盛り込む

複数のエピソードを盛り込む理由としては、自己PRに書いた積極性の高さのエピソードを確実なものにするためです。1つのエピソードだけでは、企業側が積極性が高いかどうかを判別するには、いささか弱いのです。 たまたまその時だけでは?という疑問につながる可能性があります。そうならないためにも、具体例を挙げたうえで、さらにそこから派生する積極性を重ねてアピールすることで、あなたの積極性の高さは本当だということを企業側に訴えかけることのできる強みとなります。

積極性をアピールする自己PRの例文3つ

積極性をアピールする自己PRの例文3つ

ここからは、自己PRで積極性をアピールするための例文を実際に挙げていきます。 どのようにエピソードを盛り込むことで、あなたの積極性が強みとなるということを伝えられるかをご紹介していくので、ぜひ参考にしてみて下さい。 これ以外にも例が見たければ「就活ノート」のようなサイトを探してみてください。

例文1:部活での経験を通して身に付けた積極性

中学・高校の6年間吹奏楽部に所属していました。楽器は全くの未経験からスタートだったので、私は誰よりも積極的に練習に打ち込み、自主練に励み、見事1年生でソロのパートを受け持たせてもらえました。 1年生でソロパートを受け持たせてもらえることはなかなかないことなので、さらに腕に磨きをかけようと、自主練のみではなく、自らたくさんの音楽を聴いたり、顧問に直接アドバイスを受けに行ったりなどし、もっとうまくなる方法はないかと常に研究を怠りませんでした。 後輩への指導を積極的に行ったり、他校との交流を深める合同練習や、近隣の介護施設や幼稚園などへのミニコンサートなども企画・実行しました。

例文2:仕事を通して身に付けた積極性

今まで好きだったパソコンという特技を活かしてWeb関係の仕事に就職しました。仕事内容は自分の好きなことを活かせる仕事だったので、昔よく書いていたブログの経験を活かして記事作成やコンテンツ作成の仕事をさせて頂きました。 その他にも興味がある業務内容に進んで積極的に挑戦し、いろいろな経験をさせて頂きました。今では記事作成以外にも分析やSEOに関する知識も身につき、自分自身の強みがたくさん増えました。積極性は私の強みです。

例文3:会社で身に付けた積極性

入社したばかりの頃、数名の入社員が居たのですが、なかなか周りの人は名前すら覚えてくれず困っていました。そこで私は社内の人と関われる事務の仕事も任せてもらえるようになり、今では先輩や上司に親しんでもらえています。 何かを自分から行動する大切さを知り、何事にも積極性を持って励むようになりました。御社でも積極性を大切に仕事に向き合っていきたいと思います。 他にも自分のエピソードを含めた自己PRを考えたいという方は、プロのキャリアアドバイザーに相談するのが一番でしょう。相談してみたいという方は「マイナビエージェント」が信頼性が高く、おすすめです。

積極性を上手に自己PRできる書き方を身に着けよう

過去の積極性の高さを示すアピールが十分にできたら、最後はあなたなりの文章で入社後「何が出来るのか」「何をしたいのか」をアピールしてみましょう。 自分は常にとどまることなく成長し、その企業では無くてはならない存在になるべく精進したい旨をきちんと伝えることで、積極性をアピールするには最高の自己PRになることでしょう! 前述の通り積極性は比較的メジャーな自己PRなので、ネットでいろいろな例を探すこともできるはずです。就活ノート」のようなサイトも利用して、情報収集をしてみましょう。

関連タグ

アクセスランキング