IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「Find Job!」の評判や特徴とは|求人数・メリット/デメリット

転職サービス・サイト

Find Job!は、クリエティブな職業であるエンジニア・デザイナーの転職情報を提供しています。正社員だけではなくパート・アルバイト・業務委託といったフリーランスに近い転職情報を掲載しているのが特徴です。ここからは、Find Job!の評判について紹介します。

更新日時:

Find Job!の評判

Find Job!は、クリエイティブなwebデザイナー・エンジニア・プログラマーとして働いている人が、転職先を探すために利用していることの多い検索サイトです。こちらのサイトを利用すると、ベンチャー起業家スタートアップ企業などのクリエイティブ案件が多く掲載されています。 基本的には、2年程度の経験がないと面接に進むことが難しい転職先が多いですが、未経験者でも意欲があれば採用している会社も掲載されています。それでは、Find Job!の評判についてツイッターに書かれているツイートを使いながら紹介していきます。

Find Job!運営会社自体の対応はちゃんとしてると今日感じた。 大手だから余裕の対応だなと思う。 ただ募集企業が?な所多い。 企業プロフィールをしっかりみて判断した方が良さそうと思った。

Findjobに今度は企業の評判を書き込める機能が出来てるみたいだけど、退職した会社の良いところをわざわざ書き込みに行く人もいないだろうし、ほぼ批判が集まることは目に見えていて企業から掲載料を取って運用している採用サービスとしてはどうなの?と思わざるを得ない感。

伝説のウェブデザイナーを探して | 株式会社LIG http://liginc.co.jp/recruit/legend-designer/ … ちょっと前に評判になったこのネタ採用サイト、結局その後FindJobでお金出して普通に募集かけてたらしいんだけど、普通のウェブデザイナーさんもみつかったのかなあ。

Find Job!の特徴

FindJob!(ファインドジョブ)には、どのような特徴があるでしょうか。一番の特徴は、ソーシャルネットワーキングサイトのミクシィを作ったり、最近ではスマートフォンゲームであるモンスターストライクを制作している会社として知られているミクシィ・リクルートメントでしょう。 やはり、ミクがエンジニアやプログラマーを育成している会社であることや新しいwebサービスを開発していることもあり、FindJob!の求人もweb関係が中心に掲載されていることが多いです。 そして、Find Job!は、1997年から運営されているため20年以上の歴史があります。求人に対するコンセプトも明確であり、IT・Web系求人やクリエイターなどのスキルのある人の仕事やアルバイト・パート・業務委託といった正社員に囚われない採用情報が掲載されています。

メリット

Find Job! (ファインドジョブ)は、タウンワークやフロムエーといった広告メディアにある単価よりもリーズナブルな掲載料金のため、ベンチャーやスタートアップ企業などの資金力の乏しい会社から頼られている求人サイトでしょう。 IT業界では最大級の転職情報サイトで、エンジニア、ホームページ制作などのWEBデザイナー・ディレクター・マーケティングの情報が掲載されています。20代~30代のクリエティブ向けの求人が多いので、WEBから気軽に応募することが可能です。 そして、すべての求人に未経験者で応募できるものは初心者マークが付けられています。初心者マークがあれば、実務経験不要の求人です。経験がないけどクリエティブ業界が目指せるのが特徴です。 そして、Find Job!のメルマガも登録をすると、求めている職種や働きたい場所・雇用形態からマッチしている求人を送ってもらえます。さらにあなたが登録されたインターネット上の経歴書の会社からスカウトメールがあるかもしれません。 仕事をしていてもスカウトを待ちながら、転職活動もできます。もちろん、スマートフォンからも転職活動が出来るので、通勤や休み時間などのスキマ時間もムダにすることはありません。 そして、Find Job!の嬉しいのが、転職活動を上手くいくために情報コンテンツも盛り沢山でしょう。特にクリエティブ系に沿った履歴書・職務経歴書の作り方も載せられています。どんな書類なら書類選考や面接に通過するのかわからない人にピッタリです。 他にも「ディレクター」「SE」「プログラマー」など、職種によって区別された書類のサンプルは、自分の職種に当てはめやすいのが良いです。 そして、転職活動の最初にする準備から面接の方法から内定先の上手な断り方、転職では必要な待遇・条件の交渉は参考になります。 転職エージェントもあり、クリエティブの仕事をしたいけど、どの求人が良いのか分からない人にもオススメです。こちらもキャリアアドバイザーがマンツーマンで対応して、これからの仕事先を一緒に探してくれます。

デメリット

FindJob!のデメリットは、会社の運営についてはメイジェイの低体温を良く評判が高いのが特徴です。しかし、掲載されている会社の口コミが悪いのが特徴です。 口コミによると、採用されやすい求人だが、条件が良くない求人が掲載されている物やスカウトされて転職したが離職率の多いweb制作会社を紹介されて1年も経たずに退職したと書かれています。 また、掲載料金がリーズナブルなこともあり同じ会社が長く掲載されていることもあります。このような会社は、人材が不足している可能性があるので避けることをオススメします。

Find Job!の求人数

Find Job!には、 クリエイティブの求人が 掲載されています。 ほとんどが、 エンジニア・ プログラマー・ デザイナーといった 案件が多いです。 ただし、 ネットショップ運営と言った スキルがなくても応募できる案件もあります。 そんなFind Job!は、どれくらいの求人数があるのでしょうか。 2007年1月までのデータによると 求人数は約7000件と言われています。 dodaなどの約30000件の 休日のあるサイトには劣りますが、 リクルートエージェント(週あたり3000件以上)や パソナといった大手転職エージェントの求人と ほとんど差がないと考えられます。

メリット

Find Job!のメリットは、求人数が大手の転職サイト使わないことです。約7000系もの所転職情報があるので、すぐにで転職したい人が求人を探すのに最適です。 さらに、クリエイティブに特化しているためスキルのあるデザイナー・プログラマー・エンジニアは仕事を選びやすいと言えでしょう。

デメリット

Find Job!のデメリットは、クリエイティブに特化しているためサービス業や営業といった求人数が少ないことです。エンジニア・プログラマーと技術職の仕事を求めてない人にとっては応募できる案件が少ないでしょう。 このような人はdodaやマイナビ転職といったいろいろな職種を掲載している転職サイトを利用した方が良いです。

Find Job!にある求人の質とは

Find Job!の求人の質は、他社サイトと比較してどうなのでしょうか。Find Job!には、クリエイティブ系の求人が多く掲載されています。Find Job!では、大企業ではなくベンチャーや零細企業が掲載されている場合があります。 そのため、転職者にとって馴染みのない会社も多いでしょう。そんなFind Job!の求人の質はどのようなものでしょうか。

メリット

Find Job!の求人の質は、クリエイティブの仕事が初めて人にとっては経験が積める仕事が多いです。その点から見ると質は良いと言えるでしょう。例えば、クリエティブ系の職業訓練校や専門学校を卒業したけど、実務経験がないため採用してもらえなかった人や1年未満の業務経験しかなく転職活動に苦戦している人は質が良いでしょう。

デメリット

デメリットは、2年以上のクリエイティブ系の経験がある人は条件や会社の質が悪いです。そのため、求人の質は良いと言えないでしょう。もし、2年間の実務経験があるのであれば大手転職サイトを利用した方が、経験にあった収入を頂くことができるでしょう。

Find Job!で転職するためのサポート

FindJob!には、転職所にとってうれしいサポートがあるのでしょうか。他社では、転職相談サービスをも利用できる転職サイトが増えています。例えば、転職アドバイザーに相談する求人を相談と応募することがセットとなっているサービスを提供しています。このような転職者目線のサポートに関するメリットとデメリットを紹介します。

メリット

転職アドバイザーによる転職サポートが受けられることです。「転職活動しているけど、内定が取れなくて焦っている」「収入をアップしたい」などさまざまな要望がありますよね。他にも、「成功する転職活動の方法が知りたい」といったコツを求めている人もいるでしょう。 Find Job!では、そのような悩みに対応するために転職アドバイザーがいます。転職アドバイザーが診断し、1人1人に合った求人情報や企業を紹介しています。他にも、模擬面接や履歴書の赤ペン先生などにも行っています。 右も左も分からない人でも、安心して転職活動ができます。

デメリット

デメリットは、面接への同行がないことです。最近の転職エージェントでは、面接先まで転職アドバイザーが面接をする会社へ訪問します。さらに、同行するだけではなく面接の時も一緒にいてもらえる場合もあります。このように転職者の不安を緩和してくれるサービスを展開していないのが残念です。

Find Job!にある転職先の給料

Find Job!で掲載されている転職先の給料は、どれくらいの金額なのでしょうか。これに関してはパートアルバイト・契約・派遣・正社員・業務委託などによって異なります。今回紹介するのは、正社員でクリエイティブ系の求人に応募して採用された場合の給料です。 Find Job!のホームページにある新着求人情報に書かれている給料はある程度の経験があるアプリケーションエンジニアの場合は月35万円程度となっています。経験のないIT技術者に関しては月に20万円からと新卒レベルの給料がもらえることが分かります。

メリット

FindJob!に掲載されている会社の給与については、経験のない未経験であっても月27程度はもらえて事ですプログラムなどの仕事については月20万円とwebデザイナーになると未経験でも月25万の求人もあります。 全く経験はないけど美容師さんのように10万円後半の収入で生活できない人は、最低限の収入がもらえるオススメの転職サイトです。

デメリット

Find Job!のデメリットは、 経験者にとっては満足久しぶり思わないかもしれません。 経験者採用であったとしても、 月30万円前後の案件が多く高い給料を狙っている人にとっては物足りない転職サイトでしょう。 ただし、 業務委託のプログラマーやエンジニアであれば 高い収入をもらえる可能性も高いです。

Find Job!にある会社の合格率

Find Job!の求人に求人を応募する合格率は高いのでしょうか。一般的に新聞の折り込みチラシやタウンワークなど無料で提供されている求人は、競争倍率の低い合格率の高い可能性があります。 そして、Find Job!も求人の掲載料はリーズナブルなので合格率に関係してくるのでしょうか。ここではメリットデメリットについて紹介します。

メリット

メリットは、初心者マークのある案件は書類選考が通りやすいです。面接も1回~2回なので合格率が高いです。

デメリット

合格率は高いですが、採用された会社を1年未満で退職したりブラック企業の場合があります。入社前に会社概要や社員ブログなどをチェックしましょう。

Find Job!を転職で活用する方法

FindJob!を活用する方法は、スカウトメールを設定することです。この近くとメールを設定することができれば、あなたは仕事中でも興味をもってくれた会社がメールを送ってくれます。もし、スカウトメールの設定をしていないと、あなたにメールが送られないので設定をオンにするようにしましょう。

口コミからわかる転職の評判まとめ

良い

・IT系の求人が充実している ・欲しい求人がある ・採用されやすい求人がある ・サイトの構成がシンプルで見やすい

悪い

・スカウト機能が使われてない ・給料が安い案件もある ・福利厚生が少ない

評判からわかること

評判から分かることは、IT系やクリエティブ系の求人に特化しているのでこの業界を目指している人にとっては、有り難い転職サイトです。そして、ホームページが見やすいので転職者に使いやすいUI(機能性)が良い作りになっていることです。 ただし、会社の給料や福利厚生が整っていな案件があります。待遇は、大企業のような整備されていない会社が多いことが分かります。お金よりも経験を積みたい人が満足できるサイトと言えるでしょう。

Find Job!で転職は成功するのか

いかがでしょうか。Find Job!は、クリエティブに特化している求人サイトとして20年前後の実績があります。スカウトメールや転職するためのコンテンツなども充実しているので、初心者にも使いやすいサイトと言えるでしょう。 ただし、掲載されている企業はベンチャーやスタートアップなので会社の組織体制が整っていない場合があります。転職をする際は、会社訪問などを行い実態を把握しましょう。

関連タグ

アクセスランキング