IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

税込年収と手取り年収の違い・計算方法・年代別平均年収

年収・給与

自分の年収を聞かれて、すんなりと答えられる人は意外に少ないのではないでしょうか。転職の際にも年収の記入が必要になることがあります。ここで知るべきは「税込年収」です。実はあまり知られていない税込年収の計算方法と平均についてご紹介していきます。

更新日時:

「税込年収」と「手取り年収」の違い

【年収】とは、1年間の収入のこと。 よく耳にする言葉ですが、一口に年収と言っても実は「税込年収」と「手取り年収」という2種類があります。意外と本当の意味を知らないこの2つの「年収」という表現。最初にそれぞれの違いから理解したいと思います。

税込年収は、給付金額のこと

まず「税込年収」です。これは、基本的に給与全額のことです。総支給額から健康保険・介護保険・厚生年金・雇用保険・所得税・住民税を引かれる前の金額のことを言います。ですので、実際に自分の手元に入ってくる金額ではありません。

手取り年収とは、税込み年収から保険料などを引いた金額

では「手取り年収」とは。税込年収から健康保険・介護保険・厚生年金・雇用保険・所得税・住民税を引かれた後の金額のことを言います。基本的には手取り年収が実際に手元に入ってくる金額ということになります。 ただし会社で加入している個人保険や社宅を借りているなど、上記の税以外に給与から引かれている分がある場合は手取り年収と実際に手元に入ってくる金額は異なります。手取り年収は、あくまで税込み年収から税を引いた金額のことです。

使用するのは「税込年収」

では一般的に使われる年収はどちらなのでしょうか。 例えばクレジットカードの申し込みやローンを組む際など、公的に使用するのは「税込年収」です。転職の際に記入するのももちろん「税込年収」になります。求人広告等に書かれている金額も「税込年収」ですので、その金額が実際にもらえる金額だと勘違いしないようにしましょう。家計に関わってくるのは手取り年収ですが、手取り年収を公的に使うことはありません。

税込年収を知る計算方法

公的に年収を聞かれた場合に答えるのは「税込年収」だとわかったところで、具体的に自分の税込年収を知るための計算方法をご紹介したいと思います。 月々の給与が手取り20万円の場合を例にして考えていきます。給与の総支給額から税として引かれる控除額の平均はおおよそ20%と言われています。つまり、給与の総支給額の80%が手取りとして手元に入ることがわかりますね。 20万円÷80%=25万円 手取り20万円の場合、総支給額は25万円ということになります。 月の総支給額×12か月が税込年収ですので、 25万円×12か月=300万円 この場合だと税込年収がおおよそ300万円だということがわかりました。しかしこれは単純に計算したもので、税込年収はボーナスの有無によっても変わってきます。

ボーナス(賞与)も税込年収に含まれる

上記のように、ボーナスの有無によっても税込年収は異なります。 ボーナスからも税は引かれますが、税込年収に含まれるのは税が引かれる前の総支給額です。これは税込年収・手取り年収の考え方と同じなので納得できると思います。 税込年収にはボーナスの他にも決算手当や役職手当、残業代など会社から支払われるすべての金額が含まれます。 ということは、税込年収を計算する際には月々の給与の総支給額12か月分にボーナス(賞与)の総支給額も加えなければいけないということになりますね。

年代別の税込年収の平均を知る

自分の税込年収は把握できましたか?その金額が平均と比べて多いのか少ないのかは、やはり気になるところ。年収の平均額は当然年齢によっても変わってくることが想像できます。では年齢別の税込年収の平均がどれくらいなのかを見てみましょう。

20代の平均年収

20代前半のサラリーマンの平均年収は男女平均で248万円、20代後半だと男女平均で344万円となっています。単純計算すると20代全体の平均年収は296万円ということになります。月収だと約25万円、つまり手取りだと約20万円です。

30代の平均年収

30代前半のサラリーマンの平均年収は男女平均で392万円、30代後半では425万円。単純計算で30代全体の平均年収は約409万円です。これは月収にすると約34万円、手取りだと約27万円程ですね。 20代~30代の10年間で平均年収が100万円以上も上がっていることがわかります。

40代の平均年収

40代前半のサラリーマンの平均年収は男女平均で425万円、40代後半だと487万円。40代全体での平均年収は約456万円です。これを月収にすると約38万円、手取りだと約30万円になります。 30代~40代の10年間での平均年収はおよそ50万円程上がっています。

50代の平均年収

50代前半のサラリーマンの平均年収は男女平均で496万円、50代後半になると480万円です。50代全体の平均年収は約488万円になります。月収にすると約41万円、手取りだと約33万円です。 40代~50代の10年間での平均年収はおよそ30万円程上がっていますね。

60代の平均年収

60代前半のサラリーマンの平均年収は男女平均373万円、60代後半では311万円になっています。60代全体の平均年収は約342万円です。月収だと約29万円、手取りにすると約23万円となります。 50代~60代の10年間では、初めて平均年収が下がっています。それも約150万円程の大きなダウンです。

税込年収を知ることは自分の人生を知ること

自分の年収を知ることは、自分の理想とする人生を明確にすることにつながるかもしれません。これからどんな生活を送りたいのか、そのためにはどのくらいの年収が理想なのか。それを叶える職に就くには何が必要なのか。今の仕事について改めて考え、転職を考えるきっかけになるかもしれませんね。 しかし平均と比べてどうかということよりも、目標とする自分になることが出来ているかどうか。私はそちらのほうが重要なことのように思います。この記事があなたの人生に少しでも活かされればと願っています。

年収が少ないと感じたら・・・

年収UPの転職なら転職エージェントなら転職成功実績No.1のリクルートエージェントに任せましょう。 経験豊富なキャリアコンサルタントがあなたの転職をサポートしてくれます。 求人数もトップクラス。 まずは無料登録から始めましょう。

関連タグ

アクセスランキング