IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

基本給から分かる「ボーナス手取り額」の計算方法と「ボーナスの平均額」

年収・給与

ボーナスの金額は分かるけど手取りでいくら貰えるか分からない。前もってボーナスの手取り金額を知っておきたい。…そんな方へ、今回ご紹介するのは基本給から分かるボーナス手取りの計算方法です。さらにここではボーナスの手取り平均額も併せてご紹介します。

更新日時:

ボーナスの額が思ったより少なかった・・・」 「旦那のボーナスが上がらなかった・・・」 そんな悩みを抱えている人は、会社から自分や旦那さんの評価が適切にされているかを調べましょう。 身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がる可能性は大きいです。「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

基本給から分かるボーナス手取りの計算方法

ここでは基本給からボーナス手取りの金額を計算する方法を紹介します。注意点としてボーナス(賞与)はそれぞれの企業による規定があり、貰える企業や数年に1度という企業もあります。 さらに実際の手取り金額を計算するには前月の給与なども計算に必要なので、ここで紹介するボーナス手取りの計算方法はあくまで概算ということでご理解お願いします。

ボーナスは基本給の何ヶ月分?

これは勤務する企業の規模や規定により変わりますが、ここでは大きく二つに分けて説明していきます。

大企業の場合

大企業のボーナス平均は新入社員、若手社員を除き、基本給の2.5ヶ月分という調査結果があります。 例えば一ヶ月の基本給が25万円だとすると 25+(25×2.5)=87.5 となり、ボーナス月の額面月収は87.5万円となります。

中小企業の場合

中小企業のボーナス平均は新入社員、若手社員を除き、基本給の1ヶ月分という調査結果があります。 例えば一ヶ月の基本給が25万円だとすると 25+25=50 となり、ボーナス月の額面月収は50万円となります。

ボーナス手取りはいくらになるのか(計算方法)

貰えるボーナスの額面月収がおおよそ分かったでしょうか。では続いて実際に手取りとしていくら貰えるのか?控除額を引いて手取り金額を計算していきましょう。ここでは例を使って紹介します。

35歳、基本給25万円、扶養親族等1人の場合手取りはいくら?

では、実際にいくら控除されるのか計算していきましょう。まずは社会保険料です。 これに含まれる介護料保険料によって割合が年齢によって変化します。 社会保険料の割合は ・40歳以上の場合15.012% ・40歳未満の場合14.122% となります。 例は35歳なので40歳未満となり ・大企業の場合 87.5万円×14.122%=12万3,567円 となり、これを引くと 87.5万-12万3,567円=75万1,355円 となります。 ・中小企業の場合 50万円×14.122%=7万0610円 となり、これを引くと 50万円-7万0610円=42万9390円 となります。 まだ手取り金額ではありません。続いて控除される税金について計算していきます。普段の基本給は所得税と住民税が控除されますが、ボーナスでは所得税のみ控除されます。所得税の税率は前月の給与、扶養親族等の人数により変化します。 前月の給与は社会保険料控除後の給与は約21万円ほどです。よって所得税率は2.041%になります。 これを計算すると ・大企業の場合 75万1,355円×2.042%=1万8182円 となり、これを引くと 75万1,355円-1万8182円=73万3173円 になります。 ・中小企業の場合 42万9390円×2.042%=8768円 となり、これを引くと 42万9390円-8768円=42万0622円 になります。 よって基本給25万円、35歳、扶養親族等1人の方のボーナスの手取りは ・大企業の場合:73万3173円 ・中小企業の場合:42万0622円 を貰えるということです。

ボーナス手取りの平均額

計算が終わり、手取りでおおよそいくら貰えるのか分かったところで。 社会人が平均いくらボーナス(賞与)を手取りで貰っているのかデータを見てみましょう。

このデータは2012年と少し前ですが、手取りの平均は61.1万円という調査結果があるようです。また夏のボーナスの平均なので、冬のボーナスではまた手取り平均に違いがあるかも知れません。

ボーナスを基準に企業を見てみよう

このように概算ではありますが手取りでいくらボーナスを貰えるのか、計算することができます。額面金額ではなく手取りを計算しておくことで、前もって何割を貯金しよう等の計画をたてる事ができるので、覚えておくと役に立つと思います。 また転職する際にボーナス手取りを計算し、企業を比較してみてはいかがでしょうか。転職エージェントなら、求人を紹介する際ボーナスがどのくらい出るかも案内してくれます。

関連タグ

アクセスランキング