IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

整備士の転職の成功方法・転職理由や転職先・有利な資格

更新日:2020年08月14日

職種研究

整備士は激務であることについて整備士の働く環境について考えていきます。整備士の仕事内容から考えれられる転職理由を明らかにしましょう。整備士が転職しやすいようにリサーチするべき転職のポイントを説明していきますので転職の足掛かりにしてみてください。

整備士転職の理由

整備士には転職が多い理由を考えていきます。整備士の現状から転職先に求めることなどをまとめ、整備士が転職する際に必要な資格や有利になれる転職先を提示してみますので、今後転職を考えた際に参考にしてみてください。

整備士とは

整備士とは、主に自動車・自動二輪車・航空機・船舶・鉄道・ボイラー・無線・パソコンなどの機械の整備を行う者のことです。自動車では車検のための修理点検や、日常点検・板金・塗装・故障の修理などを未然に事故を防ぐためにも重要な仕事です。 【今回は身近な「自動車整備士の転職」について考えていきます。】 整備士の勤め先には、大手販売店や、個人で販売を行う中小企業になります。整備士は自分一人でも個人事業主になれます。友人の手伝いで仕事を請けている人もいます。 整備を行う業務内容によっては区分けをすれば内容によっては、個人開業も遠くはありません。整備士の仕事は勤めの場合でも、個人事業主でも資格取得している割には給与がさほど高くない現状があるからです。 整備士は、整備士資格取得試験に合格すればなれます。しかし、整備士が行うような内容を行うことが出来る方が多く存在している事も事実です。整備士の称号の有無は技能レベルの品質に関係します。

整備士の給与額

実際に整備士の給与は月給10万足らずから30万程度と考えられます。ディーラー勤めは勤務時間も割かし安定しています。整備士は技術を要する為に本来であれば職人と呼ばれる人材でしょう。その為、整備士経験が少なければ、修理も車検も、整備を手掛ける内容にベテランとの差が出てしまいます。 同じ整備士でも給与に差があるのは整備士経験値の差とも言えます。技術を身に付ける事はその仕事が好きでなければ務まりません。整備士にならなくても趣味で機械いじりをする程度のレベルでも修理やカスタマイズをすることだけなら可能であり、整備士として一般人との差を認めてもらいにくい理由の一つでしょう。

整備士の具体的な転職方法

・ハローワークの紹介 ・転職エージェント ・知人の紹介 ・個人店開業

整備士の仕事内容

例えば自動車の整備士は、車検を担当することもありますが、車検には期日が絶対です。期日が設けてあるので、車検切れの自動車で行動を走ることが出来なくなる前に仕上げて車検場で許可を貰わなければならず、未完成でお客様に引き渡しても道路を走ることが出来ません。

車検整備の仕事

【車検】自動車の車検では、車検の期限までに点検を行いますが故障や部品交換の修理を始めようと思っても必要な部品が手元になければ部品を調達しなければなりません。整備士は、部品の調達に時間が掛かる事案に出会うと、思ったように作業が進まない事もあります。必要な作業時間の確保も部品次第と言えます。

板金や塗装の仕事

【板金塗装】板金塗装では、乾燥の時間も必要になります。修理だけに掛かる時間を段取るだけではなく、乾燥させておく必要がある成分を使用するときには引き渡しまで想像以上の時間が必要になってしまうのは仕方のない事なのですが、整備士の事情に詳しくなければ納期の遅さにクレームがくることもしばしばあります。

開業しにくいのは経費の確保が困難

【開業しにくい業種】整備士の仕事には、想像以上に自分の技術のみで完結できる作業が少ないために開業しても必要となる費用が膨大な金額になることも予測されるので、起業するにも非常に慎重でなければなりません。

整備士の転職での注意点

初回公開日:2017年05月26日

記載されている内容は2017年05月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング