IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

卑怯な人の特徴/性格/行動|卑劣との違い・卑怯な人との付き合い方

更新日:2020年11月10日

コミュニケーション

学校や職場に必ず一人はいる卑怯な人。「あ、あの人」と誰かの顔が浮かんだ人もいるのではないでしょうか。この記事では、卑怯な人の性格や特徴、よくある行動について紹介します。あなたの身の回りにいる卑怯な人との付き合い方に悩んでいる人はぜひ読んでみてください。

「卑怯」の意味とは

卑怯とは一概に、「勇気が無くて臆病であり、振る舞いが堂々としていなくて卑しい」という意味で、トラブルを含める様々な事柄に真っ直ぐ立ち向かおうとせず、ずるい手口を使ったり相手を貶めようとする人、またその事柄のことです。

卑怯な人の特徴・性格

それでは、卑怯と言われてしまうような人の特徴や性格とは具体的にどのようなものなのでしょうか。

  1. 優越感を感じるために相手を見下す
  2. 本来は臆病である
  3. 他人から非難されることに怯える
  4. 頭の回転ははやい

卑怯な人は抜け道を思い付いて実行を移すくらいの頭の回転の良さは持ち合わせています。また卑怯な人は自分が卑怯者であると罵られることをとても恐れるので、その行動があたかも卑怯ではなく単に効率の良い方法である、ということにするアフターフォロー能力に長けています。

自分の努力をアピールする

卑怯な人は、人にすごいと思われたい、一目置かれたいという考えの元で行動をしているため、自分が多忙であったり努力家であることを必要以上にアピールしてくることが多々あります。 「仕事が忙しい」「この時間まで残業してた」「今日も家に帰って仕事の残りをやらなきゃ」などとSNSで何度も発言したり、社会人に限らず学生さんでも「寝てないアピール」などをしたりと、努力をしていることを周りに対して必要以上に強調してきます。

知り合いや親など、自分では無い人を自慢する

卑怯な人は、つまりはどんな手を使ってでも勝利や評価を得たいという性格です。ですので、自分の知り合いや家族など自分以外の高い能力を持っている人まで自慢をしてきます。 また、過去の武勇伝などを何回も語る人も多いです。「俺は○○と知り合いだ」「俺の親はこれだけすごい」「私の彼、大企業に勤めてて年収○○万なんだ」などと、他人を使ってでもマウンティングをしたがる人が多いのが特徴です。

卑怯な人との上手な付き合い方

身近に1人はいるあの卑怯な人。彼ら・彼女らと上手く付き合っていくためには、どのような態度で接すれば良いのでしょうか。

一定の距離を取り、自分が被害を被らないようにする

卑怯な人は、自分がマウンティングしたいと思った相手にはとことん攻撃をしかけてきます。ですが、その対象を選ぶ過程においては、その相手の情報にある程度は詳しくなくてはいけません。そのため、卑怯な人に自分の詳細をあまり知らせないようにしましょう。

自慢話は話半分で聞く

卑怯な人は自分の存在を誇示するために、話に尾ひれを付けてしまう習性があります。もしも自慢話や感心するような話をされたとしても、全てが真実とは受けきらずに話半分で聞くことが大切です。誰かの悪口や陰口などを言われても、適当に相槌を打ちつつ、上手くスルーしていくことが大事です。

初回公開日:2017年05月26日

記載されている内容は2017年05月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング