IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

看護師転職の面接対策は?面接の流れ5つ・面接時の服装・聞かれる質問と自己紹介・退職理由

更新日:2021年03月23日

転職の面接

転職活動をして面接対策するのは、看護師に限った事ではありませんが、面接なマナーや流れは、転職を考える職業に合わせた対策を立てる事がとても重要になります。この記事では看護師転職に焦点を絞って、面接の際の服装や、よくされる質問対策に自己紹介・退職理由を紹介します。

人の心に触れて寄り添い力になる看護師

保健師助産師看護師法に基づく助産師・保健師・看護師・准看護師のことを看護師といい、看護職の仕事は、科学的な知識や技術をもちいて人々の健康を守り、援助や介助も行う大切な仕事で、本人が望めば地域の生活に役立つ生涯の仕事になります。

看護師の面接の流れ

一般企業への転職での面接は一次面接・二次面接~役員面接・社長面接というものがあり、面接の平均回数は2.2回で、2回が最も多く67%、次いで3回(25%)、1回(6%)、4回以上(2%)となっています。 一般的には複数回の面接を経て内定に至りますが、看護師の転職における面接はほとんど1回のみです。

看護師の面接の流れ1:受付で来意を伝える

面接当日は、訪問時の雰囲気や態度と面接での基本的なマナーも評価の対象でので、受付で問い合わせる段階から明るくはきはきとした口調で話すようにしましょう。 面接先の受付では「本日○時から面接をお願いしている○○と申します。どちらへお伺いすればよろしいですか?」と尋ねて、氏名と面接目的であることを伝えます。

看護師の面接の流れ2:担当者の指示に従って待機して面接の部屋へ入室

待機する部屋に案内された場合は、入り口に近い席に座って面接官を待ち、面接官の入室と同時に立ち上がって氏名を伝えましょう。案内を受けて面接官のいる部屋へ入る場合は、ドアを開けて氏名を伝えて「本日はよろしくお願いいたします」と挨拶しましょう。

看護師の面接の流れ3:担当者との面接

逆質問を受けた場合は、できるだけ質問をしたほうが意欲は伝わります。 「入職までに勉強しておくことはありますか?」といった入職後をイメージした質問や、「コミュニケーションには自信がありますが、どのような職場の雰囲気ですか?」と、さりげなく協調性・長所をアピールする質問などをすると好印象が残ります。

看護師の面接の流れ4:面接室からの退室

「本日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございました」と挨拶をしてから、ドアの前でさらに一礼して退室します。 その後看護部長や副部長や秘書など、別の担当者が院内を案内してくれる場合もあります。足音や声のボリュームに注意しつつ、確認事項があればその場で確認します。

看護師の面接の流れ5:面接後の病院見学

実は病院見学が選考になっているケースもあるので、油断しないように。できるだけ積極的に質問つつ勤務中の看護師や患者さんの邪魔にならないよう気をつけましょう。 見学が終わったら面接の行程は終了です。担当者が最後に見送ってくれる場合は「本日はありがとうございました」と挨拶してから病院を後にするようにします。

看護師転職の面接対策5つ・志望動機と退職理由

初回公開日:2017年05月30日

記載されている内容は2017年05月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング